逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:06ワールドカップ( 28 )

無念じゃ・・・

グループリーグ最終戦は、今大会最強との呼び声も高いセレソン
序盤から、強烈なプレッシャーをかけてくるも、川口が神セーヴを連発
34分、玉田の奇跡的ゴールで先制するも、これでセレソンはギアを一段階上げ・・・
結果は、戦前予想の範疇を超えた1-4というスコアに・・・
(きょうの2ゴールでロナウドはゲルト村のW杯記録に並ぶ)

前半ロスタイムの失点で同点となってのハーフタイム
怒るヒデに対して、まるですでに敗戦したかのような顔を浮かべるサポーターたち
試合はまだ半分まできたばかり、最後まで気合を・・・

巻と玉田の2TOP
「サイドに流れるのは自分の持ち味を消す」といって、ヒデにも意見を曲げなかった巻が、
何度もサイドに流れ、前線から強烈なプレスを繰り返す
玉田もいつものヘラヘラぶりが影をひそめ、グッドなはたらき
チュンスケは体調不良&利き足ツメの影響で本来のパフォーマンスを最後まで魅せれず、
ガッサは消えている場面が多かった
イナモトとヒデは、やはり大舞台では頼りになり、カジくん、アレックスもがんばっていた
坪井と中澤のバックは、すこし評価に困る 素材としては良いものがあるのだが、中澤は宮本がいないとダメなのか? 「宮本抜きで完封」これで今後の2CB固定を期待していたのに・・・
川口はいうまでもなくグッド ペルナンブカーノのロングは、彼が触れないくらいなのだから、奇妙な変化をしていたのだろう 川口じゃなかったら、もっと失点してただろうな・・・
サブ組では、土肥・茂庭のFC東京勢がムードメイクに一役買ってた ああいうサブはチームとしても貴重
出てきてすぐに接触で痛めた高原 どうやらヒザをひねったぽいけど、だいじょうぶかなぁ・・・

ロナウジーニョのジウベルトへのラストパス、タイミング・精度ともに異常w

さてこれでわれらが日本代表のワールドカップはひとまず終了
ここからは、シンプルにサッカーをたのしむ者としての観戦を満喫するとしますか
とりあえず、われらのグループを抜けたセレソンとヒディンク豪州代表には、がんばってもらいたい
あといきなりトップギアに映ったアルヘンとエスパーニャ、オレンヂに青いのにも期待してるぞ!
さぁ~てと、きょうは早起きしたけど、このままウイイレでもやって気晴らしして仕事とするかね?w
とにかくねぶいっ!!!w
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-23 06:27 | 06ワールドカップ
想像してほしい もし日本代表にアンリやファン・ニステルローイ級のフィニッシャーが現れた場合のチームを

われらが日本代表の中盤は、ひいき目抜きに、世界の強豪を相手に回しても、1試合に1・2度は
かならず決定機をつくることができるハイレヴェルな中盤だ
もし、これにスーパーなFWがひとりでも現れたら・・・とんでもないことになってしまうのではあるまいか?
という夢想は、結果、ダレしもがしてしまうわけだが、ほんとうにそんなFWが現れた場合、
はたしてその選手がわれわれと日本代表にもたらす影響は・・・?

ただ強いだけの日本代表 ヘタすりゃW杯優勝すら、ファンは本気で信じるようになり・・・
勝っているうちはまだ良い 
だが、そんなFWが去ったあと、はたしてその存在が残す反動は、計りしえないのではあるまいか
選手の一挙手一投足に息をのむボクたち ときにうなだれ、ときによろこびを爆発させる
しかし、そのよろこびの爆発・魂の浄化には、ある程度の抑圧があって、はじめて大歓喜へと導かれるわけで、もし当たり前のようにゴールを重ねるフィニッシャーがいたら、その歓喜も・・・とボクは思ったりもするわけです
だってさ、日本代表の中盤って、ひいき目だと世界最高でしょ?w
これにすばらしいフィニッシャーがいた日には、うんざりするくらいのにわかファンが激増し、それに反比例して、それまでファンだった連中は、ぐったりしてしまうわけですよ
実際、ぼくが20年近く続けてきた阪神ファンを、星野阪神が優勝する直前にやめてしまったのも、
そんなところにあったりするわけです
大阪中のそれまで長嶋わっしょいみたいだった連中までが、「阪神!阪神!」と連呼した悪夢の数年前
あれはほとんどトラウマです 
「人間って、ここまで時流によって性格を変えるのか?」と、今後の日本そのものにも不安を覚えた始末です
もし、日本代表に最高級のFWが誕生したら・・・

もちろん、こんなのは夢想だ
もし、ほんとうにそんなFWが現れたら、熱狂して応援するに決まっている
しかし、いまの代表のパフォーマンスだってやっぱボクは大スキだ
ごくまれに生まれるFW陣のゴールには、いつも大歓喜だったりするわけです
ただね、やっぱね、下の写真の場面くらいは決めていただかないと困りますよ、現FW陣!
半勃○どころか、イ○ポになってしまうアルよ~w (ぐだぐだ与太話おわりw)

b0006096_20564517.jpg
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-19 20:55 | 06ワールドカップ
うわさでは、セレソンは1~2人ばかり休ませるつもりらしいけど、1~2人といわず、
思い切ってスタメン総替えでも良いんじゃないでしょうか、監督さん?w
(なんなら監督もじゃぽんのアレと交換なんて・・・そりゃさすがにムリか^^;)

というわけで、もうなにがなんだかわからない状態なので、夢想シミュレーションでもするかな(!?)
とりあえず、ジダとルッシオはおやすみ
カカも休ませて、リカルジーニョなんてテストしてみてはいかがでせうか?(カカはぜったい欠場で!w)
お子さんも生まれて、ゴール量産が期待されるアドリアーノは、決勝Tに備えて休養
キレが戻らないロナウドは、リハビリもかねて出場の方向で!
なんやかやでオラがセレソンに希望するスタメンは以下のとおり_

    フレッヂ   ロナウド
ペウナンブカーノ  リカルジーニョ
 ゼ・ロベルト  ジウベルト・シウヴァ
ロベルト・カルロス     シシーニョ
    クリス    ルイゾン
     ロジェリオ・セーニ

_リカルジーニョがはたしてこのポジションで合ってるのかわからんが、うん、これでも強いや!
ジャポンもスタメン代えにゃぁ・・・


         巻
   中村       小笠原
        ナカタ
   稲本       福西
アレックス         加地
     モニワ  中澤
         川口 

_こんなんどうすかね? 
どうせサイドアタックは両サイドバック以外からはないわけだし、それならジャポンが世界に冠たる中盤の部分にタレントを結集させ、巻に1TOPで落とし・落ち着かせ役に徹してもらうという方向で!
まぁ、夢想ですよ、もちろん!ジーコがこんなやるわけないし、パレイラもここまでメンツ落としてはくれまい
そもそもジャポンが実力で勝っても、のこり2国からは「ジーコ・コネの八百長だ!」といわれるのがオチだ
3戦目までに決められなかった時点で、もうやけくそガムシャラに行くっきゃないのです!
チュンスケは、やっぱツメの影響がデカいので、FKはガッサとアレクスでおねがいします(*- -)(*_ _)ペロリ

・・・ヽ( ´¬`)ノうぎゃw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-19 19:14 | 06ワールドカップ
プルショが宮本に倒されて得たPK キッカーは、なんと右サイドハーフのスルナ
彼の蹴り方なら上へのシュートは浮かす可能性が高く、初戦もブラジルに負けているため、
置きにくるシュート、右に低い弾道がくる可能性は極めて高かった
「たのむから右グラウンダーに飛んでくれ、川口!」と祈る
結果、川口は見事に期待に応えてくれた しかも、スルナのキックは正確に右隅すら狙えずに内側
このファールで宮本は次戦出場停止 
これならブラジル戦もいける!(モニワールドでロナウジーニョ完封だぃ!)

後半アタマから福西に代わり、稲本が入る
ジーコの性格からいって、思い切った采配というよりも、前半にプルショのヒザが入ったわき腹を
福西が痛めたのでは、という悪寒が走る
しかし、代わりに入った稲本は攻守にわたって活躍 次戦も期待できそうだ

51分、加地の絶妙なセンタリングが柳沢に渡り、ゴール前でどフリーに!
どうやっても枠内に行くところは、こともあろうか柳沢は逆サイドに外した・・・
これにはさすがに相手チームも唖然としたことだろう・・・

ボールが、まるで前でおさまらない
高原、柳沢、柳沢に代わって入った玉田 まるで機能せず
玉田は、足のコネクションのネジを強く締めすぎているようで、ボールに対してやわらかいタッチが
まるでできず、ただでさえ滑るドイツのスタジアムのピッチに悪戦苦闘、というかひとり旅

後半も何度もあったクロアチアのコーナー
すべて抑えれたのは奇跡としかいいようがないが、最初で気持ちを落としたスルナをずっとキッカーに
してくれていたのも、結果としてツイていた

チュンスケは、やっぱり親指のツメの影響出てたみたいだね
左右と高低 左右のコントロールは、ツメが×でもなんとかなるみたいだが、やはり高低の蹴り分けには
支障があるようだね こすり上げて落とす、が選択しづらい以上、キッカーはガッサでいくべきだったのでは?

ガッサは、90分間、攻撃の場面でずっと消えてたね
期待されたミドルもナカータにゆずり、いわゆる「ダメな日の小笠原」だった
でも、次は期待してますよ セレソンにひと泡だ!

さてさて、きょうの試合を引き分けたため、われらが日本代表は次のセレソン戦に
勝利が絶対条件となったわけだけど、はたしてどうしたものでしょうか
セレソンには勝つとしても、このあとのブラジル×オーストラリア代表戦の結果によっては、
非常にむずかしい展開に・・・
セレソンが豪州に勝った場合、最終戦の豪州×クロアチは引き分けが必須
豪州、クロアチどちらが勝っても、勝ち点、得失点的にジャポンはきびC
(得失点マイナ分をセレソンから奪い返すのは至難の技 1点勝負なので引き分けを期待するしかなくなる)
こうなってくるとどうせセレソンに勝たなければならないのなら、ヒディンク豪州に3連勝を期待するっきゃないね! じゃぽんを3-1で破ったのだから、やれんことないだろ、ゴラァ!(破綻ギレw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-19 00:29 | 06ワールドカップ
やはりデコは別格の選手だった

中盤は圧倒的に支配するも、肝心のパウレタにボールが入らず、なかなかゴールが奪えないポルト・ガール
けっきょくゴールを割るのに、63分のデコのミドルまで待たなければならなかった

ポルトガル代表は、両WGに人気・テクニックともに折り紙付きのクリスティアーノ・ロナウドとルイス・フィーゴを配し、真ん中には上にパウレタ、下にデコという超豪華な布陣だ
しかし、問題はその自慢の両WGで、ドリブル突破が得意なのはよいが、どうにも細かく刻まれるフェイント分、どうしても中央への配球が遅くなってしまう
フィーゴは、まだところどころでベテランの味を出し、早いパス出しも混ぜるが、どうにもクリちゃんは、またぎまくりで結果、相手に中央を堅めさせる時間をあたえてしまう(きょうはイランもずっと引きっぱなしだったけどね)
中央に自らが切れ込んでシュート、という恐怖を早い段階で相手に植え付けれないと、けっこう苦しい
まだまだプレイの引き出しを増やす必要があるんじゃないだろうか?
華麗なプレイって、こねる分、どうしてもカウンターなどのすばやい展開には向かないよね
これから決勝Tで上がる相手のレヴェルに、はたしてクリちゃんはちゃんと効果的に働けるのだろうか?
まだ若し、まぁ、今大会は通用しなくてもよいか、まだ(とロッベンを見てると、そうは言ってられないが)

デコは、クールなプレイヤーだね おそろしく冷静に状況を判断している
ほんとマジDE彼抜きだとポルトガル代表も・・・とまぁ、きょうので優勝まではムリぽいのはわかったが
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-18 00:14 | 06ワールドカップ
ぐるーぷ死と呼ばれたグループも第3戦を待たずして、決勝T進出チームが決まってしまった

ファン・ペルシーが、ごーる前で得たFKを本人が叩き込んでオランダ代表が先制
ロビンくんは、蹴る前から「決める子の顔」してたね
決めるやつが放つオーラというか、過不足ない集中が全身にみなぎっていた

2点目は、やはりロッベンから
サイドを切り崩して中へ 今大会はじめて楽な姿勢受けたファン・ニステルローイが、
これまた当たり前のように決めて追加点
ボールがくれば、ちゃんと決める やっぱ彼は世界に誇れる大エースですよ

38分、バカリ・コネが中央をドリブル突破 バチコン!とゴール左を射抜いて一矢

前半だけ見て寝たけど、スコアはこのまま2-1だとか
コートジボワール代表は、さすが「アフリカNO.1」と呼ばれるだけあり、バランスの良いチームだった
ただ、見ていて気づいたのは、ワールドカップも年々、地域性が薄まってきているというところ
ボスマン裁定以降、各国リーグの外国人枠規制緩和により、たくさんの国々の選手が、ハイレヴェルな
欧州リーグで活躍し、結果、どこも洗練された欧州スタイルのチームになりつつある
もちろん、生まれ育った国でのバックボーンもあるわけだが、とくにアフリカ勢なんかは、生まれ育ちも
旧宗主国とかだったりもするので、ミニ・フランス代表やミニ・オランダ代表が・・・

まぁ、ハイレヴェルな試合が見れれば、ボクは満足だけど、あとはガムシャラさが全体に上がってくれば
言うことなしですね、今大会も
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-17 08:48 | 06ワールドカップ
さんま、いくら温厚なボクでも横にいたらぶん殴ってたな、100% 失礼にもほどがある
芸人としても最低レヴェルなのに、人間としても底辺だ
なんでもかんでも自分に置き換えて、ワールドカップを貶める行為 劣悪極まりない

序盤、気持ちアルゼンチンよりに映ったイタリア人主審
アルゼンチンはイタリア系移民が多いし、イタリアと旧ユーゴの歴史は・・・
個人的には、そんなことないのだろうが、見る側としてはどうしてもそういう先入観も頭によぎってしまうので、できればその辺も配慮した人選でやってほしかった
ただし、試合中盤からはきわめてニュートラルな笛を吹いていたとも評価しているが

アジャラ、ベテランの味出しすぎ・・・
ミロシェ、ケジュマンに見えないところで何度もいやがらせしていたようだが、3-0の場面でケジュマンに裏からいったのは、ほんといただけなかった プレイと関係ないところで、あんな接触あるかよ バカたれ

ぺけ・ぼーいず連携スゴすぎ
今回のアルゼンチン代表の攻撃は、ほんと見ていてたのしい とんでもなく連携していて、
アタッカーみんなが分かりあっているカンジだね 特にリキェルメの真価をようやく見た気がする

キレたセル・モン・・・
マテヤ、キレちゃったね・・・やっぱ精神的な成熟はまだまだのようだ
今回は中盤にベテランが多く、運動量でどうしても不利だった スタンコも本来はもっと前でプレイさせたいところだけど、タレント的にもきびしいか
このままいくとコートジボワール代表にも・・・気合見せろ!

おいおい、メッシよ・・・
おまぃ、ケガ明けじゃなかったっけか? なんだよ、いきなりあのプレイは!
いくらセル・モンの集中が切れていたとはいえ、おまぃのキレキレ具合・・・チュ(゚・^*)スキですw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-17 00:08 | 06ワールドカップ

「し」のグループ

さていよいよ、死のグループ第2戦がきょうもはじまろうとしている
当該チームにとっては、まさに激戦・死のグループだが、見てる側からすると
うれC!たのC!すばらC!のグループだったりしますよね、やっぱ
個人的には、ピクCに思いいれがあるので、DOしてもセルビア・モンテネグロ代表を応援Cてしまいます
なので、きょうはセルビア・モンテネグロとコートジボワール代表が勝利して、4チーム横並びの展開に
なるのを期待していたりします
コロマンをスタメン起用し、ミロシェの代わりにジキッチ これでよい勝負を・・・て、あるへんつよすぎ!w
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-16 21:13 | 06ワールドカップ
磐石のスペイン代表は、あまりにも強すぎた
いったいどんなフォーメーションだったのか、いまだにナゾだが、とにかく圧倒的
トーレス、ビジャのトップにルイス・ガルシアが絡む
中盤をシャビ、シャビ・アロンソ、そして強烈ミドルを放つマルコス・セナ
バックは両サイドにセルヒオ・ラモス、ペルニア 真ん中にプジョルとイバニェス
そして最後にカシジャスだ
ふつうに4-4-2か4-3-3な布陣のはずなのだが、その破壊力と支配力たるや強烈だった
後半、10人になったウクライナ代表は、結局なにもできずに終わったが、
ウクライナ10にたいして、スペインは12か13くらいいるカンジだったし、攻撃に乗っているときの
無敵艦隊は、いかに手がつけられないチームかをまざまざと世界に見せつける結果となった

むずかしい体勢でも、まるで軸のブレないフェルナンド・トーレス
どんどん真ん中に切れ込んでいく、超攻撃型マルチロールのルイス・ガルシア
中盤底からとんでもない精度のロングパスを放り込むシャビ・アロンソ
そしてドッカンを持ったセナに、FKマシーンのペルニア
ロナウジーニョに感化され、みょうにテクニカルなことをするプジョルw
そしてベンチには、ホアキンを筆頭に、ラウル、レジェス、セスクなんてカードも・・・
なんかもう完全に優勝候補か?
こんなチームに予選で競り勝ったセルビア・モンテネグロ代表すごす!
ビバ!ワールドカップ!!(けっきょくそれかよw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-15 09:07 | 06ワールドカップ
ポイントはミドルからのシュートだw
カカのゴール・シーン、前園は「完全に崩されたような場面ではなかった」と言っていたが、
カカにボールが入るまでも、クロアチアの選手は人数こそいるのに、ダレもチャージにいかず、
ただ周辺を囲んでいるだけだった
形的にはくずされていないが、ミドルを打てるチームを相手にしたら、確実に失点の可能性が高くなる
ことを証明 この問題点は以前から指摘されていたことだが、本番でもやはり修正されていなかった
ガッサ(小笠原)くん、どんどん狙っていきましょうよっ!
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-14 20:34 | 06ワールドカップ