逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ:ニュース( 153 )

海外渡航歴のない学生ばかりに国内感染者が急増している新型インフルエンザH1N1
兵庫と大阪で爆発の兆候を見せ始めているが、いったいその感染源は?
どうやら、ボクには"食"が疑わしく見えるのだが、さてさて
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-05-18 09:30 | ニュース

感染ルートは?

☆<新型インフル>国内感染8人に 神戸の別の高校でも☆

海外渡航歴のない国内の高校生から、連続して感染が確認されだした新型インフルエンザH1N1
果たして感染ルートはいったいどこからなのだろうか?
家族から?それとも街で?
神戸だとすると、すぐに中華系のひとあたりが怪しまれそうだけど、それもまた早計
ともかく、ひと媒介なら、うつした本人はすでに快方へと向かっているだろうし、問題があるとすれば・・・
いずれにせよ、パンデミック化しても、弱毒性のままなら良いのだが・・・

☆新型インフル:ジェット風船中止 京セラドーム☆

オレ、球場には行ったことがないんだけど、いつも唾液の雨が降ったりするのか?
だとしたら、豚インフルエンザじゃなくても、スタジアムには足を運びたくないねw
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-05-16 23:17 | ニュース
☆小沢民主代表が辞任表明、政権交代に挙党体制強化狙う☆

遅すぎる?
当たり前だ さっさと辞任したら、本当に民主党が(選挙前に)持ち直しちゃうからね
すべては愛すべき自民のため 遊撃隊の指揮官を買って出たのだから
これはあくまでも引退ではないし、議員辞職でもなく、党首という役職からの単なる辞任
これからが彼の本領 まだまだ引っ掻き回すだろうね
とはいえ、残された役目といえば、それでも民主が勝った場合の(民主党内の旧自民勢)引き抜き、
政界再編の旗振りくらいか まぁ、それが一番の大仕事なわけだが

関連記事:小沢・民主党代表が辞任 ネットでは「遅すぎる」の声が圧倒的
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-05-11 19:55 | ニュース

忌野清志郎死す

昨晩、目を落とすことなく、TVをつけていたら、突然の訃報
歌手の忌野清志郎が、ガンにより58歳という若さで亡くなった、と

何の意味もなさない"お悔やみ"のコメントが、飛び込んできた一報とともに一瞬にして付される
バカなお笑い芸人から、バカなお笑いアナウンサーから、バカな・・・
感想がなければ、黙っているのも手なのにね
オレとしては忌野清志郎が亡くなったコトは受け入れません! 
彼はオレの青春そのものだったし、年下なのに師として仰いできたし、これからもだ。
忌野さんには一生勝てないし、勝つ気もない。
若い頃から希有(けう)な天才性を発揮してたし、随分マネさせてもらったよ。
まだ恩返しもしてないのに、彼が勝手に逝くはずもない。
だから冥福を祈らないし、告別もしない。
オレだけは絶対に忌野清志郎の死は、認めないから
_泉谷しげる(60)の言葉だけが、今のところ、唯一意味をなしている

あこがれの北朝鮮
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-05-03 09:12 | ニュース

花粉症と下腹部事情

☆【医学】セックスやマスターベーションが花粉症など鼻づまりの最高の治療法☆

なるほど、交感神経作用の分散ですな
まぁ、まだ仮説の域らしいですが、この実践には、もちろん指摘どおりの問題がある
そう、手を使わずにチル・アウトする方法(表でやったら挙動不審で補導w)
ただ、交感神経を使うところは鼻以外には下腹部のみか?
たぶん色々な方法があるでしょうな

一笑に付すも自由だが、こういうのは乗っかって楽しむが吉(キチ?)ですな
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-04-20 08:32 | ニュース
☆仏右翼ルペン氏が欧州議会議長に? 規則に「最年長」☆

フランスの極右翼政党、国民戦線の党首ルペン(80)が、欧州議会の規約により、7月開催の議会で正式議長が決定するまでの間、暫定議長を務めることになりそうなのだとか
これには反発する議員も多く、規約改定やボイコットを呼びかける動きもあるようだが、ボク自身の判断としては、ルールなのだから実際にやらせて、その席でブーイングを浴びせてやれば良いと考える
こんなバカのために、わざわざ自分たちをねじ曲げる必要なんてないんだぜ

にしても、とばっちりは一般のフランス国民か
なんせルペンは、この反応に対し「フランス人差別だ」と噛み付いているんだとか
支持者はともかく、一般人からすれば、「おいおい、いっしょにするなよ!」てなもんですからね

関連記事:「ガス室は歴史の細部」 仏極右党首、欧州議会で
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-27 19:21 | ニュース

言葉と証拠

☆戦時中の憲兵隊文書発見 生徒の思想調査指示☆

こういったものの存在は、陳舜臣の半自伝小説『青雲の軸』などでもすでに紹介されていた
だがしかし、この記事が夕刊の1面に来るというのは、"証拠"が見つかったためだろう

数々の、人間の証言が、証拠がなきために封殺されていく
いちいち例題は挙げないが、戦争などの国家権力が関わった事案では、特にそうだ
明るみになるのは、前政治形態との関わりが完全に無くなってから

このインターネット上でも"ソース(情報源)"は、どの話題でも最も重要視されるポイントだ
デマゴギーが平然と飛び交う世界では、当たり前のことなのだろうが、そこにはいつも落とし穴がある
人間に信を置かず、物証をすべてとする世界では、"手にとれない"物証でも、あたかも黄門の印籠が
ごとき効力を持っている
物証の捏造自体が主流だった時代が存在したことにも、まったく留意せずに

まぁ、むずかしいところだ
ひととモノ どちらがより事実に近い存在なのか
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-20 09:16 | ニュース
☆カルデロンさん両親帰国へ 「残念だが…」と感謝の言葉☆

娘は母の妹に預け、両親はフィリピンに帰国
想定していたなかでは、いちばん厳しい結末を迎えた

強制退去の場合、向こう5年は再入国を禁止されているが、今回は特例で1年ほどになりそうだとか
にしても、中1の娘に1年の両親との離別は、なかなかにつらいものがあるだろう

ともかく、これでひとまずは決着
今回の件で考えさせられたのは、人道とネット世界の反応
あまりにも余裕のない、鬱屈の変質としての排他思考
たとえ匿名世界とはいえ、ほんのちょっとの建前すら言えない始末
この国が抱える慢性化しつつある疲れ(憑かれ)が、顕著に出た現象だった

あと写真で初めて見たけど、親父さん、ナカムラ・ノリに似とるね・・・w
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-13 21:45 | ニュース
フィリピン国籍のカルデロンさん一家の強制退去処分について

そもそも"不法滞在"には、いったいどんな問題があるのか?
素性の知れない、なにをしでかすかわからないよそ者の流入の阻止 これだろう
では、カルデロンさんに一家については、どうだろうか

父親であるアランさんは、1992年に入国して早18年強
妻のサラさんが、翌年の1993年からで、こちらも17年強
ふたりはこの国で結婚し、すでに13歳になる娘さんをこの国でもうけ、この国の学校に通わせている
(小学校入学は無審査だったのか?)
で、2006年に不法滞在が発覚し、現在に至るわけである

偽装パスポートによる不法入国と不法就労(ただ働いているだけ)以外、特に目立った犯罪歴なし
さて、彼らの入国手段はたしかに違法だったわけだが、定着に至るまでの過程、および現在において、
はたして彼らは"不良"外国人だったのだろうか?
娘に至っては、日本生まれの日本育ち 日本語しか話せないという、国籍以外は日本のこどもたちと
なんら変わらない、ごく普通の中学生である(別にグレているというウワサも出てないよね)
となると、入国手段がマズかっただけで、別になんの問題もない外国人家族というだけの話である
それなら正規の手続き、審査をして、定住させれば良いだけである
なんせ、この国では"移民を1000万人受け入れる"なんて構想も昨年、自民党国家戦略本部から
ぶち上げられたくらいなのだから
だけど当たり前だが、そんな風にはいかない それはなぜか?

「元々が犯罪者(不法入国)なんだから、追い出せばおしまい」
「彼らを認めることによって、ほかの不法入国者たちが活気づいてしまう」
さまざまな"言い分"がネット上を飛びかっているが、これはあくまでも単なる"大義"言い分である
今回は(違反している)"法"を持ち出しているだけで、おおよその心境は、単に"外国人"がキライな
だけであるというのが、こういった発言をしている、ほとんどの人間の本心のはずである
"外国人"という未知の人種 わからない・知らない=怖いという原始的こころの働き これである

たしかに"密入国"には、犯罪の響きがある
危険を感じる人間を単なる無知(外国人に友人がいないだけ)とまで誹謗する気もない
だが生活に困窮して、やむをえず、この国に希望の光を見て流れてきた人間たちを、ただ"得体がしれない"からといって、最初から拒否してしまうという感覚も、はたしてどうなのだろうか?
あまりに否定的な言句が並ぶのを眺めていると、この国の国民の成熟度を疑ってしまうものである
(国民の高齢化に反比例するかのような幼児性・幼児化を最近、感じることが多くてならない)
未知に対する全体的興味の薄れは、国家の衰亡期をも予感させるものである

不法滞在の外国人たちには、返すべき国とやらがあるわけだが、日本の犯罪者たちにも、しかるべき土地があれば、島流しよろしく、この国から追い出したい _ここまでいうのなら、今回の問題に否定的な意見を述べているひとたちの主張にも、まだ聴くべきところを認めよう
だが、ネット上で見かける発言の多くは、単なる外国人拒否(忌避)の変質版がほとんどに映る
それはもうレイシズムの自己正当化版ですらあったりするのではないだろうか

そもそも人間とは、地球という星の表面に間借り(共存)しているだけの寄生虫にすぎない
それを人間同士のわずかな差異(人種、思想ほか)をもとに、勝手に線引きし、互いの領土とやらを
主張しあい、そのラインの位置を永続的に争い続けている
いったいなんなんだろうね、人間って
最も(論理的に)高等で(情動的に)愚劣な生物なんじゃないかな

追記:たぶん中学生の娘さんが、日本人好みのする美少女だったら、マスメディア&ネットの反応は
相当にちがうものになっていたであろうことは、容易すぎるくらい予想できる話なんだけどね

追記2:ドイツにおける失業者と外国人就労者の数がほぼ同じになった時期(正確な年代は忘れた)に
ネオナチが台頭し、外国人排斥の動きが生まれたこともありましたね
これに近い感情も現在のこの国には生まれているのかもしれませんね
たしかにコンビニなどでもアジア系のアルバイトが増え、コミュニケーションの不調から、日本人の
バイトなら良いのに、なんて思うこともありますが、そういう"余裕のなさ"をあまり声高々には主張したくないな、と考えるのが大人としての在り様なのではないでしょうか
そもそも根本的な論点にまちがいがある考え方でもあるのだから(就労と排斥の単純相関には)

追記3:関連スレッドを読み漁ってみると、ほとんどが否定的な意見ばかり
いったい何がこの国の人間たちをここまで余裕のない状況に追いやってしまったのだろうか?
日ごろの鬱屈の対象のすり替え 弱い者たちが夕暮れなんとかである
以前までは、こういった人間たちに嫌悪を感じたものですが、ここまでくると、なにやら物悲しい
気分にすらなってきますね まさに夕刻(憂国)ってやつですよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-10 20:16 | ニュース
あいかわらずの茶番劇

選挙戦の駆け引きとして、自民がこの時期を狙って、特捜を動かしたという向きもあるが、
それよりも気になるのは、小沢自身の"総理になる気"の無さである
体調面のこともある話だが、それとは別に小沢は"遊撃部隊の指揮官"という職を
ことのほか気に入っているのではあるまいか、と (ここでさす遊撃部隊とは、もちろん
"自民"のそれであり、民主という外部勢力のなかに埋伏させた自民の別働隊のことである)
それがどういうわけか、本来の職とは別に民主の党首、次期総理大臣候補の位置にまで
きてしまい、焦っているのが実態ではないのか、と妄想も展開する

存外、今回の秘書献金問題のリークも自身の筋から、などという想像はさすがに穿ち過ぎか?
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-03-06 08:32 | ニュース