逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2005年 08月 ( 45 )   > この月の画像一覧

駒苫事件要旨

ネットでも指導か暴力かなどで意見が分かれ、正確な情報自体も錯綜しているようなので
ここでカンタンに事件をまとめてみる

・野球部長による部員への暴力があったのは、6月2日の練習後と、甲子園入りしてからの8月7日
・6月2日は練習での態度を理由に暴行、8月7日は食事ノルマの茶碗3杯をごまかしたため
・6月2日、野球部長は平手で3・4発殴ったといい、部員の父親は30~40発、部員は20発以上殴られたと主張 8月7日はふたたび同部員の頭をスリッパではたく
・高野連への報告の遅れについて、学校側は「被害者の父兄にすぐに対応しますと言ったら、対応は大会後でいいと言われ、それに甘えてしまった」といい、
部員の父親は「公表しなかったのは学校側から再三にわたり、事を荒立てずに試合が終わるまで公表は控えてもらえないかと要請があったためだ」と主張
・父親が反論「学校から謝罪も説明もない」

指導だったのか、体罰だったのか なぜかネットではこの点が重要だと議論されているようだ
ボクは精神論者じゃないので、できるだけ起こった事象のみを追いかけたい
最初の暴行は、この部員の練習中のエラー後の態度によって引き起こされた
部員は、自分のエラーに苦笑いしただけだと言っているが、この野球部長にはヘラヘラと笑っているように映り、暴行を加える
野球部長は3・4発だけといい、部員(の父親)は正確に数は数えていないものの、バッドヘッドで胸を3・4回こづかれ、顔やみぞおち、足を殴る蹴るされたという(この際、野球部長は手の甲を骨折したとの話もあるとか)
暴行そのものに関しては、双方意見が食い違っているので、今回は考慮外にするとしても(どうにも3・4発ではきかないのは明白だが)、エラーしたときの表情を理由にした暴行とはいったいどういったものなのだろうか
見る者のレンズによって、世界とは大きく差があるもの(ひとは見たい世界を見るからだ)
その個人差のある世界において、あいまいなものを独断で判じて、そのうえで指導(暴行)まで加えるにいたるには、よっぽどの人生経験と自分への責任がつきまとうものだ
今回のように、笑って「いるように見えた」というだけで、暴行を加えるというのは、野球部長の年齢(27)から考えても、どうにも浅はかだったように思われる
もちろん、ボクは暴力的指導そのものを認めないので、すべての暴力に反対なのだが、今回の事件に「愛のムチ」を主張するひともいるようなので、いちおうの補足見解

で、2度目の暴行は、スリッパでの頭はたき
これは行為自体はあまり大きものではないものの、被行為者がふたたび同部員であったことが、
問題だと思われる
スタミナをつけるための茶碗3杯「説」を実践させるために、それについていけない者に手をだして指導する
これ自体だけでも充分におかしな神経だとボクは感じるのだが、その対象がまたこの部員だったということは、色メガネの存在を無視するのはむずかしいように思われる
常に「アイツはなにかするにちがいない」という先入観で観察し、その現場をおさえたことでテンションが上がり指導
甲子園の激戦のなか、気持ちの高ぶりを解消するには体のいいオモチャを見つけた感覚だったのではないかとボクなどは勘ぐってしまう、がこれもやはり不明領域なので今回は・・・
この問題点は、「茶碗3杯説」と部員の置かれていた境遇だ
茶碗3杯は、ほとんど精神論に近いスタミナ増強法であり、しかもこの部員は3年生だがベンチにも入れないような選手だったということ
3年生なのにベンチに入れていない時点で、本人は口にしなくてもかなりヘコんでいる状態だっただろう(そりゃ3年間も野球に取り組んだんだから、悔しくないといえばウソになる)
そんな状態で、しかも夏に無理やり3杯もメシを食えというのは、目標を失っている人間にあまりにも酷というものではなかろうか?
それでもがんばって(ごまかそうとしている時点で、この少年の罪悪感は感じ取れる)2杯は食べていたというのだから、それでもスリッパで頭をはたくという無駄な行為に及んだ野球部長の人間性は、ボクとしては落第点をつけざるをえない

愛のムチ 響きのよいことばだが、肝心の愛をこめれている指導者なんて、ほんとにひと握りだということ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-24 11:03 | その他のスポーツ

臨時休業で大掃除

きょうは臨時休業をとり、家などを大掃除することにしますた
さてさて、いったいどんなお宝が・・・(ちがw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-24 09:37 | 日記
< 駒苫の野球部長が暴力、V報告会は中止 >
今年の夏の高校野球で優勝した駒大苫小牧高校、なんでも野球部長による部内暴力が発覚し、
優勝を辞退するという方向に話は向かっているんだとか

問題となっている暴行(こういうのは体罰とはいわない)は、野球部長から部員のひとりへの殴打
部長の供述では平手で3・4発叩いたとのことだが、部員の父親の話では30~40発だった、とか
その差はあまりにもひらいているが、父親がいうには、他の部員たちも見ていたというので、
どうにも野球部長が虚言をかましている可能性が高そうだ
この殴打により、部員はアゴが外れ、噛み合わせがうまくいかない状態となっているとか
※もうひとつ見解が食い違っている点では、事件の公表について_学校側は「暴行を受けた部員の両親が大会が終了してから」を申し出たといっているらしいが、両親は「学校側から申し出があった」と事件の隠蔽をも疑われている状況だとか

_にしても、だ
こういった事件があったとして、なぜに「優勝辞退」という理解に苦しむ選択をしようとするのだろうか?
「不適格」だとでも言いたいのかもしれないが、実際に優勝したのは選手たちであり、監督のはず
高校野球に関して、ボクはあまり知識を持たないけど、たとえ野球部長とやらがベンチの片隅にいたとしても、そんなもので生徒たちが青春のほぼすべてを傾けて手に入れた「優勝」をとりあげるのは、ボクの思考ではまったくもって理解できない判断だ

バカはただひとり、この暴行を加えた野球部長のみ、のはず
選手や監督ですらないバカのために、駒苫選手たちの青春を捧げた証を勝手に大人の判断で
奪い取っていいはずがない

優勝辞退という判断は、周辺の大人たちのさらなる恥の上塗り、だとボクは思っている
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-23 17:57 | その他のスポーツ

ネットで音楽を聴く

Yahoo!ミュージック - サウンドステーション

いまヤホーで音楽の無料配信サーヴィスが実施されています
(これはヤホーIDがなくてもOKなのかな?)
山崎まさよしや鈴木亜美、クレイジーケンバンドなんかの曲が聴けたり、ジャズにロックに
けっこうチャンネル数ありまっせ
なんかレンタルまでは行かないようなミュージシャンのアルバムなんかを聴くにはもってこいかも
まぁ、BGMがわりに気が向いたらどうぞ
(途中で何度かCMが入るようですが、曲はフルサイズで聴けます)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-22 20:05 | ひまつぶし・はなくたし

その差、歴然・・・

マンガ『昴』の影響もあり、昨夜はNHKで放送されていた『ドン・キホーテ』を見てみたり・・・
ボリショイのスターと新国立劇場のバレエ団による競演だったのだが、その差たるや歴然すぎて、
唖然とした・・

マンガ『昴』によれば、バレエにおいて日本人と西欧人のあいだには、大きな大きな隔たりがあるという
ボクとしては、それほどのこともあるまい、と高をくくっていたのだが、きのうの視聴は、
そんな淡い観測を見事に打ち砕いてしまった

西欧人がひとつの動作をとる これはごく自然に彼らにはのみこまれるものなのだろうだが、
日本人は、その動作の「意味」を知るところからはじめなければならない
しかも、その「意味」は日本人にとって、なかなかに理解しがたい西欧の文化的情緒だったりするから、
これまた本解に至るには大きな道のりがある

ボリショイのスターのダンスのあとに続く日本人ダンサーの演技、強烈な睡魔と不快感をおぼえる
何がどうちがうのか?_すべてがちがう
ボリショイのダンサーが軽やかに舞ったあと、すべてを「考えながら」まちがえないように緊張しながら
踊る日本人ダンサーたち
全身すべてが完璧に計算された演技と、小手先にのみ集中し、あとはダラリとした演技
ボリショイのあとの新国立、ドーパミンのあとの乳酸

集中力、プライド、ストーリーの根本的な理解、すべてがプロとアマ、現在のリーガ・エスパニョーラと
創設当時のJリーグ、だった
この差、まだまだ埋め難し とりあえず観客の質も大きな向上が必要だろう
日本人ソリストの演技のあと、「ブラヴォーッ!ブラァヴォォッ!」と酔っぱらいのような大声で
声援を送っていたおっさんがいた

熊川哲也がこの舞台を観たら、いったいどんな感想を持っただろうか
(40分視たところで限界がきた)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-22 08:51 | オススメなのか?
b0006096_12223781.jpg平山相太、まさかの2発デヴュ・・・
いまの平山に、いったいダレがこんなスタートを予想できたというのだろうか?
しかもこの2得点は、後半30分からの途中出場でのこと
出場からわずか9分で、立て続けに2得点
もう奇跡としかいいようがあるまい
(もちろん、その奇跡を引き寄せるだけの最低限の実力を、平山相太は備えていたということなのだが)
だが、あまりにもあんまりな鮮烈デヴュー
これからしばらく過度な期待がカレの背中にのしかかることは必至で、その期待はプロデヴュ初日から受けて、果たしてだいじょうぶなものなのかとも心配してしまう
ともかくとんでもないことをしてしまったもんだ・・・
・平山冷静「結果出てよかった」/オランダ
・平山オランダ鮮烈デビュー 2得点で逆転勝利
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-21 12:32 | サッカー
『僕は死なない(堀江貴文著 / '05年3月刊)』から_
「ちょっと頭のいい人は、やっぱり政治家なんか、やりたくないでしょう。損だから。面倒くさいし。
少なくとも僕は絶対やらない」
「(小泉について)ちょっと郵政に拘泥しすぎですよね」

この半年、ここ数週間のあいだに、いったいどんな科学的反応が起きたというのだろうか?
もちろんあの小泉と堀江のことなのだから、とてつもなく打算的な利害の一致がはたらいたためだろうが、この変節ぶりにはいつもどおりの失笑をおぼえてしまいますね

小泉からすれば、堀江の露出度は見逃せないものだろう
そして堀江からしても、今回の出馬による政界とのコネクション発生は手放しの願ったり叶ったりだ
小泉からすれば、「自分の任期期間だけよければ、あとのことは知ったこっちゃない」選挙なので、
あまり気にしていないのだろうが、堀江を単なる駒として使うことは、日本の政治そのものの根幹に、大きな穴を開けることになるということをすこしは自覚しているのだろうか?(もちろん、そんなことは知ったこっちゃあるまい)

「おカネで買えないものはない」と公言するホリエモン
おカネで買(飼)われたくて仕方がない政治家たち
ネコにまたたび、政治家にカネ、である

混乱ここに極まれり 混迷の時代における破滅的選択

ちなみにホリエモンがなぜに無所属扱いとなったかというと、つい先日まで自民党内からも堀江批判は公然のものだったわけで、公認するには「社長を辞任して」という条件を付加せざるを得なかったためだそうだ
「カネさえ持っていれば何でもできるという風潮がはびこるのは良くない」と公言していたタケベ~が、
ホリエへの出馬要請、出馬会見の介添人役をつとめていたのは、滑稽としか言いようのないバカ喜劇といえるのではないだろうか
この出馬・選挙のバカバカしさが如実に出ているワン・シーンでもあった
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-20 21:30 | ゴシップ・世俗系

一律採取

・容疑者DNAデータベース、9月開始へ 取扱規則策定(朝日)
・容疑者DNA型情報データベース、来月から運用・警察庁(日経)
・容疑者DNAの登録開始 9月から、犯罪捜査に限定(産経)
・DNA型取扱規則の要旨(大分合同)

昨年9月、このブログ「断想」でもとりあげたDNAデータベース化問題なのだが、
いつの間にというか、いつもどおりの日本式なし崩しで9月1日から施行されることが決まったそうだ
そして今回の予告編では、「一律採取」という野心すら公言する警視庁
さぁ、悪夢的統制社会への階梯をまた一段、ボクらは登ることとなりそうだ・・・

☆すでに2100人分のサンプル保管(6月末)と888人のデータベース化が完了(7月末)
9月からの本格施行に先駆けて、データベース化作業はすでに昨年12月からはじまっている
情報に関しては、各紙まちまちのようだが、どうやら遺留DNAのみならず、捜査時に容疑者から
採取したものもストックされている模様だ
(遺留DNAの888人は既登録、採取2100人分は本格施行日待ちといったところか)

☆警視庁関係者発言各種
「捜査効率化に加え、性犯罪者への再犯抑止にも(期待している)」
一律採取には法整備が必要で、国会などでの十分な議論が必要」
「的確な運用でデータベースが有益だという実績を示し、一律採取に向けた理解を得たい」

☆既にデータベース化の進む各国の状況
データベース化最先進国は、英国(95年から開始)の模様 
総人口6000万人弱(01年時)に対して、実に250~280万人分のDNA資料が管理下にある
これは総人口のおよそ4~5%分にあたり、「英国人の20人に1人は常に容疑者」扱いということになる
(英国ではいわゆる「一律採取」が認められており、たとえ微罪であろうが採取されてしまうので、このありさまというわけ もちろん「容疑者」の段階で採取されるので、「冤罪者」も数多いだろう)
次いで管理数の多いのがアメリカ(98年から)
230~240万人分を採取・保管し、FBIとFBI捜査研究所の管理下にある 
(なにを研究しているのか、わかったものじゃない)
そしてドイツ(98年)の30~40万人分、フランス(00年)の約2万人分という状況

☆各国データベース化基準
英国_「拘禁刑で処罰可能なすべての犯罪により逮捕、留置された者」すべてが対象
微罪を含め、広範にわたり「一律採取」
米国_州により異なるも、有罪確定者からの採取が主流
ドイツ_裁判所が「重大犯罪」と認めた者(令状が必要)
フランス_性的犯罪、暴力、脅迫などの「再犯性の高い罪種」に限定
日本の漆間警視庁長官は、「一律採取には、英国流が望ましい」という見解

☆G8におけるDNAデータベースの共有
すでに03年8月にG8(カナダ、日本、フランス、ロシア、ドイツ、イギリス、イタリア、アメリカ)司法・内務閣僚会議において、G8間でのデータベース共有体制の組織化は合意されている
よって現在の誤認率である「1億8000万人分の1」の精度を高めるために、管理対象となるDNAの部位は、さらに増加するものと見られている

☆日本国内でテロが起こるであろう現実味
DNA採取一律化に向けて、もっとも有効な方法とはなんだろうか?
それはもちろん「国家的な大きな事件」の発生、すなわちテロなどの発生だろう
いわゆる「国家的緊急事態」において、「個人の人権」は二の次とでき、大量採取も可能となるからだ
こんなことを書くと「ハイハイ、ワロス、ワロス またお得意の陰謀説ですか」
などというひともいるだろうが、「陰謀というものの性質」がそうなのだから仕方のないことである
現代人は「陰謀」というとき、なぜかそこに「ネタ」的空気を感じるひとが多いようだが、
それはいわゆる「ネタ流し」という、これまたテレビ的陰謀(w)である作為的迷彩効果を
常にボクらがほどこされてきたためではないだろうか
陰謀論者は、どの時代においてもバカにされるようにできているようだが、なぜ「過剰なまでに」
バカにされるのかもすこしは考えておくべきだろう
テロ発生という悪夢の確率は、この正規データベース化施行によって大きく跳ね上がったとボク個人としては見ている それがいったい何者によるテロなのかも興味深いところだ
(為政者による陰謀なんてものは、いつの時代、どの地域を見ても枚挙に厭わないのだが、
それでも「自分のいま住んでいる国だけはちがう」と考える、ご気楽ゴン太くんのほうが
ボクとしてはよっぽど考えられないね)

☆日本総データベース化の可能性
とりあえず、なんだかんだいったところで「研究目的」の名の下に、警視庁がなんといおうが、
採取DNAの「不当分析」はなし崩し的に進むだろう
厳重管理なんてものは、非核三原則と同様にカンタンに形骸化するとみて、まずまちがいはないだろう
個人DNAの分析・データベース化による悪夢については、すでにリンクを撃っている9月20日付の記事で書いているのでここでは割愛するが、総データベース化についての可能性はすこし考えてみよう
長官はすでにDNA採取の一律化への野心を口にしている
一律採取の段階まで到達すれば、おそらくいままでは「いちいち交番まで連れてくるな」と
言われていた万引き学生なんかもみんな採取されるようになるだろう
ひょっとしたら、飲酒後の立ちションベンなんかでも連行・採取が適用されるようになるかもしれない
「一律化」とは、「微罪で採取可能」ということなのだから
(もちろん、この場合、微罪の追求が目的ではなく、「データベース化」そのものが目的なのだから、これらの軽犯罪もすべて「取り締まり」の対象となる可能性は高いとみて、まずまちがいはあるまい)
そして最も恐ろしいのは、「単なる容疑者」としての採取・データベース化である
近所でなにか事件が起こっただけで、みんなが容疑者としてカンタンに採取され、いつのまにか
コンプリート、なんてこともありえないとは言い切れまい
ほかにも微罪で採取可能になれば、「駐車違反」や飲酒時における「器物損壊」、最もカンタンな方法なら、警察官によるいやがらせ職務質問からの「公務執行妨害」誘発なんてのでも充分だろう
日本総データベース化にはとどかなくても、準データベース化くらいはその気になれば可能ということ

これは単なるボクの妄想といえるだろうか?
現実とは、常にボクらの想像を超え、悪夢的に邁進していくものである
ボクとしては、こういうことをほぼ秘密裏に容認・推進してきた与党を認める気にはさらさらなれない
今度の選挙、みんなにもこういったことも裏では行われているということを、すこしは留意しての投票をお願いしたいものである(*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-19 21:51 | ケイオス-フィリア
ヘヴィ・ユーザーはともかく、今度出たウイイレ9って、意外と得点パターンがつかめず
苦しんでいるひとが多いみたいスね
ということで、オラの得点パターンであるサイドアタックをば、すこし紹介

両サイドどちらでも、R1ダッシュでサイドを攻めるサイドアタッカー
R1で出るダッシュ距離の限界点に近い位置でR2を押しながら切り返す
これでだいたいついてきていたDFは、一瞬ふり切れるので、そこからR1なりR2なり、どちらでも良い
アクションを入れつつ、中へと切れ込んで、そのまま×ボタンでグランダーのパスを入れる
あとは点で合わせてゴールを奪うか、ポジショニングが悪ければ、R2でトラップ、反転フェイントを入れつつ、ポジション修正あるいはさらにエリア内でパスを繋いで活路を見出す
(後ろにちょこんと出してCMFのズドンも気持ちいい)

サイドからのセンタリングは、まだなんとなく感覚がつかめていないので、こちらのほうがオラは
得点できますね
もちろんどフリーでセンターに入れば、ふつうにセンタリングで決めますが

とりあえずド素人のオラのサイドアタックは、こんなとこかも
レヴェル5でも意外とこのパターンで得点できます
ヘタなうちは、いま流行りのチェルシー3TOPで練習すればいい
左右のWGにロッベンとライト=フィリップス、真ん中にグジョンセンかドログバでOK
(デル・オルノとエッシェンの加入もできればやっておきたいねw)
どうなのこれ? 上級者のひとはこんなもんじゃないだろうけど、とりあえず点を獲るにはこれでOKか
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-19 08:55 | ウイイレ

盗作なんてラララ~

<盗作?>篠原一さんの短編小説、既刊漫画と酷似

98年に既刊のマンガ「致死量ドーリス」と、篠原一が「すばる」に掲載した短編「19℃のロリータ」の
内容と文言が酷使しているんだとか
「~ドーリス」のほうは、ブックオフの100円棚でたびたび見かけることのできる、それなりに売れていた本のように思えるのだが、何度か立ち読みした感触では、それほど文学的に優れていたとはとても・・・

最近、こういうのが発覚するのって、かなりインターネットの普及のおかげがあるみたいだね
昔だったら有名になったもん勝ちみたいなところがあったけど、いまでは正確にこういうことは
露見するようになった
まぁ、こんな告発のネット利用は大いにありなんじゃないでしょうか

類似点_
(1)突然髪を切る
(2)何種類ものかつらをつくる
(3)体にはさみを刺して自殺未遂をする
(4)「この部屋のエアコンディションは快適だ」「中途半端に破滅型なの」といったセリフ

こんなのパクってどうする^^;
(自傷行為・ひきこもり方までひと真似? おそろしく興味の薄れる話だ)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-18 09:06 | ゴシップ・世俗系