逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2006年 09月 ( 55 )   > この月の画像一覧

< 「自民党」のぼり立ててJ1観戦 マリノスが抗議 >

先日のオーマイニュースの市民記事が、ようやく大手新聞社をも動かした(といっても、毎日、朝日系列のみ もちろん自民・・・ちがた産○、○売のネット版ではお見かけできずw)
朝日版では触れられていないが、この連中、拡声器まで持ち込んでおいて、「あくまでも地元のチームを支援者たちと一緒に応援しようという目的だったようだ。政治利用するなんていう考えはなかった」とのこと・・・拡声器で応援? えらくマナーのわるい輩(やから)行為を与党議員が率先してやろうとしたものだw どっちにしても始末わるすぎ!

この事件で最もおもしろかったのは、アホたれで極端な小政党がしでかしたというのではなく、この国で単独で過半を占める政党=自民党がしでかした犯行だったという点
与党が率先して規範を「ぶっこわす」 現在のこの国のカオスを物語る一場面にして、よくある場面
おわってますね

ところで、これってやっぱいつもどおりの「無罪放免」になるんかね?たぶん注意すらないだろうなw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-13 20:45 | サッカー
ドク、ドク、ドクドクドク-----
昨晩、突然、心臓の鼓動が激しく脈打つ
全力疾走したあとのような速さで、かつ不規則なリズム
かなりヤバイな、と寝転がる
ちょっと安定するも、起きるとまたすぐにぶり返す

腹をくだす 例によって痛みはない
1・2度トイレにかけこむだけなら、別に気にもしないのだが、
きのうはなぜか数度立て続け しかも、今朝になっても治っていなかった
例によって痛みはない

ナカタひでからのひさびさの近況報告
会員限定サイトでのメールらしいが、1年以上も世界一周とは豪勢な話
青春してやがんなぁw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-13 08:52 | 日記
ここ数日、立て続けに無礼な一般人に出くわしてきたが、きょうのそれはまさにハイライトだった

銭湯にて
湯船に浸かり、サウナに入り、水風呂に浸かって、さてカラダでも洗うか、と洗面器を取りにいくと、置いたはずの場所になく、「おかしいな」と探す
ほどなくして目に飛び込む 50絡みのオヤジが、いままさに使おうとしている光景が
ボクの銭湯セットは、ふつうのモノとはひとあじ違い、セッケンもタオルもひと目で他人のモノとはちがうことが明白 にもかかわらず、なに喰わぬ顔で使おうとしている これはけしからん話だ
「おいコラ、くそガキ(_50歳でもガキはガキだ)」
ボクは洗面器を取り上げる ふざけた話、どうやら自前とおぼしきヘアブラシもほうり込まれている
これは完全に確信犯 このごろ、ストレスもピークに到達しつつあるので、ここはいっちょブチ切れてやるか、とにらみを入れていると
「_おいおい、どうしたんや?」
あいだに入ってきたのは、先ごろサウナで世間話をしたごくのみちのひと
仕方がないのですこし説明すると
「兄ちゃんもまぁ、カリカリしなや」と仲介し、50のくそガキにも注意する
「ぁぅぁぅぁ・・・(くそのひと)」

ごくのみちのひとは、サウナの入り口で出くわしても、「お先にどうぞ」と道を譲り合うだけの礼儀あり
にひきかえ、50のクソは、よくよく思い出してみると、水風呂でもマナーのなっていない水浴びをしていた鼻つまみ者、そのひとだった
カタギ(まっとうな職の人間)がやくざ(ブタ)で、やくざ(ごくのみちのひと)がカタギ(礼儀ただしい)、
とんでもないパラドクス的状況だ

これはなにも、この銭湯だけで起こったまれなケースというわけではない
ここ数年、これがスタンダードな姿として定着しつつあるようにすら思われる
政治家・公務員が腐った者の代名詞なら、一般人もまた「腐りかけ」であり、ごくのみちが遂には「一部のまだ良識を残すひと」という風景、はっきりいって異常ですが、変化もまた世の常 あと10年もすれば、これが当たり前ということにもなるのだろうな おわり
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-12 21:50 | 日記

はい、そうでっか

きのうは12時過ぎには寝てたのに、起きたら正午を軽く回っていた
最近、みょうに疲れが溜まっていたのだが、起きてもまだ眠く、まさかここまで疲れていたとは・・・
で、そのあとDOしたのか? ああ、いつもどおりですよ、いつもどおり
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-12 19:26 | 日記
< 防衛庁:新「軍人恩給」を検討 退職自衛官、年金に上積み >
法改正も終わる前から、すでに「軍」扱いである 
「自衛隊の性格が変容したことを受けた措置」とあるが、「変容した」のではなく、「変質させてしまった」と正確に書くべきである さてこの先、日本を「進ませよう」としている道とは?

< 「扇動」排し「常識」を 小沢氏、基本政策を発表 >
いくらネガティヴ・キャンペーンの一環としての発言とはいえ、数年前まで超タカ派と評されていたはずの小沢一郎ですら、まともに映る現在
タカはタカでも、まだ少なくとも小沢は、ぶっ壊すだけの「破壊者」とちがい、「愛国者」ということなのかもしれない そんな支離滅裂な感想すら起こさせる現在
理想ではなく、まだマシな方、という情けない選択だが、安部とくらべれば、まだ小沢のほうが幾10倍ほどマシに思えるからおそろしい やはりいまは激動かつ劇場(激情)の時代のようだ

「国益」の観点からいくと、排他性を持つ右翼よりかは、融通のきく愛国者のまだマシというところか
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-11 22:20 | ケイオス-フィリア
常識_自らが住む世界において、反復的に通用されつづける規則性、およびそれに伴う反射的反応

インターネット・メディアの登場などで、さまざまな情報を個々人が手に入れられるようになった現在
個別化は必然、常識から統合性、相似性を奪い去る
無限数の世界が提示され、個々人が細分化されてしまったため、通念的常識の範疇もまた野放図化され、かつ点在化されてしまった
この「劇的無制限化」からくる恐怖、ゆりもどし反応によって、自分で物事を判断する自信のないものによる、よりどころとしての「集団帰属の願望」が顕在化する

集団化は、自己の責任を放棄するかわりに、自己の判断をも停止させる
みんな(帰属集団)といっしょであるために、「おかしい」と思うことにも目をつぶり、思考を麻痺・停止
細分化の恐怖から集団に紛れ込もうとする者たちほど、都合のよい存在はいない

最近、異常に偽ブランドに執着するひとびとも、ひょっとするとこの手の心理が少なからずはたらいているのかもしれない、とふと思った
以前まで、猛スピードで流れる世界から、ふりおとされる前に自暴自棄になり、自分から落伍していくような連中の結果としての偽ブランド、だと思っていた(ムチャだなw)のだが、ひょっとするとこれは一種、迷彩的「よるべ」求めの結果としての偽ブランド所持、ではあるまいか、とも
どっちにしてもなさけなく、かつ危険な現象である

思想、信仰、物質、気運、「よるべ」はいろいろあるけれど、よるべを頼りに生きるということは、
みずからの思考を硬直・停止させる行為にひとしい
そして、思考停止してしまった者たちは、思考の代わりに感情のみを用い、「ひとでなし」になる
人間と動物を分け隔つ、唯一のカギをみずから捨てたにひとしいということ
家畜的安住と人間的孤独、どちらがしあわせかもやはり個々人次第だが、おれはまだ孤独の方がマシだと思っている(というか、「集団」というものに生理的嫌悪がある・・・て、けっきょく生理かよ!w)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-11 22:05 | 雑記・雑感

魔界転生

数年前、窪塚洋介主演(天草四郎役)の『魔界転生』を見たのだが、きょうは、沢田研二主演のむかしの方のやつを見た(といっても、出だしの方はヴィデオを録りそこねたわけだが^^;)

はっきりいって、ざんねんながら、窪塚版よりもジュリー版の方がはるかにおもしろかった
おれ、かなり窪塚好きなんだけど、窪塚版は脚本からなにから最低で、沢田版よりもはるかに落ちた
どっちにしろ、よくもわるくもB級映画なのだが、沢田版の監督は、かの深作欣二で、当人みずからが脚本にも関わっているという熱の入れよう おのずとその差も理解できるわな、と

それにしても、当時の沢田研二には、どこか常人離れした妖気があった
演技力云々の話ではなく、個人が放つオーラ自体が、マネしがたいものを感じさせた
ほかの個々人も生き生きとしていた深作版、なかなかのものでした(60点)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-11 21:30 | まれに映画なぞ
エルヴィス逸話
エド・サリバン・ショウにて あまりにも腰の動きが卑猥であったため、上半身しか映されなかった

ロイヤル・ベイビーの経済効果
「3兆円」という現実味を帯びない試算が某週刊誌の見出しに 
一部の産業の特需であったり、いろんなもの全てを考慮にした数字だとしても、とてもそこまでとは思えないのだが、実測できない数字だけに逆にいくらでも付けることができるんだろうなぁ、とも

新聞を読みながら・・・
新聞を読みながら、「新聞でも読みたいなぁ」と思っている自分がいた
何の話だよ、と思うかもしれないが、自分の中での新聞のあるべき姿と、実際、目の当たりにしている新聞とのあまりにもな乖離から、いま自分が目にしているものを「新聞」と認識できていなかったらしい
ちゃんと意味のある、理路整然とした文章への渇望 「新聞」そのものの輪郭崩壊

かめだチルドレン、大増殖中?
かめだファッションをマネた、まるでセンスなし太郎が大増殖中の悪寒 
今週、偽ブランドのウエストポーチを胸部前面にたすき掛けし、かめだ表情でいきがる中坊の写真を
ネットで初めて見て笑っていたら、きょうの日曜日になって、10人近く見かけてしまった
先週まではマジで見なかったのに・・・なんなんだ、この反応力はいったい?

平山相太の「在日認定」の行方やいかに?
数年前、平山相太が鮮烈デヴューをかざったとき、一部で「彼は在日」などという流言が
日本で活躍しているひとびとのなかで、在日の「通名」で使用されている名字のひとは、全員在日という、なかなかに突飛な発想からくる流言であるが、これは活躍の一種のバロメーターくらいに見てよい
だが、逆に使えなくなった・劣化してしまった有名人に「アイツは在日」という「日本人側からの」レッテル貼りも存在する
FC東京入団も決まり、いよいよ J のピッチに立つ平山くん 
はたして、いったいどんな種類の「認定」が下されることとなるのか見物である(われながら悪趣味)

「20世紀梨」はドコに消えた?
タイトルのとおり、ずばり!

惰性的相対性理論
大嫌いだった麻生ですら、安部よりはマシそうなので、だんだん「良いヤツ」に見えるようになってきた・・・相対性が支配する感覚のおそろしさ

抜き差しならない状況
相互の強い緊張によって支えられている「何もない」という状況 絶え間ない引き合いのなかでの
かりそめの「停滞」

ただしい深呼吸の方法とただしいらしき処世術
深い呼吸には、吸い込むことよりも、正確にはき出すことが重要のようだ
体内の空気を完全に吐き出す前に吸うという行為は、効率的な酸素摂取ができているとはいえないということ
考えればふつうに理解できることなのに、なにも考えずに短絡的に無自覚に行動していると、けっきょく損をするのは自分ということ これは処世術にも通じるものがある
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-10 21:20 | ゴシップ・世俗系
他人をハメるには、心理的陥穽(かんせい)を利用すればよい

ひとはどんなものにだまされやすいか
・信じているものではなく、自分が「そう信じたいもの」
・「たまたま」、「偶然」、見聞きしたもの
・その空間における「多数派」の判断
・執拗に「繰り返されるもの」

_大まかに挙げるとこの4つである なので、これらを利用した具体的方法は_

ひとをだます・操作する方法
・対象が信じたがっている真実と自分が方向付けたい真実とをゆっくりと擦り合わせる
 (「近いもの」だと錯覚させること)
・直接的にではなく、間接的、偶然性をよそおって情報を流す
・行動エリア内での支持率を事前に高めておく
・とにかく繰り返して刷り込む 繰り返しによって生まれるトランス(酩酊)状態を利用する
 (トランス・ミュージックしかり、連呼されるシュプレヒコールしかり)

スパイス
これにさらに「猜疑心」などのスパイスを加えれば、ある程度の使役性は生むことが可能だろう
しかも、人間の脳の盲点(欠陥)として、情報の発信者の「信憑性」とその「ことば」とは、時間が経過するにつれ、「分離されてしまう」ものらしい
なので、信じがたい人間が吐く妄言でも、時間的経過を加えると単なる一情報として処理化されてしまい、結果、なんとなく「知っている情報」に誤配置されてしまう
ということは、自分のことをまるで信じていない相手にでも、とにかく大声で話しかけておけば、その後の布石として、大きな意味合いを持たせることが可能となるのだ
(与党の政治家たちは、血脈的にも皮膚感覚でこのことを理解している)

だいたいカンタンに説明するとこんなところか
というわけなので、こういったことが介在する余地のある事象には、「まず疑ってかかれ」というのを
基本スタンスに、騙し合いがさらに激化していくであろう浮世を泳ぎきるのですよ、とみんなに言っておいてみる
(*- -)(*_ _)ペコリ


追記:ちょっと高等技術編_「本人の口」からそう言わせるというのもある (「接近方法」に関しては、
また別の機会に書くこともあるかもしれない ほとんど実践は邪魔くさいからしてないけどねw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-09 22:39 | 雑記・雑感
もうしわけなか ここ数日、連日のように海外サイトからのいやがらせトラックバックが猛威を振るっており、しばらくエキサイトブログ以外からのTBを拒否設定とさせていただきます
できれば国内のブログからのTBはありにしたいのですが、このエキブロでできる設定がそういう風に細分化せれておらず、やむをえずというわけで・・・
1週間くらいしたら(思い出したら)、また試しに解放しますのでご容赦されたし(*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-09 21:51 | おしらせ・記念