逸脱せよ!


by amnesiac7

<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

いったい何度見た光景だろうか?
自陣ゴールエリア付近で高いバウンドが発生したときの日本代表の失点率は異常という言葉に尽きる
今回は闘莉王の中途半端なクリアからの発生だったが、これから相手チームは、精度よりもバウンド性を意識したパスをどんどんと日本陣内に放り込んでいけばいい
ただ高いボールを放り込むよりも格段に日本ゴールを割れる可能性が高くなるだろうから

おめでとう勝ち点1
ふと空を見上げたら今夜は満月だった
満月の夜はなにが起こるかわからないものだから、負けなかっただけでもツイていたと思うと良いよ
途中でシャツキフを下げてくれたのは、ほんとに助かったね
ああいう選手の終盤の怖さはシャレにならないものがあるから ツイてた ツイてた

追記:TV朝日のスタッフ連中は、満月でさかっていたのだろうか?
スタンドを映すとき、常に女の子のアップばかり それを採用する上もバカだし
なんか阪神のボロ負け試合で、サンテレビスタッフがやることなくて、悪ノリしている姿に似ていた
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-15 22:02 | サッカー

右翼、左翼という言葉

右翼と左翼
ぼちぼちボクたちは、この言葉から離れるべき時が来ているのではないか?

保守と革新 国粋と自由主義
どちらも"短絡"の状態であり、突き詰めて考え抜けば、どちらからも中庸に近い位置に到達するはず

右翼でなければ、左翼扱い 左翼でなければ、右翼扱い
なにも考えずに「自分は右翼だ」あるいは「オレは左翼だ」などと、今もなお信じている低脳たちによって、しょうもない強制区分けが、長期的に漫然となされてきた
だけど、けっきょくのところ、重要なのは、その人間の"人間性"である

右翼・左翼という線引きは、現在にいたっては、もうあまり有用なものだとは言えなくなってきている
利欲ギラギラのエセ右翼、なんちゃって左翼による仮想敵、偽装味方作りの道具としてしか、もう意味は残されていないのではないだろうか?

いま叫ばれる右傾化、あるいは左傾化
でも、よくよく眺めていくと見えてくるのは、"短絡化"これがいちばんの問題なのではないか
現状によって引き起こされたと信じている"鬱屈した気分"を解消するために、採用したい強引な手法
これが右翼的か、あるいは左翼的かによって、現象としての傾きが発生している
だけど、原因のほとんどが自分たちでもよく理解できていない"気分"によってなのだから、右にも左にも社会という船は揺れ続ける

ちょっとおもしろいなぁ、と思うのは、言葉としての右翼と左翼の関係が現在、なにやら反転してきているように思えるところ
一般的に左翼的と呼ばれているひとたちの多くは、穏健な最低限の現状維持をねがう保守主義者のようであったり、右翼的と呼ばれているひとたちが、攻撃的に「憲法を変えろ!」「軍隊を持て!」などという改憲・革新派であったり
辞書で引くところの保守と革新の関係が、キレイに入れ替わってしまっているではないか?
そして迫り来る未曾有の、自分では予測できない闇(病み)への過度の怯えから生まれる国粋的な何か(自分たちを守る外壁への希求)の兆候は、左右両方向からも見てとれたりする

いちばん怖いのは、過度の恐怖心から生まれる思考不能であり、そんな状態での"本能"は、かならずといってよいほど、よりひどい間違いを選択するようにできているところだ
とりあえず、他人を必死に敵味方に線引きしたがっている人間を見かけたら、注意するべきだ
彼らは自分を守るのに必死なだけで、敵になるにせよ、味方になるにせよ、ぞんざいな対応しか仕掛けてこないだろうから 関わるだけ損というものだ

右も左もいつだって、短期的な利害のためだけの振り子なのだから

追記:考えること、感じること
どちらも必要だけど、ひとつだけだとバランスが悪い
だけど、特に性質が悪いのは、"感じるだけ"の人間だ
感じるために必要なアンテナは、思考によって磨かれるのに、思考作業というメンテナンス、バージョン・アップをおろそかにして、狂ったままの受信配信を犯し続けている人間が非常に多いように映る
自分の頭のなかで映し出されている世界は、実世界のそれに近い像を描き出せているのか?
いつだって注意しなければいけないし、修正していかなければいけない
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-14 23:09 | 雑記・雑感

外山恒一

先入観とは怖いものだ
「見出し」のようなものだけで、ボクたちは「判断」もどきを日常的に繰り返している

昨年、動画共有サイトなどで、なにやら話題になっていた外山恒一氏
その動画すら見ていないのだが、ボクは「どうせ、変なヤツだろ」と決め付け、そのままスルーしていた
だが、偶然聴くことになった外山氏の肉声(※文化系トークラジオLife 07年6月放送「運動」内にて)にビックリ まったく予想だにしなかった、真摯な人間であったのである

岡本太郎のときも、「思い込みでひとを見ていると損をする」と思い知らされたつもりでいたのに、またこれだ ほんと、いい加減にしないといかんなぁ ご用心 ご用心
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-13 21:56 | ニュース

理由付け

現実が上手く転がっているのなら、「理由」なんてものを求める必要はない
現状に何かしらの不満(あるいは不安)があるから、理由なるものが必要とされるのだろう
理由は論理的なものであるように見え、また論理を活用しようとするものだが、出発点にはやはり感情、とりわけ負の情念が存在し、ひょっとすると理由は、ほとんどの場合で"言い訳"の域を脱することができないのかもしれない

感情のベクトルが不在の「理由」などというものは、はたして存在しうるのだろうか?
自らの感情を正当化させるための屁理屈、手続き
技術的研鑽によって引き起こされた総迷子状態
ラクな方に、さまざまなものを投げ捨てるかのように、それを熱を持って真剣に考えているかのように、騙る、他人に、自分に

文科系トークラジオ Lifeの過去配信を何本か聴き続け、最初は楽しんで聴き流していたのに、だんだんイライラしてきている自分に気づいた
何事にも分類をつけ、理由付けをする作業 それが研究者であったり、批評家の仕事なのだろうが、知識=知恵であるかのように、引用ばかりに終始し、感情を置き去りにするのはどうかと思うようになってきた(というボクこそ、ついこのあいだまで情念型人間を否定することに終始していたはずだが・・・^^;)
社会等を語るときに使われるマクロな視点 ミクロな個人の集合体としての社会
傾向、全体的な気分、時期、季節
たのしい話なはずなのにイラつく理由は、それらを踏まえたうえでの熱い"個人の火"の不在にある
当人たちは感情を抑え、大人な対話、トーク展開をしているつもりなのだろうが、いざむき出しにしたときに、果たして当人たちが所有していると信じているほどの、どうにもコントロールできない"煮えたぎる何か"がそこにはあるのだろうか?
理性だけでは、社会は動かせない 動かす気でしゃべっていないのなら、このブログ同様にただの"ボヤキ"でしかない(しかも、マスメディアを使った大仰な)
一聴するとためになりそうな知識、の羅列
ボクもやはり知識は好きだけど、知識だけだとアタックがない
そういう意味でも、この番組に出てくる森山というひとは、唯一のアクセントといえるのだろう

とはいえ、TVで流される討論番組(屁理屈に対する屁理屈ショウ)よりかは、よっぽど聴きごたえがあるのも事実だ
ただ、敢えて問題提起をする人間も、もうすこし置く必要がある
大人の目線で若輩である司会者を生温かく見守り、フォローするだけのサブでは、やはり限界がある
糸井重里が来た回は興味深かった
(偶像を持った権威的な)観念と(脆弱な)論理の対決 鈴木が噛み付けば、もっと面白いものになっていたのだが、必要以上に糸井のことばを重く感じたのか、壁を回りながら突つく程度に終わった
だけど、こういうかみ合わない(役作りのちがい?)、むずがゆいなかに、人間が成長していくうえでのヒントが隠されていて、答え(応え)を求めて、闇雲に噛み付き、失敗し、ひっくり返るショウをこそボクは期待していたりするのです
それを演じれる程度には、この番組の出演者の能力を評価しているので、やっぱりまだまだ過去の配信を・・・あれ、ひょっとすると現在のものでは、もうすこしカックイイ大人になっているのかな、鈴木くんも?(まぁ、なんでもバランスです まったく逆の番組なら、また真逆の文句書いてるだろうな、オレ つーか聴かんか)

追記:ただ現在、世に出ている人間のなかに"役者"が少ないのもまた事実であり、面白い番組=面白い人間が出ている番組を作るというのは、相当にむずかしいのも重々承知なので・・・うん、この番組がラジオではいちばんおもしろい、と言っといてやる!(あいかわらず、何様だ、オレw)

追記の追記:いま読み返して気づいた ところ、どころ論理破綻起こしてるやないか、今回の記事もw
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-12 22:50 | 雑記・雑感
☆ネット監視に7500人 文科省、ボランティア育成へ☆

言いたいことは毎度同じなので今回は割愛
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-10 19:41 | ニュース
☆文科系トークラジオ Life☆

偶然見つけたポッドキャスト配信
時々、ハッとするような指摘があったり、「おいおい、頭でっかちすぎるだろ」というような論理展開があったり、これが意外とおもしろい
というか、これくらいのテンションで展開される批評はあまりお見かけできないので、ニヤニヤしながら聴いています 現在は『戦争とサブカルチャー』の回を試聴中

つーか、このメイン・パーソナリティ、オレと同い年やないかーいっ!どうりで、どうりでやわーっ!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-10 18:34 | オススメなのか?
0トップでいけ!

ASローマがやっているというアレですよ
どうせFWに決定力が無いというのなら、外してしまえば良い
大久保とかサイドをできる選手もいるわけだし、憲剛をスタメンで出さないなんてバカをしなくてもいいし
生粋FWには悪いが、この方がいまの代表には"マシ"なんじゃないかな
これならちゃんと"斜め"に走る選手がいないときびCので、自然と動く選手が増えるだろうから

だが、いちばんの問題はトッティの役をダレがやるのか?
唯一無二の選手なので、俊輔でも代役はムリ さてダレが・・・?(絶好調時の前田で60%くらい?)
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-10 09:25 | サッカー

超便利アドオン Fire.fm

Last.fmのツールバーVer.が、Firefox版で登場
その名もFire.fm
これでPC作業中のBGMは無敵状態ですな!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-09 22:40 | オススメなのか?
あいかわらず、世界とは戦えない(戦うつもりもない?)試合内容

サイドからの崩しが良かった?
ただひたすらサイドだけの攻撃パターン
中央で全くアクションがないので、1ランク上が相手になると、なにもできないんじゃないかな
サイドでこそ、追い越す動きが見られるも、それはまさに"サイドでだけ"
いくら世界の基準がサイドに傾斜しているからといって、オンリー・サイドなんてのはナンセンス
ワン・パターンの攻めだと、いくら洗練させても通じるのはアジアまでだ
しかも、あれだけ攻めていたように見えて(実際に攻めとして成立している時間帯はごくわずか)、
結果はこれ
このままじゃ、最高でもアジア天狗どまり しかも、天狗への道もはるか遠く、である

けっきょく、きょうもサッカーの内容ではなく、「個人」を評価するしか試合後の娯楽がない
なんせ前半の中盤~終了までは、半眠りが続いたから(チャンネル回せば一瞬で目が覚めるのにw)
「あそこが良かった」「あの部分はまだまだこれからだね」 それ以前の内容

きょうの最注目選手は、もちろん興梠(コウロキ)
岡崎も悪くなかったが、興梠がはるかに良いパフォーマンスを魅せた
プレイの質は大久保のそれに似ている 今後、大久保不在時は彼で代替OK
ひょっとすると大久保よりも波が少ないかもしれないので、代表初ゴールが早ければ、育てるのも可

マズかったのは前回の出場に引き続き、高木か
とにかく、まだまだハートが代表選手のそれに追いついていない
クラブでの評価は決して低くない選手なのだろうが、ここから定着まで育てる時間は年齢的にも厳しい
森重を試した方が、充分有意義だったはずだが、オカダの判断(見切り)の遅さは・・・

稲本、長谷部のセンターは完全になし
組み合わせのバランスが悪すぎて話にならない 長谷部では稲本を補完できないし、稲本では長谷部を殺す そのうえ、ふたりともワイドなサッカー(=サイドチェンジ)を演出できる選手ではないので、演出家が俊輔だけになり、なんともつまらない(=意表を突く攻撃展開にならない)
たまに見せる飛び出しも、オンリー縦しか動きがないので、堅い守備にはまったく通用しないだろう

香川は代表初ゴールを決めたが、ヘディングは練習でいつも怒られていたというままの出来
(たぶん、あれでも相当レベルUPして、あれだったんだろうけどw)
まぁ、でもレギュラー獲りはまだまだだけど、この調子でゆっくりと成長していけば良いさ

あと長友のパフォーマンスが落ちてきているのがすこし気になる
運動量ではなく、集中力 ちょっと相手をなめて、気が抜けたプレイが出始めているのが問題か

いまの日本代表には斜めに走る選手が必要です!
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-09 21:59 | サッカー

志位和夫チャンネル?!

日本共産党委員長・志位和夫氏が、ニコニコ動画内に「志位和夫チャンネル」を開設
コイズミから始まった税金投入与党宣伝メルマガで、今期首相の麻生太郎の「太郎ちゃんねる」
に対抗したようなネーミングだが、ひらがなで「ちゃんねる」にしなかったり、フルネームにしている当たりが、志位さんの「堅さ」を感じさせる
ネタもおそらく某氏のような大衆迎合型USO800なモノにはなっていないんだろうな、たぶん

☆志位和夫チャンネル☆
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-10-09 18:22 | ニュース