逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

<   2004年 08月 ( 52 )   > この月の画像一覧

東京都の教育委員会が、来春開校の都立の中高一貫校に「つくる会」の教科書を採用することを決定した。

さてさて、つくる会の教科書といえば、みなさんもお耳に何度もはさんでいると思いますが、はっきりいって「歴史」教科書としては落第だと、ボクは存じています。

以前、「南京大虐殺」「南京事件」としてみたり、内外にいろんな波紋を呼ぶ記述が、所狭しと書き連ねられたこの教科書。
歴史というものは、さまざまな説が常にあらわれ、どんどんと変形されていくのが、いつの世の常でもありますが、この教科書の最大の欠点は「神話」の記述にあります。

c(.д.c⌒っ「神話」なんて「歴史」でもなんでもねぇYO!w

古事記やらなんやら、神話の中の文がつらつらと数ページにわたって説かれているらすぃw バカか?おまいら?w
「古事記を編纂したのは?」とか、そのへんならまだしも、なんで古典の領域のことを歴史で?
この時点でまず、採択されてるのが不思議でならない・・・。でもこれにはちゃんとカラクリがあります(文章後半で触れます)。

またさて、今回の「造る(偽造、捏造)」会の教科書、
前回議論になった内容よりも、さらにぶっちぎりにバカになってます!w
今回は、さまざまな歴史が闇に葬られました!w

会報7月号で来年の改訂版を_日本を糾弾するために捏造された、「南京大虐殺」、「朝鮮人強制連行」、「従軍慰安婦強制連行」などの嘘も一切書かれていません_ですとぉ?!!Σ@@;

c(.д.c⌒っあれれ~?なんだかえらいことになってきてるよぉ~w
以前は、ほんのわずかな民間人を殺しただけだという見解から、南京事件としていた虐殺を、今度は事件そのものが向こうの捏造だとして、なかったとでもいうのですかぁ?w

従軍慰安婦や炭鉱で強制労働させられていたひとたちも、あれは全部「出稼ぎ」で、すすんで来てたクセに、いまさらウソついて日本にたかろうとしているんだとでも?
ヽ( ´¬`)ノそんなご無体なぁww

では本題を_なぜ今回このような教科書が採択されてしまったのか?
犯人はすべて「石原慎太郎」そのひとの力によるものでありますw
石原といえば、6年ほど前に造る会の運動が明るみに出て、出版された機関紙に、堂々と当時から賛同者として名を連ねていた男じゃあぁりませんかぁw

石原はアジアの諸国が大キライです。「三国人」発言からしてもナメきってます。わざと煽っています(今回のアジアカップでの「民度が低い」発言もね)。
しかし、かといってアメリカや欧米に対しても、ほとんど友好の姿勢を見せず・・・
ヽ( ´¬`)ノ早い話が「ニホンバンザーイ!」のひとなんスね、これが^^;

元より「情念」を根元に、新潮社と文芸春秋からしかでない芥川賞を受賞した作家。
「情念」なんてものは「その国固有の根源的な共通意識にして、理性では抑えきれない強い感情」をさす言葉で、その国(土地)固有の他には理解しづらい感情なわけで、もっとも世界協調への弊害をもつ感情のひとつだとボクは思っている。

早い話が、石原は「ドコの国からも干渉されない日本」=思想的鎖国を望んでいるんだとボクは思っている。
東京都民のみなさんは、こんな男を大好きで、ずっと知事に据えているわけだけど、やっぱ、みんな鎖国賛成派なんスか?

ちなみに1998年当時の著名な造る会の賛同者を一部紹介_

阿川佐和子、石原慎太郎、川上哲治、北方謙三、小林よしのり(風の噂で現在は脱会してるとか)、佐藤愛子、津川雅彦、林真理子、藤田元司などなど・・・
他にも今もときめく三菱や、住友、川崎、富士通などの重工系の会長なんかもウジャウジャ賛同してて・・ヽ( ´¬`)ノ
たぶん、いまではさらに爆発的に増えてんだろうね、きっと・・・
ヽ( ´¬`)ノ世も末ってカンジw (いつの時代もだけど、やっぱ末世だね)

あ、忘れてた、カラクリの正体は・・・
東京都の教育委員、清水司委員長・国分正明(元文部事務次官)をのぞく残り4名は、すべて石原慎太郎の指名によって選ばれていたということです
内館牧子も、米長邦雄(棋士)も他の連中もみんなね!
そういうこってス、はい。

※ちなみのこの教科書の全国での採択率は、わずかに0.1%足らずです。採択するだけ、受験に弊害が出る恐れのあるシロモノかとw
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-27 21:19 | ニュース

氷室冴子がおもしろい

少女小説がおもしろい。おもしろいから仕方ない。

少女小説と言っても、いまのヤツじゃなくて、すこし前の氷室冴子の本にハマっている。
氷室冴子といえば、スタジオ・ジブリのアニメ「海がきこえる」の原作者としても有名だが、ボク的には、そのお笑いのセンスのほうに心奪われている。

ボクの読書遍歴は、10代はマンガ一辺倒で、まともに小説を1冊読んだ記憶すらなく(学校の課題の読書感想文ですら、作品紹介文を読み、勝手に内容を想像して書いていたくらいでw)、
20代になってようやく小説に目覚め(安部公房の「砂の女」で開眼)、
現在の20代後半に至るわけで。

10代を少年マンガ、20代を堅めの小説で過ごしてきたボクには、
こういった少女小説という新たなジャンルは、はっきりいって衝撃だった。

当初の予測は「なよっとしたグダグダ文だろ、どうせ」くらいだったのが、今となってはすっかり虜にw
文章の読みやすさ、話の展開力、読後の爽快感がなんともいえず、現在病みつき中だw

まず最初に「これはハマった」と思ったのがコレ_「蕨ヶ丘物語」
2章のライト・ミステリー編が、爆笑だったw

いまは「クララ白書」という、かつてならレジに持っていくのも恥ずかしいカンジのタイトルと表紙(このアマゾンのリンクのものとボクの所有してるものとはちがうけど)の本も、平気で購入し、熟読してるわけで・・・w

きょうまでで氷室さんの本は15冊前後読んでいるが、「これはハズレた」というのは「ターン」くらいなんで、古本屋なんかで100円で氷室本なんか見かけたりしたら、ぜひご購入をオススメする次第であったりする、ハイ。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-26 20:51 | 氷室冴子
9月8日にインド・カルカッタで行われるW杯予選インド戦。召集メンバーが発表されました。
久保、小野、高原、柳沢が復帰し、ケガのため玉田が外れた模様。
召集メンバーは以下のとおり_

GK 土肥洋一、川口能活、楢崎正剛
DF 三浦淳宏、田中誠、茶野隆行、宮本恒靖、松田直樹、中沢佑二、三都主アレサンドロ、加地亮
MF 藤田俊哉、福西崇史、中村俊輔、小笠原満男、中田浩二、遠藤保仁、小野伸二
FW 鈴木隆行、本山雅志、久保竜彦柳沢敦高原直泰

この召集メンバーで、ジーコの嗜好から推測される予想スタメンは_
b0006096_17393229.jpg
      高原(久保)   柳沢
            中村
   アレックス          加地
       中田       小野
       中沢          田中
            宮本
            川口

こんなとこかな? とりあえず玉田がいない分、柳沢を使う口実が出来たくさい^^;
このメンツでも、中村の展開力がある分、余裕だとは思うけど・・・
(*'ω'*)さてさてどんな試合になるかな?

ついでだから、この召集メンバーでの、オレの遊びスタメンを(w)_
b0006096_18211478.jpg
            久保 
   アレックス         本山
            中村
        中田     小野
  三浦                 加地
        中沢     宮本
            川口


・・・これだと、宮本がかなりコワイことになってるな^^;
ウィングは、本山が左でヤナギが右でもOK。そうなるとアレックスがバックに入って、右SBに三浦か。
まぁ、選考メンバーからするとこんなヘボなバランスになるやヽ( ´¬`)ノ(言い訳w)
とりあえず加地はいらんし、アレックスはどうせ・・・だから前で使おうやw 

相手はインドだし、これでも良くない?(2バックで良いじゃん)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-25 17:27 | サッカー
< はじめに_ >
おかげさまで1日に開設した当ブログも2000人の訪問者を突破しました(*- -)(*_ _)ペコリ
これからも ビシバシ書いていくんでよろしくです!(やっぱ訪問増えるとヤル気でるなぁw)

< ミルコ・クロコップ、クロアチア2部のチバリア・ヴィンコヴチに入団! >
・・・なんなんでしょう、これ?
冗談かと思ったけど、どうやらリアルな情報のようです。
故郷のクラブに貢献するためらしいけど、オマエこんなことしてて、プライドはあきらめたのか?
しかも、本格的なサッカー経験はないらしいしヽ( ´¬`)ノw
たしかにフィジカルはあるけど、右ウィング希望だとかw せめてセンターバック・・・て、ルールも知らんヤツにはムリか_| ̄|○
背番号は24とのこと。

かつて、テニスのトッププレイヤーのイワニシェヴィッチ(クロアチア)が、ハイデュク・スプリトと契約して、世間を驚かせたことがあったらしいけど、今回のもあくまでもただの宣伝行為だけぽいです。とほほ^^;
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-25 12:20 | サッカー
ロイター通信によると、ブッシュ陣営の選挙プロパガンダCMで、「いま五輪では、2つのテロ国家が消え、2つの自由国家が増えた」というのが流れているらしい。

これに対して、サッカー五輪イラク代表監督のハメド氏は、
「占領下のイラクに自由なんてない。われわれにとって最もみじめな時代だ」
と、チームの「自由の象徴」扱いに不快感を表明。
「いまだ我々は、日々の暴力にさいなまれ、制圧下に置かれている。自由なんてメディアが勝手に思っているだけだ」
とも(ピュアだ・・・メディアは任意で情報をコントロールしてるのですよ^^;)。

それにしてもブッシュくん、厚顔にもほどがある。 
見てるこっちが赤面するようなボケを毎度平気でやるけれど、それもやはり計算ずくの行為なんだろうね。

とりあえず、このコメントはアメリカでも流れているのだろうか?
ロイター通信とはいっても、日本だけ限定して流す情報というのもある。
もちろん、自分たちで自ら見ないようにしているひとたちも多いだろうけど。
でも、マイケル・ムーアが流す、われわれには当たり前の映像も、アメリカ人たちには、
「初めて知った」というのがほとんどだったらしいから、やっぱ報道されていないんだろうね、きっと^^;
もっと自らすすんで、ノーム・チョムスキー氏などの真のオピニオンズたちに目を向けてくれ、アメリカン。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-24 21:41 | サッカー
沢木耕太郎が不愉快だ。
いま五輪期間中、朝日新聞の朝刊に沢木耕太郎による「マルーシ通信」というのが、ちょいちょい掲載されている。
今日で読むのは2回目だったけど、前回の井上康生編に引き続き、今回も陰気な発想に辟易とさせられた。

今回は、マラソンで金メダルを獲得した野口みずきさんについて。
文章の大半を「高橋が出ていれば」の意見との対比に終始していた。
そして、この発想を「日本人の感情」とも勝手に決め付けて、くくってもいた。

野口が勝った瞬間を「見えない敵の高橋尚子にも打ち勝った」と表現し、
勝利者インタヴューが終わったあとも「走っている時、高橋尚子さんのことを思い浮かべる瞬間はありませんでしたか」と。
そして、野口が「それは、ちょっと・・・」というコメントを発したことに対して、
満足気に文章の終わりを自分の洞察の正しさを空想して締めた・・・。

ヽ( ´¬`)ノ・・・こいつ、どうかしてんじゃない?
井上のときも、本人に直接「絶対勝つといってもらえないか」とか、ボケな質問してみたり、マジでおかしい。
古く、感受性の鈍磨した旧世代の発想。
以前から名前だけは聞いていた男だけど、「少しはやるのかな?」と薄い期待もあっただけに、この連載によるぐったり感はひとしおである・・・。

井上が受けた重度のプレッシャーも、「高橋、高橋」というバカな外野も、この男そのものじゃないか。
沢木耕太郎って、そういう「外野」のオピニオン・リーダーだったのか。
スポーツとは別次元にいる、「ニッポン!ニッポン!」「古き良き時代」という実を持たない輪郭好きの。

活きる(若さ)ということは、古くなったものを必死に振り切って、前に向ってガムシャラに走っていくことをいう以上、この男には、すでに肉体的だけでなく、精神的にも若さが損なわれているといえるだろう。
老兵は去りいくのみ。
スポーツという若さを体現する行為においては、老兵は意見の中心に居座り続けるべきではない。
ネガティヴすぎるよ、このひと。アンタの記事読むのが、みんなアンタと同じ団塊ビートニクばっかだと思わないでほしいものだ。
活き悪すぎ・・・。

「見えない敵」高橋の影に3人は打ち勝った_て「見えない高橋」を見ていたのは、他でもないオマエだろうがっ! しかも「打ち克った」だろ、ふつうw

野口みずきは、「われわれバカな外野」に打ち勝った_これが正解。

※オレ、このひとの他の著作はまだ読んでいません。だから、ひょっとするとこの老兵にも、輝いていた時期があったのかもしれません。しかし、そのときの残像だけで、いま書いてる駄文を肯定するには、すこし足りなすぎると思う。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-24 12:06 | 雑記・雑感
・FRORENT DABADIE BLOG
トゥルシエ前日本代表監督の通訳を務めていた、自由人ダバディさんのブログ。いつも入り浸ってます
・乙武洋匡オフィシャルサイト
乙武くんの公式サイト。「OTO’s MAil」でブログってます。ちなみにこのひととボクは製造年月日が
全く同じでR(w)。
・YOSUKE KUBOZUKA’S BLOG
現在中断中の窪塚ブログ。面白そうな話が始まるかとわくわくした直後・・・。早い再開を切に期待!
・不良芸人日記
先ほど発見したダイノジの男前(?)のほうのブログ。まだ読んでないけど期待♪
・夏目房之介の「で?」
こちらも先ほど発見したブログ。物書きさんのブログは読むだけでもうけかとw
■40代 '90:9月~孫式太極拳始める_てΣ(・ω・ノ)ノなんよ!w
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-23 21:16 | オススメなのか?
b0006096_19385731.jpg< おお!だいぶ回復したねぃ! >

21日のTBS「ブロードキャスター」にVTR出演したときのキャプチャー画像をゲット!
ややヤツれた感はあるけど、想像よりもはるかに状態良さそうじゃん♪
これならマジで、けっこう早めに復帰できるかもね^^v
これからしっかりリハビリして、また映画やドラマでその雄姿を魅せてくれい!


b0006096_1939530.jpg(´-ω-`)ん?先にTBSの特番、ネイティヴ・アメリカンのやつが再開かな?
それとも「復帰第1弾はぜひ、うちで!」と言っていた、東映さんの映画?
とにかくこれからも窪塚くんからは、目がはなせないね♪


※写真のおでこのアレは、バンソーコーだそうです。
画像が暗くて見にくいだろうから、いちおう。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-23 19:46 | 窪塚洋介
b0006096_21305827.jpg< ムンクの「叫び」盗まれる! >
22日、ムンク(1863-1944)の「叫び」や「マドンナ」などが、オスロのムンク美術館から盗み出された。
犯人グループは武装しており、スタッフなどを脅して、絵画を奪っていったという。
同美術館には、絵画盗難を防止する装置も、警報ベルもなく、絵画は、金属線で壁に掛けられていただけだった。

て、ムンクってノルウェーの画家だったのね・・・はじめて知った^^;


b0006096_184189.jpgΣ(・ω・ノ)ノ衝撃!余裕で強奪の瞬間!!w

こんな楽勝な強盗があってよいのだろうか?

てか写真撮ってるヤツだれだよ!w
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-22 21:34 | ニュース
b0006096_1365750.jpg< 某画伯の絵シリーズ >
現実世界での友人、某画伯(といっても素人w)の絵です。
第1弾は、アヴリル・ラヴィーンだそうです。
御大は、インターネットを接続していなく、こういうブログのような、不特定者からのコメントを伺える機会があまりありまへん。
気が向いた方は、どうぞひとコメントよろしくおねがいします(*- -)(*_ _)ペコリ





※画伯の絵コーナーの存続は、あなたのコメントにかかっています?w
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-22 13:13 | 某画伯の絵