逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2005年 01月 ( 65 )   > この月の画像一覧

紳助の目が・・・

島田紳助の目が死んでいた・・・
さっきひさしぶりにTVで見かけた
毒気も9割減の印象・・・
やったことはともかく、なにやら切ない印象だ・・
TVというメディアは、そのひとの心象を容赦なく映し出す すこし同情してしまった・・・
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-21 20:32 | ゴシップ・世俗系
当ブログを閲覧されている一部の方々への疑問_

ブログとは、新聞やTVなどのマスメディアと並列して捉えなければならないものなのであろうか?
最近、記事に対するコメントなどを見ていて、しばしば考えさせられる
新聞やTVといったものならば、ある程度、本人のその意思とは関係なく、日常、目に飛び込んでくることが多い
チャンネルを回したり、街を歩いていて、ふと見出しが目に入ったり・・・
しかしブログの閲覧は、当人の意思にほぼ委ねられている
見たくないもの、見る気の起こらないものを目に入れない これは至極簡単なことのはずだ
ボクの書く記事を不愉快だというひとがいる そう感じるのは一向に個人の自由である
だが不愉快というひとは、何のためにわざわざこのブログを見にくるのであろうか?
もちろんボクがわざわざ宣言するまでもなく、このブログには、マスメディアのような大きな影響力もなければ、伝播力もありはしない
全くもって取るに足りない一個人の声ではないのか?
このブログで書かれている社会的な属性の記事は、主義や思想といった仰々しいものではなく、単なる思考・私見の擬似内証行為の記録でしかないのだから

そのそもブログとは、気の知れるなんとなく趣味の近しい連中が集まって、勝手にワイワイできる息抜き代替コミュニティではなかったのか
たまたま不可抗力で迷い込んでしまい、ついでに反対コメントを書き込んでいくのは十分に理解できることだが、接点がないことを解っていながらも、幾度となく訪問される方というのは、いったいどう行った心理で毎度訪れられるのであろうか?
よもや、他人の思考にまで口を出さずにはおられないアメリカ政府のような、秩序の検閲官気取りだとでもいうのであるまい?
ボクは本人的にはバランス志向者、世間一般でいえば天邪鬼な性格であり、社会が右といえば左を向き、左といえば右を向くというような男だ
ボクの書く記事を左翼的だというひともいるが(左翼と断定するひとすらいるがw)、もしそう映っているとしたら、それはボクの皮膚感覚が世間を片側(右)傾化していると捉えており、その反証的意見の提示が左翼的に見えるのだろう
本人としては左翼的なつもりはさっぱりなく、次に世間が左傾化する兆しがあるというのならば、今度は右翼的に映る発言をおそらくするだろう
ボク自身は単なるバランサーのつもりであったりするということだ 
(詳しくは前記事のコメント欄で述べているとおりです 起き抜けのカキコなので文章力は「?」だが)
何人の介入も許さないが、何人への介入も望まない 
いわば一匹狼というのが、おそらくボクなのだろう

この国を愛し、繁栄を願う心には、いろいろな種類のアプローチが個人個人にある
よもや自らが住む国の繁栄を願わない者がいるであろうか?
だが、繁栄の理想像の在様もやはり、個々人大きくちがっているらしい
ボクが望む理想像は、ダレも切り捨てられることなく過ごせる社会だ
それは右翼や左翼と呼ばれる極端なひとびとも「全て入れての社会」である
ダレかを切り捨てて突き進む社会 簡単な発想にはボクは賛同しかねる ただそれだけのこと
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-21 18:11 | 断想
右翼、或いは左翼になる簡単な方法
愛国者、或いは非国民になる簡単な・・・

ひとを左翼だと非難しさえすれば、そのひとは自らが右翼であることを無言のうちに宣言できる
ひとを非国民だとなじりさせすれば、そのひとは愛国者である証を得る 逆もまた然りだ
簡単なことだ 二元論者にはこれで十分なのだろう
思想は二元論では語れるものではないが、思想を語りたがるヤツは往々にして二元論者なのだから
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-20 20:43 | 雑記・雑感
b0006096_1274737.jpg< ドイツU21代表がエッ!イラン代表になる >
カイザースラウテルンは19日、MFザンディ(26)がイラン代表でプレーすることに合意したと発表した。イラン人の父とドイツ人の母を持つザンディはU-21ドイツ代表の経験がある。「イラン代表でW杯アジア最終予選を突破したい」と話した。2月2日の国際親善試合、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(テヘラン)でデビューする予定。

国際試合に出た経験のある選手が他国の代表としてプレー、これのOK例が出たのならジャパンもエメ太郎投入行こうゼ!!_て、エメ太郎にはまだ日本国籍の取得許可すら出てなかったや・・_| ̄|○
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-20 12:13 | サッカー
b0006096_1947094.jpg「ふたりのスター選手のプレーを合体できないかと考えたんだ。ペレとガリンシャのいいところをね」

またまたニッカンスポーツの今度は裏一面から・・・
なんといまをときめくロナウジーニョの必殺技のひとつ『エラシコ』は、コリンチャンス時代のセルジオ越後によって作られた技だった
当初、この必殺フェイントにチームメイトたちは「なんだ!その蛇みたいな技は!」と驚愕し、内転筋を酷使することから『内転筋危険技』と呼んでいたらしいw
その後、国内リーグでもバシバシ決めていたらしいが、世界発信は当時チームメイトだったリベリーノにマネされ持っていかれたとか
68年、マラカナンスタジアムでのドイツとの親善試合で、かの皇帝ベッケンバウアーに尻もちをつかせ、センセーショナルを巻き起こしたそうだ
解説でのセルジオしか見たことのないひとたちなら、「どうせセルジオの虚言だろ?」というかもしれない しかし、このおっちゃん、実はハンパない超絶テクニシャンだったりする 一度でも何かでそのプレーを見たことのあるひとならば、「セルジオならやむなし・・・」というだろう
・・・だが、それにしてもエラシコとは!!w (※エラシコはポルトガル語で「輪ゴム」の意)
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-19 20:03 | サッカー

☆北朝鮮代表戦力分析☆

b0006096_19162292.jpgきょうのニッカンスポーツ一面に、こういうタイトルの記事がおどった
『30m砲がいた 北朝鮮 低い弾道 ロベカル級』
シンガポールのクラブと北朝鮮代表の練習試合を扱った記事だが、これは北朝鮮代表の特徴を垣間見た貴重な情報ではないだろうか

この日の北朝鮮代表のシステムは3-5-2
トップに180cm前後のポストと小柄なシャドー
中盤右に快速サイドハーフと30m弾のボランチ
3バック右に攻撃参加型、センターに長身、左は守備に専念
というスタイルだった
しかし、本番は安や李のことばを信じるなら、おそらく4-4-2で中盤をダイヤモンドにしてくるだろう
トップ下にサンフレッチェの李、右に快速サイドハーフ、左にグランパスに行く安、そして長距離砲を持つボランチで中盤を形成し、この日の左SH(プレスキッカー)はバックラインに入ると見る
安も李も元来はボランチをこなす選手だけに、そのプレッシング能力にも注意を割く必要があるだろう

最近、「実力では日本が上」ということばをよく耳にするが、それはそのとおりだろうが用心は必要だ
おそらく日本代表の選手たちも個々人では、細心の注意とモチベーションをもって臨むだろう
しかし、W杯予選の重要な局面においては、さらにその上にチームとしての共通の危機感を乗せることが絶対不可欠だ
なんせ相手はアウェイであり、しかも相手が日本ということで、イヤが上にもチームとしての団結力を固くして向ってくるのだから 
サッカーはチームスポーツだ いくら実力を持っていてもチームとしての結束が薄ければ、ひっくり返されてしまう可能性すらある競技
日本代表には、アジアカップのとき、大敵地で戦ったときのような結束力がふたたび必要となる
ホーム&アウェイは初戦が肝心!ぶちぎって行こうぜーっ!!
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-19 19:41 | サッカー
b0006096_2041875.jpg平山相太の特別強化指定が、どうやらジュビロで決まりそうだ
やまもっちゃん、兄貴分のキクチくんのいるジュビロを選んだそうだが、ジュビロのFW陣といえば・・・
ゴン中山、チェ・ヨンスを筆頭に、前田、カレン、西野、川口、そしてまだ去就の決定しないグラウなんかも・・・
がんばってほしいのはやまやまだが、ジュビロでちゃんとした出場機会なんてあるのだろうか?

・平山、磐田山本監督の下でJデビュー
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-18 20:48 | サッカー
b0006096_11383548.jpgマスコミ・世論をいつもどおりの二手に分けて行われていたNHK番組改変疑惑論争も、どうやらこれでひとつのカタがつきそうだ
本日付の朝日新聞朝刊・社会面で、12日にこの問題を最初に紙面にする前(10日)にとった中川昭一・現経済産業相との事前インタヴューが掲載された
この電話でのインタヴュー内容が、朝日新聞による捏造でないのならば、NHKと自民党との明白なつながりが明るみとなったこととなる
と、その前にNHKから朝日新聞に宛てた抗議文の要点をおさらいをしておくとしましょう
_松尾氏は中川氏とは一度も面会していない野島氏が中川氏と面会したのは放送から3日後なので、放送中止を求めることができるわけもなく、番組の趣旨を説明しただけだった。両氏には事業計画の事前説明のためNHKから出向いた。番組は通常の編集であり、改編ではない (公式声明)

・中川昭一氏との一問一答 NHK番組改変問題
 取材当日、記者は中川氏が出張していた長崎県に出向き、同氏の秘書に連絡。2度にわたって取材内容の確認を受けた後、中川氏側から電話で連絡があり、そのまま取材となった。一問一答の要旨は次の通り。
 
 ○放送内容がどうして事前に分かったか。
 「同じような問題意識をもっている我々の仲間が知らせてくれた」
 ○それで放送直前の1月29日に、NHKの野島、松尾両氏に会われたわけですね?
 「会った、会った。議員会館でね
 ○何と言われたのですか。
 「番組が偏向していると言った。それでも『放送する』と言うから、おかしいんじゃないかと言ったんだ。だって(民衆法廷は)『天皇死刑』って言っている
 ○「天皇有罪」と言っていましたが
 「おれはそう聞いた。何をやろうと勝手だが、その偏向した内容を公共放送のNHKが流すのは、放送法上の公正の面から言ってもおかしい。向こう(NHK)は教育テレビでやりますからとか、あそこを直します、ここを直しますから、やりたいと。それで『だめだ』と」
 ○(NHKは)どこをどう直すと?
 「細かいことは覚えてはいない
 ○放送中止を求めたのですか
 「まあそりゃそうだ
 ○報道や放送への介入にあたりませんか。
 「全然そう思わない。当然のことをやった
 ○NHKの予算は通さないとは言われた?
 「向こう(NHK)の方が『こういう大事な時期ですから』って言ってきた。それで、おれが『予算の時期だろ』って。おれは(自民党の)部会でも、こんなNHKの予算は通すべきではないという趣旨のことを堂々と言っている
 ○放送内容は放送法に違反すると?
 「違反する
 ○(番組は)元のものと比べてよくなった?
 「よくなったんだろうけど、元がよく分からないから。しかし連中も、そんなもん毅然(きぜん)として拒否したらいいじゃないか。その方が筋が通ってるんじゃないの?

この掲載文は要旨とされているが、朝日新聞による改竄や歪曲が大部分において成されていないとすれば、今回の問題のもっとも重要な論点は、これで決着となる
このインタヴュー内容をおおよそ事実とするのならば、NHKは事前に中川・安部両氏と接触していたこととなり、「松尾氏は中川氏とは一度も面会していない」というNHKの主張も虚偽ということとなる
そして番組内容の再編集要求・放送中止の示唆があったこともたしかだ
しかも、「連中(NHK)も、そんなもん毅然として拒否したらいいじゃないか。その方が筋が通ってるんじゃないの?」という言葉も極めて重くひびく・・・

今回のマスコミ各社による論調は、NHKと自民党との黒いつながりを主張する勢力と、最初から泥仕合に持ち込もうとする(論点ずらし、介入の正当性を謳ってみたりする)勢力とのまっぷたつに分かれた
しかし、各新聞社の思惑・主観(真実の領域)を削ぎ落として、事実だけを見つめるのならば、
中川・安部両氏とNHK幹部は、1月29日に会談し、その接触のなかで(目的は別においても)番組への言及はたしかにあった_ということに集約されるだろう
各新聞社の思惑をすべて排除し、事実のみを見つめたとき、そこになにが残るのか
そこで初めて読み手にとってのこの事件の正確な解釈が生まれるはずだ
これは異常な事件だ、これは正常な出来事だと判断するかは、すべてボクらに委ねられている・・・

※すべてはこの朝日新聞の掲載する事前インタヴューの信憑性にかかっているという前提もお忘れなく 電話でのやりとりのテープなどが残っていなければ、今回の事件はいつもどおりこのまま闇へと消えるだろう・・・
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-18 12:35 | ニュース
< 『また幼い命が…』 小山の乳児の頭部発見 >
17日朝、小山市出井の製造会社・扶桑金属工業の駐車場で、生後間もない乳児の頭部が見つかった
各社この事件記事を取り扱っているが、注目なのは一社だけ憶測で独奏するサンスポの記事だ
この記事の予想によれば、赤ちゃんは付近に捨てられた後、動物に漁られ、食いちぎられたらしい
赤ちゃんは生後2-3日前後ということで、育てていく自信のない親が捨てたのだろうか
こういった場合、なぜ親たちはこどもを施設に預けるなどの発想を持たないのだろうか?
施設にこどもをあずける行為は、社会的な一種の烙印であり、自らのプライドを著しく傷つけるとでも?
事故か?恥知らずなのか?時代はふたたびドコへと向っているのだろうか・・・
小山では、昨年も幼い兄弟殺害事件があったばかりだ

・駐車場に乳児の頭部、捨てられて動物に食いちぎられた?
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-18 08:53 | ニュース
昨晩は、まれな運動(4時間の散歩)をしてしまったため、なかなか寝付けず、寝床であれやこれやといらぬ空想・妄想をしてしまった
その幾片かの空想なかで、最悪なシミュレーションがひとつ生まれた

05年たる今年は、06年ドイツW杯アジア地区最終予選が行われる
まず、さいたまでの北朝鮮代表戦を皮切りにスタートするわけだが、日本に住む者ならダレしもが認識しているとおり、北朝鮮と日本の国交は現在、異常な緊迫状態にある
いくらスポーツと政治は別だと言ってみたところで、このまま行けば、アジア杯での中国のスタジアムよろしく、さいたまスタジアムも異様な雰囲気に包まれる可能性は決して低くない状態なのではないだろうか(そうならないことを切に願いたいが)
そんな推論を重ねるうちに、ひとつの最悪な仮想ケースがアタマによぎった・・・

両国の国家斉唱から異様な雰囲気に包まれるスタジアム
試合は、選手たちにも異常な緊迫感が強いられ、双方が決め手を欠く展開となる
北朝鮮の選手は引き分けでも良いため、途中からゆっくりとプレーしだす・・・
強度なストレスにさらされる日本代表のサポーター
そんななか未曾有の災禍の引き金となる物体(ペットボトルなり、発炎筒なり)が、北朝鮮代表を目掛けて、フーリガンから投げ込まれる(相手チームに対して物を投げつける者は、自称・サポーターであっても、けっしてサッカー・ファンと言わない フーリガンこそ適切な表現だろう)
被害を受けた北朝鮮の選手は、大げさに(主観の領域となるが、この国のメディアはそう表現するだろう)うずくまり、のた打ち回るだろう
そうなってしまえば、日本代表がそのあといくら頑張ってスコア上の快勝を収めたとしても、アジアならびに国際サッカー連盟からは厳罰が下されてしまうにちがいない
そう、勝ち点の喪失だ
しかもそれは、単純に勝ち点3が剥奪されるだけでなく、相手チームにその3が加えられ、最悪の場合、以降の試合にもその裁定は及ぶかもしれないのではないのか・・・

最悪のシミュレーションだ 思わずゲロを吐いてしまいそうな
ボクは純粋にサッカーが見たい 国の代表選手同士がその選抜された誇りをかけての真剣勝負
ナショナル・チームとは、その「国・地域」によって選ばれた代表であり、なにも「国家・国政」まで背負って戦う必要はドコにもない そういったものは元来スポーツとは無関係のはずだ
それでもやはり国家は背負うものだ、というひとたちはいる
しかしそのひとたちが望んでいるものの正体とはなんなのだろうか?
ボクらの代表選手たちに、スポーツとは別になにかくびきとなる足枷の装着の義務を望んでいるのだろうか?

この想像は悪夢だった
しかし、こういったことが起こる可能性は、決してないと言い切れないどころか、十分にありえることだ
ボクは純粋にサッカーが見たい そして我らが日本代表がなんら恥じるところなく、快勝を収めることを切に願っている 日本代表の誇りは、ボクたち自身も担っているのだ 
相手がどうこうではなく、自らが完璧なる自制をもってしっかりとした応援のスタイルを貫くべきだ
(もちろん北朝鮮代表選手も北朝鮮という国家のヘマまで背負う必要はドコにもないし、強制できない)
もし、こんなことが起これば、日本は世界中から、中国と同じくフーリガンの居住地域と見なされても言い訳ができなくなる
それこそ一生、死ぬまでうなされる悪夢となってしまうだろう
アジア杯での異常な雰囲気にある種の高揚感をおぼえたひとは少なくないだろうが、高揚感の正体を履き違えず、今度は冷静になって試合を見る目がすこし必要となるのではないだろうか
ボクらは、悪者扱いを受けるには耐えられず、ただ純粋にサッカーを見たいのだから・・・
平穏無事な快勝のみこそ、ボクは切に願う それ以上のオマケは、今回はいっさい求めない
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-17 13:12 | サッカー