逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:或る画家、この一枚( 54 )

b0006096_21294867.jpgb0006096_21295933.jpgJules Cheret
ポスターの父と呼ばれる男
多色刷りポスターをはじめた最初のひと
Jan Van Eyck
ファン・アイク兄弟は、油彩の技法を飛躍させたことで有名
いわば現在、油絵と呼ばれているものの礎を作った兄弟だったりします
この絵は弟のヤンによるもの
(※兄の記録はあまりない)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-20 21:39 | 或る画家、この一枚
b0006096_2123492.jpgb0006096_21235584.jpgJames Ensor
左の絵を見て、ピンときたアナタはなかなかです
ガルシア・マルケス著の『予告された殺人の記録』の表紙をつとめた絵ですね、これ
アンソールは、近代ベルギーを代表した作家で、パウル・クレーやエミール・ノルデ、表現主義にシュルレアリスムにも影響を与えた男なんだってさ(※Wiki参照)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-19 21:30 | 或る画家、この一枚
b0006096_17125422.jpgTheophile Alexandre Steinlen
スイスのローザンヌから妻を引き連れパリへと移住、ロートレックなどと交友を深める
ネコを題材としたイラストが多く、ネコファンには意外と名の知れている画家なのかもしれない
書ける情報があまりないが、雑誌やポスターなどでけっこう風刺なんかも効かせていたとか
対象が大衆へと向ったこの時代、いかに民衆を惹きつけるかに、みなが腐心したものである
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-19 17:21 | 或る画家、この一枚
b0006096_16461588.jpgManuel Orazi
アール・ヌーヴォー期の画家というと、第一人者としてミュシャ、ロートレック、そしてポスターの父ジュール・シェレくらいしか、日本では有名ではありませんが、なかなかどうして他にもいっぱい良い画家いるあるよ_ということでアール・ヌーヴォー期のイラストレーターの特集でもはじめようかと
第一弾はマヌエル・オラジ データはまったくないので、知ってるひとは教えてね(*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-19 16:55 | 或る画家、この一枚
b0006096_2105894.jpgb0006096_21144.jpgレオナルド・ダ・ヴィンチという名を聞くと、やはりその絵画に対する執念のようなものを思い出す
むかし聞いた話によると、レオナルドくんはさるルートから死体を買い付けてはバラし、「どこの筋肉を引っ張れば、どこの筋肉が動く」といった具合に、解剖学的見地からもアプローチしていたという偏執狂だったとか
ローマ一の美男子だったクセに、よくもまぁ・・・な話である
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-17 21:07 | 或る画家、この一枚
b0006096_14201057.jpgb0006096_14201986.jpg左がマネで右がモネ
このひとたちってほんとによく区別がつかなくなるけど、これが正解なので絵のタッチとかでしっかりと区別しませうw
『笛吹く少年』がマネで
『散歩、日傘をさす女』がモネ

※活躍時期も近く、同じフランスの印象派だったので、ひょっとしたらお互い面識があったかもしれませんね
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-16 14:26 | 或る画家、この一枚
b0006096_1057428.jpgジェリコが描いた『狂人』_たしかにこの絵は、狂人と呼ばれるひとたちの『眼』をきっちりと捉えた佳作だ
雰囲気(表層)が強調されすぎて、多少、戯画かされてしまっているようにも思えるが、なかなかどうして・・・
ちなみにジェリコ自身は、良い氏の子だったので、海外旅行にもちょくちょく出かけるミニ・ブルジョアにあったようなので、統合失調症患者にも単に好奇の目で興味を持ったのかもしれないね
この絵はたしかに患者のそれを正鵠にとらえてはいるが、内面から湧き上がるような感情はどこにも感じれず、ひょっとしたら対になる絵が存在するの?と疑問に思ってもしまう絵だったりもする
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-15 11:11 | 或る画家、この一枚
b0006096_22382831.jpgゴッホ・・・この画家を語るとき、ボクはどうしても饒舌にはなれない
なぜなら、ボクは彼の描く絵から、世間一般が評価するような価値を見出せないからだ
そして世間も、やはり彼を語るとき、絵そのものよりも、そのサイドストーリーに触れたがる
生涯で売れた絵は1枚だけ、とか、最期は短銃で自殺した、とか・・・絵は音楽と同じで、その作品だけで評価されれば良いんじゃないだろうか
そんなボクでもそれなりにスキな絵がこれ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-14 22:41 | 或る画家、この一枚
b0006096_2234114.jpgEugene Delacroix
この絵、ドラクロアのものであってんのかな?
なんか海外のサイトで見っけたので自信はありまへんが・・・
とりあえず、こういうスケッチって良いよね 
スケッチって、なんなら完成品よりもスキだったりします、ボクは
なんというか、その画家が描きたい主題のようなものが如実と出ているような、ですので
それにしても、これ、ドラクロアで合って・・・?w
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-14 22:09 | 或る画家、この一枚
b0006096_8412542.jpgベッリーニの作品の中でも、群を抜く写実性を持つ
『レオナルド・ロレダーノの肖像』です

なんかここまで好きな絵を無作為に並べてくると、どうにもボク自身が気づかなかったAMNESIac7の美意識、というか嗜好が見えてきますね
ボクはどうやら写実的なもの、あるいは目に見えにくい孤独(孤高)、みたいなものを愛する傾向にあるのでしょうかね
ただなんとなくではありますが、そんな気がしてきました
あ、もちろんエロもほどほどに欲しいタイプの人間ではありますがw(これを格好つけていうと「背徳感」てやつになるのかな?)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-12 08:51 | 或る画家、この一枚