逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2004年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧

< 閣僚3名、終戦記念日に靖国神社を参拝表明 >

全くもって、たしかに終戦記念日間近ではあるが、このタイミングで「公的」に閣僚3名が参拝表明せんでも・・・。
それにまだ表明はしていないが、内閣からの参拝者はさらに増える模様・・・。

いったいどうしたいんだ?日中関係?
小泉のバカチンは、靖国参拝とアジアカップでのブーイングの因果関係を、「関連づけたいひとがいるだけだ」とかホザいてたし・・・。
おもいっきり、中国の観客で不快感のコメント述べていたひとたち、けっこう見たけどw

とりあえず、この2国間の関係は、「国」というレヴェルでは、仲良くよりも敵になることを望んでいるみたいだね。
だって、領有権を争っている尖閣諸島の地下には、とんでもない量の石油が眠っているんだもの!w
なんでも、日本の現在の負債を帳消しにしても、さらに倍くらいの原油資産が見込まれるとか^^;
そりゃ仲良くできないし、させたくないだろうね、両国政府は!(アホ)

今回のアジアカップの騒動も、国家レヴェルでは、この石油問題だけに集約されていると思う。
ヽ( ´¬`)ノ国にとっては、おカネにならない過去のことなんて、ホントはどうだって良いにちがいないんだから。
民間人の気持ちなんてどうだっていいのさ~(爆
大衆なんて、みんな阿呆で、なんとなく雰囲気作りさえすれば、なんとでも操作できると思われてるんだぜw
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-10 20:36 | 日中問題
< 9日、福井県の美浜原子力発電所で事故があり、4人が死亡 >

Σ@@;ビックリした!!8日に敦賀は食見浜に行ったばかり!
道中でこの美浜原発を見たとき、「ここがかの有名な原発銀座の一翼か」などと言っていたばかりだったので、本当に驚いた・・・^^;

事件は、3号機のタービン建屋の配管が破裂し、高温の水と蒸気が噴出し、4人の死者と多数の重傷者を出したとか。
国内の原発事故では、過去最大の被害らしい。

原因となった配管は、昨年の段階ですでに業者から点検の指摘を受けており、今回はその点検を行う直前での事故となった。

_しかし何より、今回問題なのは、この定期点検を行う際、「かならず原子炉を一度停止しなければならない」という義務を怠ったところにある。
関電の発表では、「あくまでも定期点検の準備の段階であり、決して前倒しなどではない」という「?」なコメント。
いい加減、ひとの生命に関わる危機管理に、無神経すぎる日本の業者の感覚にはヽ( ´¬`)ノである。

これは、事故なんかではなく、立派な殺人だと思いますよ。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-10 18:54 | ニュース
< 大会総括_日本代表 >

先週の土曜、2004アジア杯が日本の優勝で閉幕した。
テレ朝のイマイチなキャッチコピー「ゼッタイに負けられない闘い」が、その言葉のとおりとなった大会であった。

中国の各会場で鳴り響く、政治とスポーツを混同した、日本代表チームへのブーイング。
こういう闘いでは、最後に1回だけ負けたとしても、なにかしら「ブーイング屈した」というイヤなイメージが残る。
ゼッタイに負けてはいけない大会であった。

日本代表チームは、本当に精神的にたくましくなった。たとえば・・・
・中沢の果敢なオーヴァーラップ
・中村のレヴェルの違うキープ力と戦術眼
・宮本のようやく発揮された本当のキャプテンシー
・川口のあまりにも冷静な精神力・・・。
ほかにも細かいとこをいえばキリがないが、日本代表は世界屈指のタフな精神力を手に入れたと思う。
(そういえば、ベストイレヴンに選ばれた選手も、やはり上記の4人でしたね。今大会のテーマとなった精神力が評価基準となったのかな)


< 今回の中国の観客をサポーターと呼ぶべきではない >

今大会でブーイングを繰り返していた観客たちをサポーターと呼ぶべきではないし、混同しないほうがよい。
カレらは、サッカーファンではなく、あくまでも「(サッカーに関して)外部の人間」である。
英国のフーリガンをサポーターと呼ばないのといっしょで、カレらは外部の人間であり、サッカー観戦時においては気に留める必要もない。
ちょうどテロによって意見を発信する行為と似ているが、対話という手段を放棄している点においては、テロリストよりも始末が悪い。
中国と日本の現在の状況においては、テロリストとアメリカとのそれよりも、はるかにも対話の機会は存在するのだから。
(まぁ、中国市民からすれば、何度勧告してもムシし続ける、小泉の靖国神社公式参拝など、対話は日本側から拒絶されている風に映っているだろうが・・・実際そうだし_| ̄|○ 小泉のボケ!)

これを機会にもういちど真剣に話し合おうぜ!今後の関係も視野にちゃんと入れて。


< 決勝、中国 1-3 日本>

試合内容は、素晴らしかった!
福西のヘッドで先制し、一時は李明のすばらしいゴールで追いつかれるも、中田浩二のゴールで2-1(手によるゴールではあったが、アレは「ゴール」である。アレに‘いちゃもん’をつけるひとは因果応報ということばを知らない)、そして中村からのビューティフル・スルーパスをしっかりと(最後にGKをかわし)決めた玉田で終幕。
歓喜の渦、大団円である♪

しかし、準決勝時から特に言われ始めた「最後は中国をぶっとばして優勝しよう!」という、日本サポーターたちからの声には「・・・」であった。
中国の観客にヤラれたブーイングを、「中国代表を倒すことによって、カタルシスで獲りかえしたい」という感覚は、すこしばかり危険である。
これもまた、向こう側の勘違いな行為をそのまま受け止めた、誤用した感覚である。
サッカーはスポーツである_これがすべてだ。

※補足_韓国も日本と同様にブーイング受けていたらしいよ。この点に関して、ほとんど報道しない日本のマスメディアの感覚にも「・・・」である。これを流すと、日本が受けているとされた「反日感情」というわかりやすい像の説明がつきにくくなる、ということからの作為が感じられる。


< 純粋な総括 >

とにかく日本代表チームは、素晴らしい試合を魅せた大会だった。
見ていて清々しく、とくに準々決勝、準決勝は最高のカタルシスを試合だけで感じさせていただいた。
「感謝ーッ!!」である。
 
今大会は、いろいろなことを考えさせられる大会であったけど、本当にテンションが上がる楽しい試合が多かった。
サッカー万歳!フットボール・イズ・マイ・ライフ!!である!!

(それにしても、オレの文章力って、「本当に」とか、同じ接続詞が多いとか、ボキャブラリーの少なさを痛感させられるw ぁ、「それにしても」も多いなぁww)


※今大会中、いろいろなサイトを検索していて、たまたまダバディさんのブログを発見したのは、もうけものでした。
こういうある種のオピニオン・リーダー的なひとが、リベラルな公平な意見を書き綴っていただけるのはありがたいことです。
最初に発見した日のブログはこちら
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-09 13:50 | サッカー
<海のバベQ そして・・・>

昨日は、海にバーベキューに行ってきました♪
午前3時に出発して、帰宅は午後10時前。車で往復9時間、睡眠は行く前に2時間半・・・。

しかし、ひさびさの海はありえないくらい楽しかった♪
当初、バベQがメインで「泳ぎたいひとだけ水着を持ってくればよい」といってので、ボクは手ブラで行ったんだけど、来ていた他のメンツは全員持参!w あわててボクも近くで購入し、いざ海へ・・・。

泳ぎだして3分、いきなり腕が重くなる!w
ボクが以前に海にきたのは、いったいいつのことだったろうか?
海は魔物の巣窟ですw
腕が重かろうが、おかまいなしに遊び続け・・・全身火だるまのような日焼けをw

オトコだけ7人で海に行くと、すぐに始まるのはプロレスごっこw
(当初参加予定は11人、2組のカップルは都合で来れなくなった・・・て、そりゃこんなテンションの友だち、カノジョには見せたくないわなw)
投げるのも、投げられるのも、ひとりあたり20回くらいやったか。
よくもまぁ、ダレも足をつらなかったことであるw

そしてオトコのバベQには、の文字しか存在しないw
よくもまぁこれくらい、肉、肉、肉のオンパレード。唯一摂った野菜といえば「チシャ」くらいか^^;

とにかくたのしかった!!
すこしだけ残念だったことといえば、行った浜が完全にファミリー層だけで、かわいいキワドイ水着のおねぃちゃんがいなかったくらいかなw
とにかくたのしかった!!

教訓:ふつうの肌に日焼けだど、肌はこんがり茶色くなりますが、白い肌に日焼け(しかもサンオイルなしw)だと、肌は全身火だるまの真っ赤になりますw
油断しすぎたw ひさびさすぎてw


※行った浜は、福井県は食見浜。良い浜です。バベQには打ってつけの木陰もあり、超オススメ!
行ったメンツは、みな中学時代の同級生。うち2人は中学以来の対面で、なかなか感慨深いものが。
175cmのボクより小さかったのは、たったひとりで、まわりから異様な集団だったかもねw
(どっかの大学の体育会系のクラブと間違えられてるかも みんなカラダが異様にゴツかったしw)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-09 12:32 | 日記
< 「民度が低いからしょうがない」 >

石原慎太郎の阿呆が、またやりました。

本日付けの朝日新聞朝刊で、中国人の観客たちによるブーイング行為を
「民度が低いんだからしょうがないだろうね」
と6日、記者会見で発言したとか。

さらに
「ああいう独裁政権というものが、自分を維持していくためには、仮想の敵を作らなければならない。それが結局日本ということになっている」
と言い放ったうえ、
「やっぱり中国は反省すべきだろうね。自分たちが墓穴を掘ることになると思いますよ」と・・・。
ヽ( ´¬`)ノこの男ときたら、ホントに・・・
すでに論点がズレているうえ、自分の都合よく、今回の中国人観客を「中国すべて」と断定した表現・・・
この男、そのむかし、芥川賞も受賞したことのあるゆえ、「ことば」に関しては、プロである。
無論、今回も意図的に中国をおとしめるために、一部の日本人を焚きつけるために、ガソリン注入である。

石原慎太郎は、対話拒絶型の筋金入りのナチである。
やれ「国際交流」だ、やれ「国際都市」だといったところで、こういう男に投票する東京という都市のひとたちは、やはり「政治的民度が極めて低い」としか言いようがない^^;
たしかに行政において、独断専行型の人間のほうが、改革は進みやすいだろう。
しかし、外部に向けて発信するメッセージ性において、ここいった男を頭に据えるということは、
「我々の愛すべき東京は、外部からの侵入を一切許さず、鎖国の状態を切に望む!」と無言で言っているようなものである。

東京都民のみなさんには、次回の都知事選においては、こういった側面についても留意していただき、投票していただきたいものだ。(_と大阪人は言ってみる)


< 泥棒を見たら警察と思え? >

近年、全くをもって、日本の警察機構は腐敗しきっている。

ここ1週間だけでも、
・兵庫でも親族8人殺傷事件の以前からの対応の甘さ
・草加市の警察署前での暴行を、助けを無視し、傍観および事実隠蔽
・警察女子寮からの下着窃盗
・ビデオ試写室でのビデオ50本窃盗
などが明るみに・・・_| ̄|○

しかし、果たして警察官の腐敗は、いまに始まったことであろうか?
逮捕率などにおいても、「防犯強化週間」など、捜査の目を細かくすれば、検挙率が上がるのは自明で、
ひょっとすると現在の警察官の不祥事の発覚続発は、民間の監視する目と、情報力の向上のためではあるまいか?

すべてのものは、いきなり腐敗するものではない。
かつては、バレなかったから、それでOKであったというだけでは?

そういえば、調査書、検挙率、捜査費用などの操作も今年は(も?)発覚しまくったねw

警察は、捜査ではなく「操作」、捜索ではなく「創作」、逮捕ではなく「退歩」を主の業務とするお気楽な職業公務員であったのかぁ♪オレもなっときゃよかった(ぉぃw
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-07 12:14 | ニュース

きょうはけっこう~♪

<きょうは、けっこうブログの肉付けに精を出し、だんだんこのページも良いカンジになってきました♪>

お気に入りリンクの欄に、有名人のブログを数件加え、ライフログなるものも追加。
ついでにメインページの写真もようやくアップ♪

そして初めてトラックバックなるものにも挑戦!
お相手は、トゥルシエ前代表監督の通訳をなさってた、フローラン・ダバディさんのブログ。

トラックバック効果で、本日は本ブログへのアクセス数も倍増しますた^^v
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-06 22:44 | 日記
< スポーツだからこそ代表戦、ナショナル・チーム制度廃止? >

_フローラン・ダバディ氏、ブログで語る。

こういった意見は、しっかりと議論がなされるべきである。
たとえ実現性がなくても、考えてしないのと、考えないでしないのとでは、雲泥の差がある。

近年、スポーツの祭典と呼ばれる大会は、おおよそが「ナショナリズムの祭典」の様相を呈してきている。
どの競技を見ても「国、国、国」・・・こんなのがホントにスポーツ(=語源は「楽しい」からきている)か?

スポーツと愛国心については、前々日にもブログってるけど、できるだけ結びつけるべきものではない。
人間に本当に必要なのは、国という「イレモノ」ではなく、思想や思考を共有しあえる「コミュニティ」なのだから。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-06 14:14 | サッカー
<HSV高原が今季初出場/インタートト杯(ニッカンスポーツ)>

ハンブルガーの高原が、なんでも4日のヴィジャレアル戦に出場したらしい・・・。
どういうことだ??
高原といえば、肺動脈血栓塞栓症の再発で、五輪代表を辞退。
「このままムリをすれば、生命にも危険がある」と医師団が会見していた記事をおぼえていたのだが、ハンブルガーの医師とでは全く見解が違ったのだろうか?
出場は後半28分からと短かったらしいけど、それでも使えるのなら、アテネに・・ショボーンである。
(ハンブルガーは、この敗戦でUEFA本選出場はなくなった^^;)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-05 20:50 | サッカー
・アイデンティティの国への依存

・公平な視点の喪失

・集団になることによる個人の思考力の低下
(=ひとは、個人ではゼッタイにしでかさない暴挙も、集団になれば平気でやってしまう)

・「ニッポン!ニッポン!」の連呼。国名連呼の類型は独裁国家
(=ブラジルならセレソン、イタリアならアズーリと愛称でチームを呼ぶ。国名の連呼は思慮のある成熟した大人なら、基本的には避けるものだ)

・重慶スタジアムの観客が、すべての中国人の代理ではないということ
(そして彼らはサッカー・ファンですらない。本当のファンなら今の日本代表にはホレるはずだw)

・人間が生きていく上で必要なのは、「国」という単位ではなく、「コミュニティ」であるということ

・「わたしは愛国者である」という言葉が、「非国民」という言葉を生み出す。「悪」も「善」という姑息な概念によって生み出されている

・「善」と「悪」は、すべて真実(主観)によって生み出されている。ひとの数だけ真実はあり、これは対話によってのみしか、お互いのランディング・ポイントを生み出せない

・「知らない」ということが誤解のすべて

・ひとは、肌や目の色、国籍で分類するのではなく、主義や思想で判断すべきである。こういう結びつきが生まれて唯一困るのは「国家」だけである

・どうせ国旗振って愛国気取るなら、「自分という名の国」の旗を堂々と振ればよい

・さまざまな報道から、国家なり政治からかかるベクトルを差し引けば、世界の実像が見えてくる
(国それぞれの「真実」ではなく、「事実」が。実像とは事実に基づかなければゼッタイに見えてこない。「真実」と「事実」を混同しないこと!)

・「対話の拒絶がナショナリズムなのである」by安部公房


ヽ( ´¬`)ノ・・・きょうの断想はこんなもんかなぁw
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-04 21:26 | 断想
<スポーツに政治的意識よくない=小泉首相、中国の「反日サポーター」に不快感(時事通信) >

・首相は、自らの靖国神社参拝が原因の1つとの見方について「そういうことだけじゃないと思っている」とした上で・・・
_「そういうことじゃない」だとぉ?
中国側の主張に完全に靖国神社公式参拝は、「3本柱」として盛り込まれているのに、この男はいつもどおりいけしゃあしゃあと・・

_そして「スポーツに政治的意識よくない」とは?
きわめて当たり前のセリフで推奨すべき言葉だが、五輪代表の国内最終戦で、わざわざ壮行セレモニーをぶち揚げたバカはダレだったっけか?
自身が、凋落した人気集めと国威発揚を行うようなヤツなのに、「スポーツと政治」について語るのは、ほんとにバカげた話だ。
こういう男をアタマにおいていると、この国の品格も疑われ、「日本人むかつく!」と他国のひとたちに思われても仕方がないじゃないか。
前日にも述べたけど、「○○人」という一色汰発言はタイヘンに危険で不愉快なものだ。
言わない、言われないための準備がみんなに必要だと思う。 

なぜ小泉が壮行セレモニーをやったときに、ブーイングをするサポーターがいなかったのか?
この国の政治への関心に対する成熟度がうかがえた一場面でもあったわけだ、このまえのアレは。
「スポーツと政治をいっしょにしない、させない」はきわめて当たり前のことである。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-04 08:20 | 日中問題