カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:或る画家、この一枚( 54 )

b0006096_2058452.jpgMichelangelo Merisi Da Caravaggio
カラヴァッジオの絵といえば、その写実性と暴力性が強調されるわけですが、きょう読んだ本によると、このカラヴァッジオくん、私生活でも傷害沙汰が非常に多く、なんでも殺人も2件はたらいているというなんともいえない気かん坊だったようです
15歳で初めて工房の仲間を殺し、35歳で起こしたケンカによる殺人からは逃亡生活を過ごしています
この激しすぎる性格を一流ゆえとしたものか、激しい狂気を内包した人間がたまたま一流の腕を持っていたとすべきか、なかなかにむずかしい評価である
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-25 21:06 | 或る画家、この一枚
b0006096_18361599.jpgSuzanne Valadon
多情な女と申しましょうか、ぶっちゃけいえばアバズレってやつですね、このひとw
ユトリロの母ではありますが、多くの画家や著名人と寝たおして、ユトリロの種がダレのものかもわからない始末ですw
ともかく寝た相手は錚々たるメンバーで、ロートレックなんかもあやうく・・・w
息子の親友を寝取って、娶ったこともあり、スゴイ女傑だったりしますw
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-25 18:41 | 或る画家、この一枚
b0006096_20531876.jpgb0006096_2056098.jpgFelicien Rops
この絵、別の意味でピンときますよね、みんなもw
そう、ちょっと小さくて見にくいけど、左の絵の頭なし男、どう見ても『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』の例のアイツだよねw
ちなみにロップスもやはりベルギーの画家らしく、やっぱこの時期のベルギーの熱さの証明にも近いですな
裕福な家に生まれ、パリに移住 自らが風刺雑誌を発行し、バシバシと社会をぶった切っていたようです けっこうやる男のようです
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-24 21:04 | 或る画家、この一枚
b0006096_20334737.jpgJohn Collier
なんだよ、この絵? どんなシチュエーションの絵なんだよっ?!w
どうやらタイトルは『Lady Godiva』だとか
おいCそぉなタイトルですね とても甘い(はw
※どうやらこの絵、ピーピング・トム(のぞき野郎)の語源となった物語と関係があるみたいです
みんな各々で調べてみてね 別に悲惨な内容の話というよりは美談がテーマとなった絵みたいなので^^v
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-24 20:41 | 或る画家、この一枚
Jean-Leon Gerome
この手の画題に取り組んだヨーロッパの画家ってほかにいたっけか?
洋画の手法で描かれるオリエンタルな絵、なんだかとっても良いですね
b0006096_21474438.jpgb0006096_21475051.jpg
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-23 21:51 | 或る画家、この一枚
b0006096_20424999.jpgAlma-Tadema
※注・けっしてCGではありませんw
いったいどんな絵の具使えば、こんな絵かけるんだ?
オランダに生まれ、パリで過し、最後はイギリスに
なぜかこんな時代に生まれながら、古代ローマをテーマに絵を描いていた男
他の絵もすさまじい
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-23 20:51 | 或る画家、この一枚

オノレ・ドーミエ(1808-79)

b0006096_2293315.jpgb0006096_2294345.jpgHonore Daumier
風刺版画家でありながら、油彩方面でもその実力は折り紙付きで、ロートレックやゴッホにも影響を与えたとか(※Wiki参照)

カッコイイよね、どっちの絵も
そりゃ、この絵ならほかの画家にも影響与えますよ、まちがいなく
左も右も技法はちがえど、なんかビンビンとくるものがありまっせ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-22 22:18 | 或る画家、この一枚
b0006096_113234.jpgb0006096_1133284.jpg Leon Spilliaert(左)
偶然の発見、レオン・スピリアールト
不眠症に悩まされ続けたベルギーの画家で、インスピレーションを夜に求めたためか、なかなかに何かを刺激される絵を遺しています
Fernand Khnopff(右)
このブログでは有名な画伯(w)がその掲載を薦めてきたベルギーの画家
彼を検索中にスピリアールトと偶然出逢ったので、感謝のひとでもあります
にしても、近代ベルギーはアンソールを含め、良い人材がいたのですなぁ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-22 11:18 | 或る画家、この一枚

アンリ・ルソー(1844-1910)

b0006096_225521.jpgb0006096_2331331.jpgフランス素朴派の雄 
(てか素朴派てなんね?w)
とまぁ、なにはともあれこのひとの描く絵、どれもおもしろいです
南米の密林を思わせるような絵が多いけど、本人は国外には出たことがなく、どこまでもイメージだとかw
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-21 23:06 | 或る画家、この一枚
b0006096_2218575.jpgGiuseppe Arcimboldo
興味は深々でありながらもずっと避けて通っていた画家、ジュゼッペ・アルチンボルト
この絵はまだ果物やら植物の寄せ集めで描かれているから良いが、なんかこのひとの作品のなかには異様にグロい絵があったと記憶している(海の生き物の寄せ集めだったり、動物だったり・・・)
まぁ、ともかく見てのとおり、これくらい変わった絵を描くので、やはりそれなりに根強いファンは存在するようですね
しかもこれでローマ帝国の宮廷画家であり、大人気だったというのを聞くと、むかしのひとにもビックリだったりします
当時のキリスト教徒にも、こういうニュアンスの絵はOKなのね?w
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-05-21 22:32 | 或る画家、この一枚