逸脱せよ!


by amnesiac7

<   2005年 03月 ( 64 )   > この月の画像一覧

☆ジュビロ☆ 昨期1st 2位 / 2st 13位 / 総合 5位
今期はふたたび優勝争いを演じるだけの駒が揃った 昨期2ndの低迷も若手を育てる意味ではプラスに働いたはず 問題があるとすれば・・・
(理想スタメン 3-5-2 2ボランチ)
川口 開幕直前、よもやの骨折で出遅れる守護神 だがシーズンを通しては不動でありキーマン
鈴木 30歳だが未だそのスピードは衰えず 今期は激戦区となるCBだが生き残りたい
田中 地味だが最近では代表にも定着 ジュビロでもセンターを張るクレバーCB
茶野 今期ジェフより加入したCB ジュビロでもスタメンを勝ち得そうだ
福西 そ知らぬ顔して相手エースを平気で削る殺し屋 高い身体能力で攻守の要となる
菊池 まだまだ若いがその実力は充分 名波からポジションを奪うのは今期の至上命題だ!
西 昨年はケガ持ちの印象で終わった 今年カレの復活はジュビロが優勝争いするのに必須要項
村井 ジェフより加入のセンタリング・マシン ジュビロに足りなかった左サイドからの攻撃を担う
前田 そろそろ藤田を超えなければ困る選手 もうすこし全体を大きく見る視野がほしい
グラウ 昨年、不遇を囲うも残留 今年もビミョーな起用になりそうだが腐らずにがんばってほしい
チェ ジュビロ待望のポストプレイヤー 村井とはすでに連携が取れ、活躍が必至のコリアンタイガー
(サブ)
金 20歳だがすでに韓国代表として活躍するCB シャイボーイらしいのでチェの協力が必要か
服部 今期はトゥルシェ時代のようにクローザーとして活躍しそう バック、ボランチをそつなくこなす
名波 慢性的な軸足不良からフルシーズンは戦えないだろう おそらく当面はスタメン起用だが・・・
川口 スピードスター 近年ではサイドアタッカーとして定着しつつある 流れを変えられる選手
藤田 今年もスタメン起用だろうが衰えはどうしても隠せない サブ起用ならおもしろい存在
成岡 ポスト藤田は前田よりもカレか ポテンシャルの高いセンス溢れる20歳
カレン まだ成長途上にあるイケメンアタッカー 今期はFWオンリーでがんばれ!
ゴン 今期、ふたたび調子を上げてきている隊長 頭の下がる大ベテラン 
(総評)
問題があるとすれば、山本監督の采配である 果たして私情を交えずに血の入れ替えを断行できるかがカギとなるだろう 若手も充実し、ふたたびの黄金期ももちろん絵空事ではない
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-02 13:39 | サッカー
☆エスパルス☆ 昨期1st 11位 / 2st 10位 / 総合 11位
ゴルゴ新体制のなか、例年にない有効な戦力補強に成功! 今年のエスパはサイドアタックを標榜しているが、それに見合う戦力が揃った いよいよ反撃の時が来たのかもしれない 
(理想スタメン 4-4-2 2ボランチ)
西部 昨年、レッズより移籍し、レギュラーを掴んだ 今年も守護神はカレ
市川 今年からサイドバックに戻り、ふたたび輝くことができるだろうか 期待!
斉藤 代表経験もあるクレバーなCB 計算のできる優れた選手
森岡 トゥルシェ時代は代表でも中心を張ったCB 正念場となる今年は気合充分!
山西 ジュビロではシステムに合わず苦しんだが、今年はエスパでのびのびプレーできそうだ
杉山 ボクはよく知らないが、けっこう良いセンスを持つらしいレジスタ エスパファンの期待は熱い
伊東 マイアミの奇跡も今年で32歳を迎えるベテランに 依然として中心となれる選手である 
佐藤 昨年は王者マリノスで不遇を囲ったが、今年はエスパで活躍必至の右SH FKもいける! 
チェ 彼が機能すればエスパは大化けするかもしれない 注目される大物コリアンタイガー!
久保山 なかなか良いところで仕事をするFW 複数のポジションもこなせるようになり重宝な選手
チョ 昨年は2ndステージからの加入で見事大活躍! 今年更なる飛躍をめざせ!GO!GO!
(サブ)
ロジェーリオ 長身ながらスピードもあるというCB スタメン争いに勝ち残れるか
沢登 御歳36歳の大ベテラン さすがに運動量は落ちたがそのキックはいまだ一線級だ
太田 今年はスタメンからはぶりそうだが、後半から出てきてもおもしろい存在 スピードあり
平松 沢登の後継者と目されるが伸び悩んでいる 今年こそひとつ突き抜けられるか?!
(総評)
各ポジション、バランスよく良いメンバーが揃ったが選手層はまだすこし薄い 特にチョが抜けた場合のFWには難あり だがやはり今年のエスパは一味ちがうだろう なんせモミア・・・(*- -)(*_ _)ペコリw
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-01 22:19 | サッカー
ひさびさの新企画です 記念すべき第1回目は『社会派・ヒューマン編』です(*- -)(*_ _)ペコリ

『あっかんべェ一休』
天才・坂口尚が魂を注ぎ込んだ長編マンガ 破戒僧と呼ばれた一休宗純のまっすぐな生涯を描いた秀作である 一休宗純というと、アニメの『一休さん』を思い出すひとも多いだろうが、これを読むとアニメ『一休さん』がいかに表層だけをなぞった薄っぺらいものだったかもわかる 破戒僧と呼ばれるようなその破天荒な行動も、おそらく深く深く道を突き進んだゆえのことだったのだろう 世の中の虚栄や欺瞞など吹き飛ばし、本質のみを追及した一休のその姿、AMNESIacです!(『巧です!』風でw)
己自身を疑え 世界を疑え・・・・・・
そして己を信じよ! 雲のごとく定まる処なく 水のごとく流れてゆく・・・・・


『石の花』
同じく坂口尚 第二次大戦下のモザイク国家ユーゴスラヴィアを描いた大作 『あっかんべぇ一休』と同じく、ひとの内面の奥深くをえぐる坂口の圧倒的な表現力がここでも見事に開花している その画力も秀逸で、手塚治虫が嫉妬した(と同時に全幅の信頼を寄せていた)のも十二分にもうなずけるだろう
最終巻、ドイツとの戦争はついに終結するが・・・クリロ・ペートが最後に見たその景色には、いったい何が映ったのか・・・
・・・ブ、ブランコ あんたが 前いっていた通りだ 敵はドイツ兵だけじゃない・・・!!
敵は・・・・・・・・


『カムイ伝』
カムイ伝というとみんなは、むかし再放送なんかでやっていた「忍者もの」のアニメ『カムイ外伝』を思いだすんじゃないかな でも実のところカムイ伝は3部作で、アニメとなったのは第2部だけだったりする
第1部の主人公は下人から農民となる正助、第2部が忍者カムイ、第3部に武士の竜之進を配し、さまざまなアングルから当時の社会状況を描いた大作である
さまざまな圧政と戦う農民たち それよりも下におかれ、農民にすら蔑まれる非人たち その権力の上であぐらをかく権力者  
この歪んだ階級社会にたち向っていく各部の主人公たち 燃えますよ、これ!
第1部21巻、外伝20巻、第2部22巻(未完のまま)からなる読み応え充分の超大作です


さてさて、いかがでしたでしょうか?
はたしてダレか、この紹介で「読んでみようかな」なんて思ってくれたひとが、ひとりでも・・・w
短期集中連載の予定ですが、これ以降もちょいちょいやっていこうかとは思います
ちなみに今後のラインナップは・・・
スポーツマンガ編専門職業編青春だなぁ学園モノ編燃え上がれ男たち!編 and more なカンジです! 乞うご期待?!w

c(.д.c⌒ってか他のブロガーたちもやってくれよん、この企画!w
みんなの共同企画とかにならんかね~

[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-01 20:44 | まんが王

俊輔の高速FK!

< 「何てゴールだ」俊輔高速FK弾に絶賛の嵐 >
例の早く小さく曲がるFKですよ、これっ!
最近、TVでニュースをあまり見ないのでまだ未見だったんだけど、
こちらのブログで動画が置いてありました 
何日かで消すらしいのでまだのひとはぜひ!(小野のバイシクル付き!) (*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-01 13:14 | サッカー