逸脱せよ!


by amnesiac7

<   2006年 02月 ( 45 )   > この月の画像一覧

はい、また万引きです

はい、今年に入ってはやくも2度目の万引き 今回はカットソーを盗まれました
ボクがちょっと店を抜けているあいだに、しっかりとオカンは盗まれました
今回も激怒するオカン
ボクがすぐ店に帰ってこなかったことに(ちゃんとどのくらい戻らないかは、先に言っておいたのだが)
向かいの店のひとの応対について、帰ってきてから、延々とブチ切れる
責任転嫁もはだはだしいけど、そういうことにはカーッとなっている限り、まるで考えが回らないらしい
近年、故障がひどすぎる気もするけど、故障を故障と感じるのは、まだそれが正常かもしれないと、
どこかで信じているところが残されているからかもしれない(メンテナンスなしに治るわけないのにね)
だから、マジメに返事をしてしまうわけだが、いい加減に割り切らないと、精神的徒労感は、
この先ずっと付きまとうことになるのかもしれないので、新しいソフトをそろそろ導入しなければな

犯人さん、今回は親子連れだった模様 しかもその上、近辺にさらに仲間を伏せておいて、リレー式に盗品を持ち去っているようです
さすが組織的犯罪者の町・大阪です バカというか、気ちがいばっかりです  
経済的に余裕ができたら、はやく出ていきたいものです もしくは、防犯システムを強固にして、
全員を警察に突き出してやるか(といっても、地元の警察も犯罪者のお仲間ばっかりなので、気づいたらなんのお咎めもなく、みんな釈放されているわけだけどね)

そういえば、きのうのローカル・ニュースでおそろB場面に出くわした
ひき逃げ犯を追ったニュース 死亡した男性は、1台ではなく、2台に轢かれて死んだらしく、
通報したのは、2回目に轢いてしまった運転手だった(昨年末の事件)
警察署は事故発生現場からわずか200mの距離
近隣住民は、1回目の事故音をしっかりと聞いていたのだが、「また事故りよったで」と何食わぬ顔でTVを見続け、2回目の音を聞いて、おいおい、またかよ、とようやく事故現場をチラ見、と
それをうれしそうにTVのインタヴューでこたえている感性には、さすがのボクもア然としました
これだけ感覚の麻痺した人間が集まれば、そりゃぁ自然と行政も、ああなるわな、と
羞恥心ゼロの街 この前のアメリカHPでの観光案内記事問題、そのままの街やないかえ
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-02-04 21:32 | 日記
書きたいのに、書けずにいる記事がまたたまってきますた・・・
コイズミが「格差悪くない」「成功をねたむ風潮を慎まないと社会の発展はない」などと暴言を吐いたこと
ミシシッピー・バーニングの話などなど
コイズミに関しては、ブッシュ同様に、いまさら、という感もあるが、だからこそ無視するのは、アイツの思うつぼだとうも思うので、明日あたりできれば書きたいと思っているが、ミシシッピー・バーニングのほうは、先に調べなければならないことも多いだろうし・・・とりあえず、今度、レンタルを探してみるか
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-02-03 22:47 | 日記
先日、うつぼと大阪城公園で行なわれたブルーテントの強制撤去
今回、両公園のたった28張りのテント排除に動員された市職員、警備員、機動隊、警察官の人員は、
なんと1000名を超したそうだ
テントに住むひと約30名に対して、ひとりあたり30~40人前後の動員があったという計算になる
(もちろん、このうちの半数以上は周辺警備に充てられたわけだが、残りの人員も全テントを一斉に強襲するわけではないので、やはり30~40対1の構図である なかなかに格好のよい話ではないか)
そんな中(数10名対1を強いられた)、ひとりのホームレスが抵抗の際、職員のひとりにケガをさせて逮捕されたというニュースが、大々的に取り扱われ、話題となった
ボクらが知っていた情報は、だいたいこんなところか
だが、これは民主主義の観点から言うと、きわめて不公正な片側報道であった、とあとで知らされる
抵抗者側の被害のほうが、さらに深刻だった、のである
骨折やケガを負わされた者、執行手続きもなしにテントを撤去された者たちが存在したのだ
(市職員をケガさせたという「チェーン」が、本来は抗議者たちを隔離するためのフェンスに巻きつけるために自分たちが用意したチェーンだったということもあまり知られていない注目すべきポンイトだ)

従来、こういった情報は、ほぼまったくといってもいいほど、ボクらの耳には入ってこないものだった
だがしかし、インターネットの普及により、マイノリティ側の意見も、聞く側の姿勢によっては、覆い隠せない時代がようやくやって来つつある
なので、ボクとしては、こういった情報を個人で調べて知るだけでなく、さらに多くのひとにも知ってもらうべく、
小ブログながらも、このブログで記事にするものである
願わくば、多くのひとたちが、バランスのとれた情報を目にできる時代を信じて・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-02-03 22:37 | ニュース
日本は、いちおう「民主主義」国家を標榜している
で、「民主主義」国家を名乗る以上は、人民の「基本的人権」は、その根幹といってもよい
しかし、その実態はどうだろうか?

先日、大阪で路上生活者テントの強制撤去が行なわれた
法的には、彼らの行為は不法占拠にあたるので、市の強制撤去は違法とはならなかった
だが、それが「正当」な判断であったのかといえば、その見解はボクの中で180度違ってくる
市長の関が撤去の理由とするところは、前述ですでに書いているので略すが、はたしてそれが、
路上生活者とはいえ、「国民」である(でなくても)彼らの人権と比しても、重いといえることだろうか?
大阪市に実際に住むボクから言わせてもらうと、彼らの不法占拠取締りは、現在の大阪で行なわれている違法行為のなかでも、是正されなければならない優先順位としては、極めて低いものであるはずだった
たとえば、年間数十億円を売り上げるまでになった一大コピーブランド商店街(コピー商品取り扱い店舗数はついに3ケタにとどき、この3年半で100億円超を売る上げている しかし、それらの店が取り締まられるのは、毎日新聞の1面記事にスクープされたときのみ、見せしめというよりかは、メディアに対して仕事はしているというポーズを見せるため、1・2軒だけなんちゃって摘発をする)や、それに追従するようにコピーブランド販売エリアがここ数年にわたり拡大し続けているのに、警察幹部や市長に鼻薬が効いているのか、こういったものはまったく取り締まろうとはしない
ほかにも、大阪市全体の行政不執行っぷりというか、サボタージュの例は、枚挙に困らないほどであるにも関わらず、イヴェントごとなどで「衆目」が集まる「危険性」があるときだけ、今回のような考えられない厳しい態度の行動にでる(相手が「弱い立場の人間」というのも大きな理由か)

大阪市における法の執行者は、代々「法」を精神によってではなく、自分たちの不当な仕事ぶりなどを
隠蔽するために悪用するのが伝統というか、慣習だ
民主主義の精神、基本的人権には則らない法なんかに、民主主義国家の人民であるわれわれが
従わなければならない理由とは、いったいどこにあるというのだろうか?
法とは、形而上的なものである「道徳」を根底としているものであるのに、それを利用しているものたちの「道徳観」が、近年、きわめて劣悪になっていっているような気がしてならない
法が法として通用するには、最低限、なにものに対しても平等な厳格性を有していなければならないわけだが、弱きをくじき、強きには激甘にしているのが、(すくなくとも大阪の)現状だ
こんな市で、「法うんぬん」をいうのは、もはやナンセンスだ、とボクは実感している

政治に対する無関心は、自らの権利の放棄への道を意味する
いまの大阪では、法とは軽視、あるいは悪用されるために存在している、といっても、それは過激すぎる発言であっても、的を大きく外しているとも言いがたい
バカ市民にふさわしいバカ市長および市職員なのだろう

ボクとしては、法が「不当」に傾く場合、抵抗がたとえ「不法」な行為であっても、そちらを支持したい
まともな仕事はいっさいしないのに、「不当」行為には精をだす「合法」市長をボクは認めない
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-02-03 21:51 | 雑記・雑感
人間の想像力なんて、ほんとうにたかがしれている
よもや彼らがこのような戦術に打って出ようとは、微塵も想像してなかったよw
普段から不平等に憤りを感じていた蜂の巣を突付く 完全なるやぶ蛇ww

b0006096_1511153.jpg駅、プラットホ-ムにて
雨煙る天候のなか、森之宮の駅に降り立つ
2日前に強制撤去されてしまったというホームレス居住地の現状と、強制退去を推進する理由となった「緑化計画」がいかなるものかを、ボクなりにルポしようと思って行ったのだが、公園の前に立った瞬間、すべては瓦解するw



b0006096_15173632.jpgNEWテント登場w
「弱き者」は、単なる弱き者ではなかった 弱き者「たち」だったのである 公称6600人、さるボランティア団体の発表では1万5千人、ともいわれている大阪市の路上生活者たち 彼らは、けっして単なるマイノリティとして片付けられるような人数ではなかったのである
そんな彼らの「一部」が団結した 大阪城公園への新たな移住
見知らぬ、そして複数で住むと思われる新たなテント群の出現w


b0006096_15281245.jpgb0006096_15281978.jpgc(.д.c⌒っパンク、
ロックンロールす!

先日の強制撤去で解体されたと思っていたパンクさんのお家
ところがどっこい、なんのその パンクさん、ふたたびご健在ですw

b0006096_15332946.jpg雨で煙る噴水をおたのしみください(*- -)(*_ _)ペコリ
思えば、ブルーテントって、遊牧民のゲルがごとく、極めて移住性の高い住居だったかw
1軒あたりの撤去に20人前後の市職員たちを動員していた大阪市
今度はいったい何百人の職員を動員しなければならんのかw
彼らの住居は、今回の強制退去勧告のまえよりも、かなり増えていたように思われる これはもちろん怒りの抗議であり、その抗議に真摯に対応しないかぎり、さらなる怒りの増大を招くだろう


b0006096_15525650.jpg大阪市市長の関淳一は、今回の強制撤去の理由に、①景観を損なう ②樹木への悪影響 ③夜中に騒ぎ、近隣に迷惑、の3つを挙げていたが、
①は、人権と景観を天秤に掛けるという指向性アンバランス
③は、大阪城公園の立地条件、周辺を高速道路や線路などに囲まれ、なかの音が近隣住民(といっても、住居区と公園は、ほとんど隣接などしていないはずだが)の耳に障るほど届くとは考えにくく、関淳一が公園を1度でも視察したことがあるかどうかもあやしいというもの(学校方面などには、彼らも無理からテントを建てたりはしていなかったしね)
ひとつ問題があるとすれば、②の事案であるが、この点に関しては、しっかりと対話していけばよい、それだけのことだと思われる まぁ、会話ができるような思考力を持たない市長だから、今回の結果になってしまったわけだけどね
なんにしても、きょうは雨のなか、Gパンを濡らしながらでも公園に行った甲斐がありました
弱き者が、ただ泣きながら負かされているだけのケンカほど、見ていてムカっとくるものもありませんからね
(o^-')b ファイトですな、みなさん!
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-02-01 16:08 | デジカメ小僧