逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2004年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧

b0006096_12353736.jpg < たしかに自筆である >
たしかに自筆コメントだ。見慣れた字である。

文面から伝わってくるのは、まだ事故前に「今までの人生でいちばん悩んでいることがある(横須賀の環境フォーラムみたいなので発言)」みたいなことを言っていた件が、まだ解決されていないだろうということ。

しかし、禍福はあざなえる縄のごとし。
わるいことがあれば、かならず良いこともある。
しばらくは、良いことの方の流れになるはずだから、そのあいだにしっかりとリハビリしてくれい。
(なんか宗教的な発言だな、今回のオレw)


b0006096_12354793.jpg




※1枚目の「今だに」は「未だに」と思われ。いちおう。




_とりあえず早い復帰を祈って。


この画像は、窪塚HPが軽くなったら消すかも。でもしばらくは、軽くなったり、重くなったりだろうから置いとく。

※※23日現在、余裕でサクサク繋がるようになったけど、めんどいので残しときますw

Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!きのうのTBSの「ブロードキャスター」にVTR出演してたですとぉーっ!!

「迷惑かけたり、心配かけたりしてすいません。今はこんな感じで無事じゃないけど元気です。早く歩けるようになって、みんなの前に行きたいと思います。ありがとう」

事故については
「全然記憶ないけど、痛くなったという感覚はある。自殺? そうじゃねえけど、記憶はねえし…」

「今はそばにいる人もいるし、訳わかんねえこと言ってくる人もいる(例のおばちゃん?!)。でも、全部ありがたい。今はなんか良かったと思う。がんばりゃ元に戻んだし」

TBSが10年温めていた特番、ネイティヴ・アメリカンものを収録していた途中での事故だったため、窪塚くんが無理を押して希望したらしい。
しかも、ちゃんと「窪塚復帰まで待つ」とすぐにコメントしていた製作者もエライ!
早く見たいねぃ、その特番。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-22 12:34 | 窪塚洋介
b0006096_12174225.jpg< 窪塚くんが、事故後初めて、やっとコメントを♪ >

マンション転落から2ヶ月、ついに窪塚くんの生の声(メッセージ)が!
メッセージによると、両足、左手、あばら、顔面を骨折していたとか_| ̄|○

手術の結果、両足と左手に金属を入れ、
「子供の頃好きだった超合金になっちまった」とw
術後は、驚異的回復力をしているそうで、
「人生で二度目の歩く練習は色んなことを気づかせてくれる」とも。
現在の心境は
「生きてて良かった」「こうなったことに感謝」


いやぁ♪いままで何のコメントも出てきていなかったので、ホントに心配してました。
助かってよかった。
この男、またひとつ成長してくれるにちがいない。
マスコミに叩かれたり、ネットでもさかんにイジられてるけど、オレはこの男が大スキである!
なんでもかんでも、ワイドショー的情報ばっか鵜呑みにしてたらあかんぜよ!
窪塚洋介のTV特番「地球維新」は、ぜひみんなに見てもらいたい!
(_て再放送は絶対ないか・・・_| ̄|○ _でも、この番組、にもなってるらしいスよ)


※記事の言葉は、公式HPが混雑していて繋がらなかったため、不本意にもスポーツ放置の記事からの抜粋であります(*- -)(*_ _)ペコリ

窪塚くん、公式HPの8月20日のメッセージは、こちら (しばらく繋がらないと思うけど^^;)


ヽ( ´¬`)ノところでエキサイトブログのほうは、再開まだスか?w
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-21 12:33 | 窪塚洋介
b0006096_208877.jpg< 山本博、イケてるオヤジw >

アーチェリーで41歳のおっちゃんが、銀メダルの快挙。
新聞では知っていたけど、TVのインタヴューは見ていなかった。

さっき、ネット仲間からTVで見た話を聞いた。
写真から「ええカンジそうなオヤジやなぁ」とは思っていたけど、ここまでも良いキャラしてたとは!w

・この写真を撮ったころ、彼はすでにワインを飲んでいて、ホロ酔いでインタヴューに応えていたらしい

・このとき、すでに獲得した銀メダルに傷をつけていたらしいww
記者から「どうしたのか?」と聞かれ、「大理石とどっちが硬いか確かめちゃった」「大理石ってすげえ硬いんすねえ!」ですとぉ?!ww 
(※パナシナイコ競技場は、座席が大理石で出来ているとか)

・生徒からのよせ書きを、わざわざ男女別に書かせ「いかに女生徒に思われてるかわかりますよね?」ww

ヾ(≧▽≦)ノギャハハッ!ヒィーッ!!w おもろすぎる!w 見たかったぞ、そのインタヴュー!ww
愛すべきひとだ、このひと! ぜひ五輪総集編で特集組んでほしいのぉ~c(.д.c⌒っ

(みんなは見ましたか?ほんまにこのとおり?他にもこぼれエピソードあったら教えてねw)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-20 20:27 | その他のスポーツ

井上康生、敗れる・・・

b0006096_12124114.jpg< 予期できる出来事だった 井上康生の敗戦 >
男子100キロ級で、五輪2連覇を狙った井上康生が、4回戦で敗れた。
「今回の五輪で最もメダルに近い男」とまで呼ばれていた井上康生が・・・。

しかし、こうなるかもしれない予兆はあった。
直前に行われた五輪選手団の結成式での代表挨拶で、彼はセリフが飛んで、数分、言葉を失うというハプニングがあった。
今年、トレーニングの見学に訪れた父が、「大学生と同じ量のハードトレーニング」を見て、「年齢に合った練習量」をすすめたという話もある。(このときの井上は、点滴を打ちながら、痺れる右手を押さえ、満身創痍で練習していた)

「獲って当たり前」という風潮をマスコミが流す中、新聞紙面でも自身によるコラムで金を誓ったり、とんでもない重圧が彼にのしかかっていたのだろう・・・。
責任感のある男ゆえの敗戦。
自分を苛め抜くことによって、すこしでもプレッシャーから逃れようとしたことが祟った。

敗者復活戦にも敗れた井上だが、井上に勝ったふたりは、共に次の試合で消えている。
井上を破った時点で、精神的高揚のピークに達してしまったのかもしれない。
井上康生は、けっして衰えてはいない。
この敗戦は、今後の彼の人生の大きな糧となるだろう。
(人間的に)成長できる男だと、ボクは思っている。

※現在、26歳の井上。次の五輪には年齢的に厳しいかもしれない。しかし、彼にはまだまだ未来が無限に広がっている。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-20 12:31 | その他のスポーツ
五輪日本代表チームのアテネでの戦いは終わった・・・
しかし、次はドイツへと道は続いて行く
これは終わりではなく、新たなるスタートへのひとつの区切りである

_ということで、今回のアテネ五輪を振り返り、ボクの勝手な私見で、選手の評価と将来の展望を語ってみようかと。

< アテネ五輪日本代表選手 >

×曽ケ端 準 / OA枠での参加。しかし曽ケ端にとっては、前回大会で楢崎にポジションを奪われていたため、初めての大舞台となった。OAとしての「経験」をチームにフィードバックできず、コーチングにも難を見せ、緊張からか、ミスも連発・・・。ふんだりけったりの大会となった^^;

×黒河 貴矢 / 出場なし^^; 将来性も・・・?

那須 大亮 / 初戦の致命的なミスで、曽ケ端と同様、戦犯扱い^^; しかし、実力的には決して悪い選手ではない。今回は緊張からの不運としか言いようがない。こういう風に初め緊張する選手の方が、あとあと伸びてくるにちがいない。ガンバレ!

茂庭 照幸 / 及第点は行っていたと思う。

田中マルクス闘莉王 / カレも緊張か、それともチームからそう要求されたのか、持ち味をあまり出せずに終わってしまった。だましだましになっている故障を早く完治させ、更なる飛躍に期待したい!

菊地 直哉 / 最終戦の出場で、そのポテンシャルの高さをまざまざと見せつけた!フィジカル、見えないところでのプレーのスキルアップで、A代表を目指してほしい逸材!ホレた!w

阿部 勇樹 / FKの精度だけなら即A代表! だが、中盤での展開力はまだまだ・・・。カレのスキルアップを考えるなら、いますぐにでも海外に行くべきだ。ジェフでは、あまり上積みは望めないかと^^;

今野 泰幸 / アジア地区予選からメキメキ頭角を現してきた新星!進境著しい男!カレの将来には期待せずにはいられない!まだ伸びる!

森崎 浩司 / ボランチ、左SHだけでなく、トップ下も出来るユーティリティ・プレイヤー。キック精度も向上中で、なかなか良い選手。(たしか広島ではウィングもやってたよな)

駒野 友一 / 最後に間に合った男。左右のDH・SHをこなす。広島は台所事情からか、ユーティリティが多い。めざせガットゥーゾ!w

徳永 悠平 / FC東京では、A代表の加地をさしおいてレギュラーの右SH・SB。実力はある。大学に通っている場合じゃないw

石川 直宏 / 最終節のみの出場だが、鮮烈な輝きを放った。超攻撃的SHゆえ、監督としてはなかなか切れる場面が・・・。クロスの精度も確実に上がってきている。将来性もある。(ただ、ナショナル・チームでは賭けになるプレイヤーだ^^;)

小野 伸二 / いわずと知れた世界のONO!今回はOA枠での参加となったが、いかんせん練習期間が短すぎた・・・_| ̄|○

松井 大輔 / ファンタジスタもまだアジア・レヴェル。良い線いってるし、好きな選手だけど、A代表には遠い・・・。カレの今後の爆発には「狂気」が必要である。

高松 大樹 / なんちゃってポスト・プレイヤー。しかし、運は持っていた。むかしの平瀬を思い出した。最終戦だけは、ちゃんと真ん中にいたけど、このひとストライカーじゃんw サイドに流れすぎ。将来性は・・・平瀬は越えるかもね^^;

平山 相太 / スケールは大きい。しかしオフェンス・ファールが多すぎる。大学なんかに行ってる場合じゃない。次、海外からオファーがあったら、カジりついても行くべきである。06年には間に合わないだろうけど_| ̄|○

大久保 嘉人 / 生まれ変わった!ほんとに成長した!ドリブル、嗅覚、集中力、どれをとってもA代表に近いレヴェルだ。06年に期待!

田中 達也 / もっともっと見たかった選手!絶好調の大久保と比べても、全く遜色のない選手。なぜ、カレと大久保の高速2トップでチャレンジしなかったのか、山もっちゃんに言いたい!A代表いける!!


山本昌邦 / 指導者としては一流。指揮官としては、まだ経験が足りなかった。人情派ゆえの曽ケ端の召集は失敗に終わった。今後の去就に注目。優れた人材であることは間違いない。


イタリア戦を見れなかったので、曖昧な評価も多いけど、今回のボクの感想はこんなカンジです。
ヽ( ´¬`)ノぁぁ イタリア戦見たかったw でも五輪はまだまだ続くよ。ところで決勝トーナメント、民放であるの?(心配だ^^;)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-19 21:23 | サッカー
b0006096_759289.jpg< 逸材!菊池直哉 >
やはり中盤でやる菊池直哉はスゴかった。
高校生時代、練習先のアーセナルからオファーが着たのもうなずける。
とにかく展開力がすさまじい。
大久保へのアシストも、最初、「小野から?!」と一瞬、見間違うほどだった。
山本さんが、今までディフェンダー起用していたのも、本気でドイツ行きを考えて、スキルアップさせるための起用だったのかも。
あとはフィジカルと「見えないところ」でのプレー(ダーティーさ含む)を磨いて、A代表入りを目指してほしいものです!素質は充分!良い選手です!

< 試合評 >
グリープリーグ敗退が決まり、失うモノのなくなった日本代表。
経験を積ませるという意味でも、ここまでスタメンのなかった石川、菊池を起用。
コレがハマった。
石川の鋭いドリブルとクロス、菊池の視野の広い、高い精度の配球。
気になったのは、小野の消えていた時間の長さと、やはり曽ケ端だった。
(_ということで五輪代表寸評については、今夜にでもやろうかと)

ガーナ代表については、やはりココまでの成績がうなずける高いポテンシャルを持ったチームだった。
アッピア、ギャン兄弟、ティエロ・・・。
しかし、先制されると、たとえどんな強豪でも苦しいということを、まざまざと見せつけられる試合展開となった。
これは日本代表にも言えることで、今回、どんなに批難を受けようが、実際はソレほどドコも差がなかったということを意味しているようにも思える。


五輪日本代表の闘いは終わった・・・。
この中から上に上がれる選手は何人出てくるだろうか?
これで終わりじゃない。
これからも彼らの成長に注目である。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-19 08:32 | サッカー
b0006096_21243755.jpg< 2軍と言われようが やはりアルゼンチンは強かった >

当初、発表されていたクレスポ、アイマール、ヴェロンといった主力が、続々と不参加を表明し、ほとんどネーム・ヴァリューのない選手ばかりが来日したアルゼンチン代表。
それでもやはり強かった。
上半身を使ったボールキープ力と、玉際の強さ
この点に関して、日本が追いつくのは、まだまだ至難の業である。
というのも、手の使い方を教えれるような指導者が、まだまだ日本にあまり育っていないはずだから。

リキェルメの3本のシュートは、どれももう少し押さえが利いていれば、入っているようなタイミングのもので、コンディションがよければ、ハットもありえた^^; (2点目のアシストは「(゚ロ゚;)あがっ」だったw)
サムエルの守備もやはり「上手い」のひとこと。特別スピードがあるわけでもないのに、あのポジショニングとボール奪取に行くタイミングといったら・・・。

< きょうの日本代表の評価、気になった点 >

モチベーションの低さ=ボールへの執着心=アジアカップからの反動
鈴木は1対1では、95%突破がムリということファール・ゲッターとしてのみ機能。くさびとなるには、ボールの扱いが・・・。鈴木と加地のボール交換を見ていると絶望的な気分になる
アレックスの異常なまでの自己満足=なんでも自分で持っていこうとするクセ。真ん中でフリーな選手がいても、ほとんどの場合、自分で中に入るか、サイド突破に
ジーコの選手起用=なぜ中田浩二ではなく、相手のイヤがる福西を代えたのか?4バックに固執して、中沢を代えることの意味の「?」

だけど、もっとも気になったのは、やはりモチベーションの低さから来る、不用意なパスに尽きるかな。
「なんで そんな弱いパスが通るとでも思ってんの?」と訊きたくなるようなのが多すぎた。玉際の闘争心も薄味だった・・・。

でも、仕方ないか。アジアカップの反動。これってやっぱ大きいべ。
次のインド戦までには、また気持ちを一新して、がんばってくれることに期待しましょう!


|∇')ノてか今夜は五輪代表のガーナ戦じゃん!いまから仮眠摂って ばっちり観戦しようぜい!
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-18 21:40 | サッカー
完璧な「善」と「悪」などというものは この世には存在しない
それは主観によって判断されるためだ
真実は常に主観によって論じられるため 100人いれば100人の真実が存在する
善(正義)や悪もこのとおりだ

とすると 善悪を区別する主観とはなんだろうか?
ようは「快」か「不快」かではなかろうか
ひとが相手を悪というとき それは相手に対して不快感を示しているときだろう

なら 善というのはなんなんだろう?
悪=不快というような単純な図式では説明がつかない

善というのは 悪(不快)でない状態のことを指すのかもしれない
というか 自らの不快でない状態の獲得を 主張するために 正当化するために 使われている言葉のように思える
では 不快でない状態とは?

快や不快は比較によって生まれる
ひとは 他人が成功してたり 幸せな状態にあることを 概ね不快に感じることが多い
自分がいつもと同じ平常の状態でも 周りがお祭り騒ぎのようなハッピーな状態なら ひどく鬱な気分になったり
逆に 周囲が苦痛に喘いでる状態に 自分だけが自由なら ひどく幸福に感じたり・・・

すべては相対性のなかにある(アインシュタインはいった)
------------------------------------------------------------------------------

グローバリズムとは 危険な思想だ すべてを画一的に すべての思想を真っ平らに
ひとびとの 地域地域の個性を 自分色に 欧米色に塗りつぶす計画

ひとはそれぞれの自由を認め合うべきだ 相手にあまり干渉すべきでなはい
相手のことをもっとわかろう! 
オレのことをわかれ!受け入れろ!じゃなくて
そうすれば 自ずと共通認識の輪郭のようなものが 生まれてくるはずだ
自分の思想を押し付けることで 相手が幸せになると夢見ることほど ふざけたことはない
幸せもまた ひとそれぞれで 快や不快によって運営されているものなのだから

・・・ああ アメリカのいうグローバリズムってのは こんなことじゃなかったな
早い話が 中東に石油が出ることにたいする不快感を
富と権力が自分たちにのみ集まらないというに対する不快感を 根絶やすための大義名分にすぎなかったか
全くもって 不快な奴らだ!


むかし フランスの或るひとが言った_
「マナーとは 最も少ない人数を 不快にさせる行為をいう」_みたいなことを

現在のアメリカに正義はあるのだろうか?
世界中がアメリカに対して 不快感を示している

イラクは悪だったであろうか?


あまりにも言葉に対して 無感覚に テレビやパソコンのニュースを見る癖は いい加減 治すべきではなかろうか?精神的老人たちよ



※断想というか、連想ですw お盆にでもやろうかと思っていた題材でしたが、ヒマと気力がなかったもので、きょうまで伸びて・・・

|∇')ノちなみにニーチェくんの「善悪の彼岸」とはまったく関係ありまへん。読んでもないしw
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-17 20:45 | 断想
b0006096_18284335.jpg< シューマッハがえらいこっちゃ! >

まったく知らんあいだに、シューマッハがスゴイことになっていたΣ@@;

15日のハンガリーGPを制し、今期の成績を13戦12勝(!)に。あと5戦残っているにも関わらず、次勝てば、早くも年間チャンピオンを決めてしまうとか。

ボクがF1を見ていた頃といえば、みなが騒いだ例のF1バブルのころ。
あの頃は、セナやプロスト、暴れん坊のマンセルなんかもいて、随分楽しんでいたと記憶するけど、ここ数年は全くチェックしていなかった。
しかし、やはり時折、聞こえてくる名前といえば、シューマッハ くらいだった。

おどろいた!シューマッハの通算成績がスゴイことになっている!
ミヒャエル・シューマッハ82勝、アラン・プロスト51勝、アイルトン・セナ41勝、ナイジェル・マンセル31勝・・・。
Σ@@;すでに伝説のドライヴァーたちの記録を後塵に追いやり、神話独走状態じゃん!!

現在、シーズン2位のバリチェロが、同じフェラーリの2ndドライヴァーである以上、いまシューマッハには、ライヴァルが存在しないのだろう。
ライヴァルなくしては、TV放映もしにくいだろう。
だけど、F1は自分との闘いでもあるスポーツだ。
あの正気の沙汰とは思えないスピードとの闘い。そんな中での恐怖に打ち克つということ。
常人なら「気が狂ってるだけだよ」と言ってしまうだろう。
しかし、それでは常に勝ち続けることなんてできない。いつかブッ飛んで死んでしまう。
カレはおそらく、歴史上でも稀に見る精神力をいま保有しているのだろう。
次のレース、もし放送があるのなら、ひさびさにF1をチェックしたい気分である。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-17 18:54 | その他のスポーツ
強烈に不愉快な話_
きょう、午前中に仕入れに行った。行った先の問屋で耳にした従業員同士の会話_

「そろそろ日本選手の第一陣が帰ってくるね」
「え?なになに?」
「男子サッカーw」
「ああw 帰ってくんなだよねーw」
「バレーの応援でもしてこいよなw」
_強烈に不愉快な話である。
でもこんなヤツって、この時期、けっこう日本にたくさんいるんだろうな。
興味のない競技で、見もしないクセに、新聞やTVで結果だけを見て、「ニッポン万歳!」みたいなヤツら。
ニッポンて塊ってなんなんよ?
おまえらみたいなバカどもも包括して、ニッポン?そんなもんいらんよ!
アジアカップで、スタンドに来ていた中国のほとんどの観客といっしょで、おまえらはサポーターでもなんでもなく、外野なんだよ!

五輪をきっかけに、いままで興味のなかった競技を見るのは、たいへん良いことである。
しかし、なにも知らない外野のうちは、決してネガティヴなバカ発言は控えていただきたいものだ。
今回のケースで、サッカー全然知らないんなら、「イタリアって強いんだね」で良いはずだ。
おめえらに男子サッカーのなにがわかるんだよ?

オリンピック_毎回、こういったナチ助なバカチンどもが大繁殖する愛国宣伝大会。オレがオリンピックというカテゴリーを好きになれない理由。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-16 12:01 | サッカー