<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

思うところあって、またイチからやり直している、どうしようもないジャンキーあむ太郎どす
現在、7年目
リトライのサカつく5では、J1制覇に5年を要してしまい、初回の3年を越えられませんでした^^;

ところで、今回紹介したいのが「能力爆発」について
プレイしているひとのブログなどをたまにのぞくと、イマイチみんな、コツをつかめていない模様で
なので、わりと頻繁に起こるユース選手の爆発の簡単なメソッドをば

1.コーチ練習で特別待遇
2.スタメンにしなくてもよいので必ずベンチ入りさせる

これは偶然ですが、所属選手が少なかった3年目か4年目に、ユース選手を穴埋めに全員ベンチ入りさせていたら、5人も同年に能力爆発イヴェントが発生!
やはりコーチ練習を受けさせていた名良橋と浅利(!)が早くに爆発
続いて9月あたりに残り3名にも監督から爆発フラグが!
けっきょく前述の2名以外とはプロ契約を結ばなかったので、ムダな爆発=暴発(w)扱いとなりましたが、このやり方、かなり使えるのでは、と
1回爆発を起こした選手は、経験上、またやらかす可能性も高そうなので、期待の新人には
このメソッド、どんどん使ってあげてほしいところです

ええ、もちろん、実在選手以外は、まず獲得しませんが何か?w
(エディット選手は、ヒデ中田でよろしくおねがいしまふ)
by AMNESIac7 | 2007-04-25 21:00 | サカつく5

傍観という名の共犯

< 特急内で暴行、容疑の36歳再逮捕 乗客沈黙 >
ほとんどカオスである
40名近い乗客がいて、誰ひとりとして助けようとしなかったという
この「傍観」病は、この国における数多い現代病のなかでも「末期」レヴェルといえるだろう
36歳の気ちがいは「解体工」ということなので、体格的にはがっしりとしていたのかもしれない
だが、行為に及ぶにまで至ったのなら、こちらからは容易に背後をとれる状態にもなったはず
ならば殺そうとさえ思えば、反撃を受けずにカンタンに殺せたはずである
(高校卒業程度の物理学を理解していれば可能 銃弾がなぜ殺傷力を有するのかと同じ理論で)
成人同士の場合、予定調和のケンカを除き、殺すことにさえ徹すれば、先制攻撃を加える側が
圧倒的に優位なのだから
40人中半数が女性 残りの半数の半分がこどもと老人でも、10名は戦える年齢であった
のではあるまいか? とりあえず、その10名の罪は極めて重い
ほか、戦闘能力を有さない連中のなかに携帯電話を所持していなかったのは、
いったいどれくらいの割合だったのか これも問題だ
車掌室までの道のりを恐れるのは理解できるが、電話でもメールでもいくらでも通報は可能だろう
コイツらも結局のところ、どれだけ言い訳しても「共犯者」である
すこし恫喝されただけで思考を停止させ、「自分にだけは害がありませんように」と現在進行形の被害者を頭のなかから消去する 
これはれっきとした「準殺人行為」ともいえるのだが、こういった類型行為は、この国において、枚挙にいとわないのも現状である 完全なる「病み=闇」である

ところで毎度のことだが、この国の司法はいったいなにをしているのだろうか
この男、昨年の12月、わずか4ヶ月ほど前にも同じような犯行に及んでいる(しかも同日2件)
「被害者」が受けたダメージをまるで理解していないのはまちがいないが、それよりもなによりもこの「加害者優遇制度」は、いったいなんなのだろうか?
この国においては、生来の犯罪者たちが常に優遇・恩赦を受け続け、稀に出る「止むを得ない事情により、本来はそういった人間ではないのに」間違いを犯した人間には厳罰を持ってなる歪んだシステムが歴史的にもずっと支配してきている
こんな国おいては、正気でいる方がむずかしく、狂わない方が異常となってしまいはしまいか
最近、つくづく考え込んでしまうのだが、もう国家のシステムそのものが末期、取替え時なのではないのだろうか すでに耐えかねないレヴェルの腐敗、壊死状態なのだから

解体工、暴力性、レイプという明白な暴行
もし、こんな場面に出くわしたら、そんなヤツは殺してしまっても問題はないだろう
(たぶん中途半端にした方がマズいことになるのは明白なわけだし)
上手くいけば、正当防衛
悪くても情状酌量で実刑はないはず
こんな時代なのだから、罰なしなら「殺すという行為」を経験しておくのも悪くはあるまい
いつまた戦争が起こってもおかしくないわけだし、そういった非常事態においては、
実際に戦場に出なくても、「殺仕合」の舞台に立たされる可能性はけっして低くないはずだから

とにかく、この記事を目にしたときは、ほんとうに背筋から何から、身体中に怖気が走った
許せない人間は犯罪者だけではない
この国におけるほとんどの犯罪には、かならず共犯者が多数存在し、そんな連中が犯罪を助長している、と常々思い知らされてきたが、これもまたひとつの頂点に近い事件である
by AMNESIac7 | 2007-04-22 20:20 | ケイオス-フィリア
<北京五輪アジア地区予選 シリア代表 0-2 日本代表>
やはり、この年代の個人個人のかなり質は高い
しかし、「みんなで戦う」という姿勢は、歴代のチームと比べても、けっして高くない
最前線の棒が士気を削いでいるのか、全体的に恰好つけなプレイが目立つ
相馬とか、あのへんの連中のような「がんばり」が、おらは見たいのです

<長崎市長銃撃、テロ射殺>
こういった政治的テロの場合、このあといちばん得をしたヤツが、おおよそのフィクサーという
市長の娘婿もさっそく立候補
いったいダレが後任となるのかはわからないが、そいつを「操縦するヤツ」が気になるところ
59歳の鉄砲玉
いかに効率よく相手からカネを搾り取るかを本職とする人間が、単なる私怨で動いたというのは、
どうにも承服しがたい説明である

<特許庁売店で偽ブランド品販売・・・>
現在の偽ブランド市場を考えれば、「直営」以外はすべて偽モノ・まがいモノと見るべきが常識
を、いったいこれはなにをやっているのか?
「いまの偽ブランド品は、特許庁でも見抜けないほど精巧にできているので安心して、ご購入ください」とでもアピールしたいのか?
地元警察はすっかりとコリアン・マフィアの接待漬け
その汚染度は、どんどんと上層部へと向かっているなと思っていたら、もうこんなところまでですか
政官関係の人間くらいなら、その地域のラウンジにでも通えば、すぐに「渡り」はつけられるものだが、
「橋が開通したあとの世界」を想像できない無知な世代が、政官でも主流を占めてきたということか

偽ブランド品の撲滅を唱える特許庁(東京都千代田区)の売店で、海外の偽ブランド品とみられるバッグや財布が販売されていたことが18日、分かった。同庁は確認を急いでいるが、偽物ならブランド品の真贋(しんがん)に最も敏感であるべき同庁が「偽物業者」を見抜けなかった格好となる。
 都内に本社を置く出張販売やインターネットでブランド品を売る会社が、特許庁の地下1階の展示即売会コーナーで3月26日から同月30日までの間、グッチのバッグやコーチの財布を出張販売していた。同社をめぐっては島根県警が3月、偽ブランド品販売など商標法違反の疑いで家宅捜索していた。
 特許庁は「ブランド品は真贋の区別が難しいので、今後は庁内で販売することをやめる」としている。   (時事通信より)

by AMNESIac7 | 2007-04-19 09:00 | 日記

サカつく5_9年目3月

あっという間に9年目です
架空選手はいっさい獲得せず、コツコツと実名選手を集めてきますた(エディット除くw)
7年目にはふたたびリーグ優勝し、ナビスコも制覇の2冠達成
近年は、マイペースにリーグ上位に定着中
しかし、各チームに架空くそったれ有力選手が増えてきたので、ぼちぼちヤバいか?
とりあえず現在の戦力は以下のとおり_
 
   ロヴィン(エディット・世界屈指)   カズ(2世・留学済み)

本田圭(マルチロール)  枝村(高い得点力)  水野(FKの神・伸びなし)

              谷口(そろそろ伸びなし)
森脇(本来は右・マイナー選手?)           名良橋(2世・留学済み)
          菊池直(リベロ)    千葉貴(マイナー?)
               
                  川口(2世)

SUB 佐藤洋(2世)、相馬(2世・留学中)、三浦淳(2世・近日留学予定)

気づくと日本人選手ばかりで、そういえばひとりも外国人選手を獲得した経験なしw
強いJのチームを作ろうとしたら、まずは日本人選手を育ててから、とコツコツやってたら、助っ人ゼロでここまできてしまいますた・・・ということで、今月ついにイタリア代表のペッロッタ(2世・20歳)を15億円弱の移籍金(年俸1億円の5年契約)で獲得!
ゲーム上の能力としてはあまり高くないが、留学&能力爆発でスーパーな選手に育ててやろうと意気込んでいます!
好きな選手ばかりを集めていたら、勝てなくなるのは自明のサカつくだが「美学に死す」も又吉だw
スタジアムも遂にキャパ4万を超える欧州2型になったので、資金はすぐに溜まるだろうし、さらにイタ公を獲得していきたいと企み中 胸高鳴るw
by AMNESIac7 | 2007-04-17 20:32 | サカつく5
なんでなのかはわかりませんが、2冠獲得しちゃいますた・・・
今回のサカつくは、リロードしてシステムを変えても、一度出た結果は同じのようなので、
まったくリロードなしでの、この成績・・・

しかし、翌年はアジアCL出場&メンバー入れ替えでチームバランスが崩壊
現在、リーグでも10位以下の成績に甘んじています
連携がとれてくるまでは、しばらくきびしそうです^^;

b0006096_8454945.jpg












b0006096_8461442.jpg中盤は、水野、本田圭、谷口に枝村と、北京五輪に出場するメンバーで固まっており、トップでカレンとパートナーを組むロヴィンは、チームNO.1のオフェンス
問題はバックラインで、ここにはベテランを加入させる必要があるかもしれない
スタジアムは一気に欧州1型まで建設
スタジアム建設中は、キャパのデカい日本スタジアムを借りれるため、そこで入場料を稼いで、一気に2段階UPをさせることに
もうしばらくすれば、収入も安定か
by AMNESIac7 | 2007-04-13 08:51 | サカつく5
3年目11月です
1部リーグ首位です
監督は未だに初期のおっちゃん
メンツ的にもそれほどなのに、なぜか首位・・・
11月頭のカップ戦ファイナルは、レッズに2-2からのPK負けを喫し、準優勝に終わった(てか、ここまで残ったこと自体w)が、リーグはどうやら、このまま5位以内には入れそうな予感です
ちなみに今の主な選手は以下のとおり_

   カレン  ロヴィン(※エディット)
  玉乃     水野
      
   布部    菊池
愛敬          森脇
   西澤淳  千葉 
      
      後なんとか
       

SUB 首藤 内館 ユン  赤尾

GKと愛敬、赤尾とエディットの浦沢ロヴィンは架空選手
あとは戦力外を中心に実在選手を補強
中央の選手は前後が可能なマルチロールを中心に獲得したので、サイドバック以外は
なんとかやりくりのたつ状態・・・だけど、首位ってね このまま優勝なんてした日には・・・w
(ちなみに来シーズンには、本田圭が5年契約で合流することが確定しています)

ちなみに施設は_
スタジアムは、いまだに初期のまま
練習場は照明灯を付けただけのもの あとサウナがクラブハウスにひとつあるくらい^^;
来シーズン、メインスポンサー枠のひとつがようやく空くわけだが、大口を獲得して、なんとか拡充していきたいものです
by AMNESIac7 | 2007-04-12 20:08 | サカつく5
月曜日、やりもしないのに買って腐らせていたゲームソフト数本を売りに行った
買取強化なんとかとか、いろいろ重なって7000円ちょいになる
ふと、ソフトを売った店舗内を見回すと、あの「サカつく」の最新作が・・・

早くもどっぷり・・・
ひさしぶりにやった前作(欧州版)では、(ブログ作成で)いきなりバッジオのユニフォームをゲットしてしまったような、おバカなので、あっというまに1シーズンが終わった
J2開幕の1ヶ月は、ダレも補強できずに苦戦 1勝もできずに次月に入ったが、ここでジェフの水野が合流 一気に上昇気流に乗る
けっきょく、1年目を3位で終了 サンフレッチェの入れ替え戦に3-1(AWAY)、0-2(HOME)で辛勝し、めでたくJ1昇格の運びとなった(ここまで補強は水野以外なし すべてのプレイスキックとゲームキャプテンを任し、期待以上の大車輪の活躍を魅せてくれた)
新シーズン、契約満了の選手5人のひとりとも契約の延長をせず、ユース(エディット)の滝沢ロヴィンと新人の千葉(ベガルタ所属の2世)を入団させるも、右サイドバックに穴が空き、てんてこ舞いになる
戦力外通告からは、斎藤(エスパルス)、布部(アビスパ)を獲得し、オフにジュビロから菊池をゲット
右サイドの不在のまま、J1開幕(センターバックのひとりを無理やり右で使い、急場しのぎ)
翌月、ダレだったか忘れたが若手の右サイド(オリジナルではない)を獲得してホッとする
さて、あと1枚くらいは補強できそうな残高だが、はたして・・・

2年目、せっかくJ1に昇格したのに、メインスポンサー候補はどちらも1億円代前半で複数年契約(2・4)という腐りっぷり 想定外の資金難に苦しんだ
で、やっぱりとにかくこのゲームはロードが遅い!
コマンドを選択して、次の画面に変わるのに要する時間の長さったらない
あっというまに1時間が経過するため、小説を読みもっての作業となる・・・
(で結果、深夜営業で翌日の仕事に支障をきたすw)
選手の能力設定がド下手くそ とくに新人の伸びしろの設定は、サッカーを知らないオタがやっているとしか思えないようなバカっぷり
(ベテランの評価もめちゃくちゃだ KINGカズのあの低評価はないだろ・・・)
オリジナル選手はいらない エディットともうすこしJ広範にJのOBや実在海外選手を増やせよ
あとはいらないイヴェントを文字などで簡略化して、もっとスムーズなシステムにしてほしいな

なんにしても、このゲームは、やり出したら長い!で、飽きたらそれっきりになるケースが多い!!w
いつまでやれるかはわからないが、とりあえず期待の若手を揃えてから、もっとボヤいてみたいw
by AMNESIac7 | 2007-04-11 09:43 | サッカー
< 都知事に石原氏3選へ 厚い支援得て、広い支持 >
失言・暴言の常習犯
選挙前には公費の不正流用など、スキャンダルが続々と飛び出したにも関わらず、
終わってみれば、石原の圧勝
この結果、まさに現在の日本国民の精神の腐敗の具合、ここに極まれりといったところか
(首都がこんな水準の市民しか、保有できていないということは由々しき事態だ)
どんなに職を汚そうが、人格的に問題があろうが、そんなことはおかまいなし
「清廉さなどクソくらえ 要は「パワー」、これがなければ役立たずさ」
(だが、資本主義国家の市民としては、これもある意味、至極当然のことなのか、とも考える)

こういう結果が出たんだから、少なくとも都民の大半は「美しい日本」とか「美しい国」という
ことばは、今後いっさい、口にしてはいけないよ
日本国民が古来より持ってきた(と勝手に言ってきた)「理想の姿」からは、
大きく外れる道をシフトをしたのだから

美意識、自己を律する精神は完全に失われた これからは権力と破壊でGOですね


追記:それにしても、今回の選挙の場合は、対立候補者たちがひどすぎたというのもポイントか
もっとも強力な候補者を擁立・バックアップしなければならなかった民主党は、
中途半端な男を中途半端な形で支援するという、最悪の行動に出た
共産党のひとや、黒川某という建築家は、言っていることはまともに近いが、いかんせん「裏の権力機構」に対してのコネがないのは明白で、実際に知事になれても、妨害に苦しむのも自明
そうなってくると、やはり現行のまま、という選択もざんねんながら、うなずけないこともない
だけど、やっぱね、そういう男に今後もまた任せるとしてもだ、わざわざ投票に行くなよ
なんでも今回の都知事選、前回よりも投票率が上がっているそうじゃないか
ということは、都民は石原の暴言や暴走、不正の数々もみんな「是」ですよ、
とさらに爺さんを煽っていることになりはしないかね?
なんかいろいろと末期です
弱肉強食社会というよりも、やったもの勝ち、奪ったもの勝ち社会の到来ももう秒読みすかね
(現に大阪は、全国に先んじて、そういう秩序がずっとですがね)
by AMNESIac7 | 2007-04-08 21:28 | ケイオス-フィリア

同一痴呆占拠

さっさと終われよ、統一地方選挙
大阪に関していえば、茶番劇もいいとこだ
犯罪者たちとの蜜月
地方選直前に住民登録を一斉消去された、あいりん地区のひとたち
ウワサでは、支援団体のひとりが立候補予定だったのだが、このひともよくわからない理由で
拘束・長期抑留されているのだとか
「わずか一議席になぜ、そこまで?」と思うひともいるだろうが、
そんな人間が吐く「事実」を公式文書・議事録に載せるわけには、絶対にいかない
という市長の意気込みを感じる強(凶)行
とりあえず、大阪は市議会も府議会も(正確な意味合いでの)売国奴の巣窟だな

ベルギーはブリュッセルだか、どっかでやっているという地球温暖化についての会議
予測データの公表に、直前までアメリカと中国政府が強い抵抗を示していたらしいね
地球をぶち壊すことによって富を手に入れているトップ2のタッグ
不都合なデータの公表は、なんとしても許したくなかったんだろうね
バカ、というか全員死ねよ、バカな議員たちは
地球が半分くらい崩壊しても、自分たちだけは生き残れるからOK
みたいな考え方の人間が増えすぎている
可能なら、そういうヤツらこそ、皆殺しにしてやりたいところですよ
最も上質のマナーとは、最も少ない人間を不快にさせるものをいう
権力とは、きわめて少ない人間たちによって掌握されている
この皆殺し案は、マナーの観点からいっても、ちゃんと合致している案なんじゃないかな?

資本至上主義国家における唾棄すべき破壊者、権力者ども
いま南米で巻き起こっているムーヴメントが、この国にまでとどくことは、はたしてあるのだろうか?
感性が鈍感になる一種の麻薬としての資本至上主義
大きなカネさえ積めば、悪行であろうがなんだって援護してくれるシステム
そういうことを大声で連呼しているようにしか聴こえてこない、今回の同一痴呆占拠
システムそのものが、もう限界に達している
by AMNESIac7 | 2007-04-07 18:38 | 日記

31

31歳である
30歳を迎えたときは、「オレもいよいよ30歳か いっちょ、やったるDAY!」な気分だったのだが、
31歳というのは、どうもカンジがちがう
31歳?ただのおっさんじゃないか?

この1年、どうもクソッターレな1年だった
実生活、それを取り巻くこの国の世相
どれもこれも「悪化」の二文字で著せる
あいかわらず「桜ソング」は隆盛を極めている
今日においては、「君が代」よりもさらに実効性の高いナチ・アンセムか
「散りゆくわたし この国家とともに、いざ、潔く散らん」

腐敗構造
増え続ける法律&蜜月を謳歌する官と犯罪者の癒着
国家的集団自決
ボクが住む大阪は、常に、その最先端を走り続けている
終わりはどこだ?終わらせるのはダレだ?(オレが関与せねばならぬのか?)

歳をとるにつれ、いままで醒えのなかった怒りが身体に満ちてきている
怒りはエネルギーであり、このエネルギーはいままでのボクには欠けていたものだ
怒りを上手くコントロールできたなら、これは今後の大きな活力になるのではあるまいか
(まちがっても臨界事故は起こさないようにな)
by AMNESIac7 | 2007-04-06 20:07 | 日記