逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2006年 09月 ( 55 )   > この月の画像一覧

なんですか、これは?w

別に祭りの形跡なし また海外系?

b0006096_8312428.jpg
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-24 08:32 | 雑記・雑感
ちょっと興味深い人間を見つける 
ひと世代上のひとたちは、だいたい「このひとの干支は○○だろうか」などと想像したりするようだが、ぼくの場合はなんとなく、いまだに動物占いをチェックしてしまう傾向がある(どういうことだよw)
で、中島らもすをチェックしたあと、ひさしぶりに自分のもチェック
なんせこのサイト(新動物占い)、120パターンもの診断を出すという手の込みようだったからだ
で、結果としてはこうなりました(「狼」なのはあいかわらずか)

ほんとに晩成するかは定かではないが、ふざけた話、かなりの無視できない自覚&他認症状がw
とっつきにくさ、カっとなる性格 あまり常識が通用せず、なぜか自信満々
他人を頭ごなしに否定し、それを指摘すらしてしまう
一目惚れで猛アタックということは「絶対に」ありません(ペガサスを逃したしょっぱい記憶ありw)

占い(易)は古えよりの統計学とも言われているらしいが、そもそも統計する対象や、統計という方法自体がいわゆる「ヨタ」なのであれなのだが、あまりにもバチクリなご託宣があると、「世界の構造そのものが、そもそもヨタを多分に含んだものなのだろうか?」などと(悩んではいないが)悩んでしまう
このくらい指摘が当たっているのなら、せめて死ぬまでには大成していただきたいものであるね(などと他人事のように言ってるヤツは、だいたい最期までなんにもならんなw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-23 21:51 | ひまつぶし・はなくたし
思想がないのに事を起こすやつほど怖いものはない

君たちの中でイナカ者でない者がいたらこの女に石を投げよ

「僕はそのとき二十歳だった。それが人生の中で一番輝かしい時期だなどととはだれにも言わせない(※『アデンアラビア』ポール・ニザン)」

「まんざらでもない」瞬間

スルメみたいな世界

全力で追っても捕まるかどうかのすばしこい奴だったのである

_中島らものエッセイ『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』 
きょうは店がひますぎたので、1冊読みきってしまった
断片的には、らもすの評論は過去にも何度か触れたことがあるのだが、1冊、流れに沿った文章というのに触れるのは、今回がはじめてだった
このひとの魅力とはいったいなんだったのだろうか?(いや、セールスポイントが魅力か)
冷めているようでいて、ゆずらない部分を持っていて、おおらかなようでいて、とても繊細
自覚的な部分、本人の気づいていない部分
夢想家としてのしまりのなさと、思索家としての誠実さ
漠然としたものを掴む感覚と、その漠然をそのまま提示する能力
主に中学時代から大学時代、そしてほんのすこしの「社会人」時代の想出
一般とは別の時間の流れに浸かり、酒に浸かり、ひとに浸かり、酔いから醒めて、また浸かり
正気という狂気からの逃亡(闘争)と着地、そのまた繰り返し
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-23 21:32 | 読書感想文独書

風の谷のナウシカ

いまさら、ボクがどうこういう必要もないスタジオジブリ不朽の作品
でも、どうこう言ってしまうのは、ボクが昨晩、この作品をようやく1本、はじめて見きったからであるw
TVの再放送やなんかを含め、おそらくボクの世代では見ていない人間の方がまれなのではないか、という作品だが、ボクはだいたいCMが細切れにはさまれ出した時点であきらめるタイプの人間なので、いままでそのストーリーは断片でしか知らなかったのである
で昨晩、ようやくヴィデオで見た、と

テーマは、環境破壊から引き起こされた腐食に対する、人間たちの葛藤と抵抗
ル=グウィンの小説『ゲド戦記』にインスパイアされ、下敷きにしたということの作品
たしかに他の(見きった)宮崎作品とは毛色がちがい、しっかりとした異質の世界観を持っていた
だが、序盤の(ナウシカ本人の口から出てくる)説明の多さや、いくつかの納得いかない部分(腐海の流砂にのまれ、森の底に落ちたシーン どうやって無傷だったのか 特に何者でもない少年の方)などがあり、いまひとつ手放しでは評価しがたいものがあった
ストーリーとしてはわるくなかったし、映像としても最近のものよりも、こちらの方が好きである
けど、ナウシカに特別な力を持たせすぎたことや、あんな小さな集落(風の谷)で姫様呼ばわりされるようなヒエラルキーの存在などには、ちょっとがっかり
しかし、ジブリ作品としてはまちがいなく『もののけ姫』や『千と千尋~』よりも数段優れている
見ていて、気分はまぁ良い方の作品 
みんなのように10代で見ていれば、もうすこし感動できたのかもしれないな、と
まぁ、ジブリがそこまでガチの作品作ったら、商業的にはおそらく失敗になるだろうしねw
(いや、電通とジブリのブランド力、これだけで見る人間はおそらく100万単位いるから大丈夫か)

追記:周囲のキャラクターが単純で薄すぎたことも気になったところ

オマケ:ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文(ゲド戦記Wiki参照)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-22 08:46 | まれに映画なぞ

当然至極が炎上する

< 「竹中ふざけるんじゃねえ」 河野太郎ブログ炎上 >

竹中平蔵無責任辞職太郎に対し、批判の記事を書いた河野太郎衆議院議員(自民党)のブログ(メルマガのブログ版)が炎上
内容は当然至極 竹中、なにふざけてんだよ なめんなよ、といったもの
責任感、職責、任期を全うする 
国民の信託を受けて議員になった人間が、こんな適当に辞職してよいものなのか?
きっちりとした自己(党内)批判というのは、理想像の元に行なわれるもの 
ちゃんと理想を持っているだけ、まだ河野太郎議員はマシだと思うな

それにしても記事元のJ-CASTニュースは、「炎上ネタ」大好きだね
「メディア・ウォッチ」を標榜しているけど、アクセスランキング上位の多くは「炎上ネタ」ばかりw
これからは看板に「&炎上ウォッチャー」なんてのも付けてみてはいかがでしょうか?(ぉぃw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-20 09:43 | ゴシップ・世俗系

軍事クーデター?!!!

< クーデターのタイ軍が憲法停止、全土に戒厳令布告 >
まったく疎かったのだが、タイの政情、そんなにマズい状態だったのか・・・
なんでも首相一族の株式不正取引などで、半年ほど前からひどく揺れていて、ひと月前には首相暗殺未遂なんてのもあったのらしいが・・・
しかも、軍によるクーデター(今回は警察も参加)は、1991年以来とのこと
前例があってのことなんだな・・・
ちなみに問題となっているタクシン首相本人は、現在、N.Y.に滞在中なのだとか

在留邦人は、およそ36000名 ネット仲間の兄のひともそのうちのひとりだそうです・・・
ほほえみの国はいずこへ・・・

・タイ軍、首都制圧 憲法を停止、議員・閣僚を解任
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-20 09:18 | ケイオス-フィリア
< 渋谷に「有人自販機」 >
中に入っているひとが、商品を直接手渡してくれるという画期的な自販機が登場!
て、ひとが入ってて「自販機」? これいかにw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-19 21:43 | ゴシップ・世俗系

しまった!

しまった!
きょうはそろそろだ、と狙っていたのに77777の瞬間を!w
b0006096_2372365.jpg
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-18 23:08 | おしらせ・記念

ご都合感覚、如実に

< 年金調査:「近い将来破たん」59%に 40代不信感強い >
全体でこそ59%という数字となったが、40代では実に77%もの人間が「近い将来、年金制度は破綻する」と考えているという結果となった
しかし、ここでもっとおもしろいのは、70代以上の37%という数字である
「自分が死ぬまでは、まぁ、なんとか持ちこたえるだろう」くらいの感覚なのか?
はたまた「どっこい日本の足腰をなめるんじゃない なんとか持ちこたえるさ」と夢想しているのか?
どっちにしても、質問がさす「近い将来」は、40代に対してと、70代に対してとでは、まったくことばの意味合いがちがってしまうようである
けっきょくは自分の視点 人間は、自分の信じたいものを信じるようにできているということか
40代以下にとっては、ほとんど絶望にも近い数字
これくらい国民が前もってあきらめてくれると、行政としては「打ち切り」もやりやすいだろうな
まぁ、いま日本(本来なら奔放な経営をした政府の責任なのだから、「日本政府」のとしたいところだが)が抱える負債総額は、とっくに「国家破綻」状態といってもおかしくないような額
これで「年金はだいじょうぶ」と夢想しろというほうが不可能だ
さらに老人も借金も雪だるま式に増え続け、それを支える若い連中も枯渇してゆく
明白すぎる未来図なのに、のんき坊主な回答をする70代のお年寄りたち
せめてちゃんとした見識をしめしてほしいものだ これは礼儀の問題でしょ、たぶん

消費税から供出するという案 
一見、これしか方法は残されていないみたいだけど、消費税の引き上げはなにも年金のためだけにあるわけでは、もちろんない いったい何%にすれば万事OKとなるのか?
そして、そこまで引き上げた場合の「消費」はどうなってしまうのか?
ここ数年、自殺率世界トップ水準の国が、しかも、ただでさえ貴重種となると予測される若者たちの生活にさらなる閉塞感を与え、真綿で首を絞め続ける
これがもたらすであろう近未来の社会的状況、容易に予想の立つ悪夢である
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-18 21:34 | ケイオス-フィリア
柿谷 曜一朗 1990年1月3日生
(゚ロ゚;) ま、まさかのまさか、コイツ、平成生まれジャマイカYO!
J でぶーこそまだだが、かなりスケールのデカい選手の模様
ポジションはFWとのことだが、左サイドの前めに張ることが多そうなので、ウイング起用もおもしろい
16歳でこんなけやれれば、超上等です 世代的にはもひとつ上のカテゴリで鍛えてもOKっぽいね

カキュタニッ ヨイッチッロッ!
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-18 08:38 | サッカー