逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:まんが王( 44 )

ヒストリエ

b0006096_19481194.jpg(`・ω・´)なんなんだYO!このおもしろさはっ!!
ただでさえ寝不足のあむ太郎の睡眠を、見事に昨晩も削ってくれたw
内容は、紀元前のオリエントを舞台に、アレクサンダー大王の書記官・エウメネスの生涯を描いているらしい(「らしい」というのは、一般のひとが書いている書評を読んでの受け売りのため)
なにがどうとかは、いちいち説明しないけど、とにかくおもしろい!
作者は、この作品をデヴュー前からあたためていたときくが、あの『寄生獣』よりもはるかに知的好奇心をそそるストーリー展開である
唯一ざんねんなのは、続刊の出る遅さのみである・・・_| ̄|○ w
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-12-20 19:55 | まんが王

バーテンダー

b0006096_2140834.jpgひさしぶりの「まんが王」のコーナーです
『バーテンダー』①~③巻をまとめ買い とりあえず①巻を読み終えました
おもしろいです ハッキリいって『ソムリエ』、『瞬のワイン』です!w
原作者・城アラキがお贈りする酒マンガの第3作目です
いつもどおりの凄腕主人公が、ストイックに、そしてやさしくお客にサーヴィスするその姿は、3作とも共通、というかまったく同じ構成w
手馴れた手法で、またも手馴れたストーリーを展開していってくれそうですが、この原作者のマンガはどれも好きなので問題なし
                            評価:☆☆☆★★ 75点
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-12-19 21:47 | まんが王

やじきた学園道中記

少女マンガ 文庫版 1~8巻を購入 ハチャメチャ でもおもろい ハマたかもw
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-11-09 20:09 | まんが王

不思議な少年④巻

b0006096_20214515.jpgフラっと本屋に立ち寄ったら、出ていましたよ、最新刊
『天才 柳沢教授の生活』でヒットを飛ばした山下和美の現在の連載マンガ
少年は、時を問わず、さまざまな場所にあらわれ、興味深い人間たちを成長させながら(悟りのほどこし)、観察する歴史の旅人
急におとなになったり、こどもになったりと、ほんと不思議少年ですが、今巻ではなんと女性にもなります なりたい放題のやりたい放題です
とりあえずこのマンガが続くあいだは、柳沢教授の続刊もストップだろうし、いましばらく少年の旅にお付き合いするといたしましょうか
思春期のときに芽生える詩のような作品です
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-10-22 20:30 | まんが王

ホムンクルス

b0006096_1957522.jpg一流ホテルと公園のあいだの道路に停泊する車に住む、スーツ・ホームレス(もどき)の男に、ある日、「人間オタク」の医学生が接触
医学生からの提案(報酬付き)で、男は頭蓋骨の前部に小さな穴を開けることとなる
トレパネーション(頭蓋穿孔)_人間が幼児の時分に持っていた頭蓋骨の隙間を、人為的に取り戻すことによって、脳の内圧を子供のころにふたたび近くさせ、第6感を発現させる
_この手術を受けたあと、男が見たあたらしい世界とは

着想でいうとこんなカンジ 導入部分の①巻にかなり惹かれて、続けざまに最新の⑥巻まで購入
このマンガを読んで、まず最初に思いついたのは、どんなこどもにも見た瞬間、すぐに泣かれてしまうオトナのこと 
ひょっとするとこどもたちには、漠然とではあるが、彼らのホムンクルス(=潜在的心象風景をあらわす異形の姿=ユングのいうところの「シャドウ」?)が見えてしまっているのではないか、ということ
やたとと犬に吠えられるヤツ、こどもに泣かれるヤツ、ボクのまわりにもけっこういて、いままで不可解だったんだけど、ひょっとしてこういうことなのか・・・?とw

コミック自体は、およそ2年の期間で6冊と、すこしおそめのオペースです(内容的にもまだ数日)
いまのところは一気読みだったんだけど、次からの巻を悠長に待つことを考えると・・・
まぁ、けっこうおもしろいです 完結してから集めるってのも、ひとつの手だと思います(評価:65点)

※ちなみにこのマンガの導入部で言われている、「人間の脳の90%は使われていない」という説は、現在の脳科学においてはすでにほぼ破棄されつつある説です
というのも、いままでは脳の神経細胞であるニューロンとグリア、働いているのはニューロンだけであると思われていた
グリアはニューロンのおよそ10倍あるといわれるが、最近の研究によるとグリアも実はちゃんと重要な働きをはたしている、といわれるようになった
いままではグリアは働いていないと思われていたので「脳の90%は~」などという説があったわけだ
が、これはまちがいだった、というのが近年の定説である
あと脳のなかで電気で点くのも、やることによって点く部位が違うものの、どの場所もおよそまんべんなく使われているとみてまずまちがいはない
なので、脳ポテンシャルをフルに使うつもりなのならば、並列的に同時点灯を起こせるような訓練をするのがもっとものぞましいのではないだろうか、と思う

追記_そういや高校のとき、病気かなんかの手術で頭蓋(後頭部)に穴開けてた先生がいたな
円形に開けて、また蓋(フタ)しただけだから、と皮膚の下の円骨をパコパコとつまんで鳴らしてくれたこともあったけか・・・^^; あの突発的な陽気さも、こういうのから来てたのか?w
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-10-14 20:41 | まんが王

のだめカンタービレ⑬

b0006096_8512493.jpg(。・0・。)ぁ 13巻も出てたや つうこってゲッツ
まぁ、うれしいっちゃ うれしいんだけど、これでしばらくは一気読みできないかと思うと、ちとかなし
新刊は3~4ヶ月に1冊のペースみたいなので、はやくても続きは年末ということになるね(でも年明け濃厚の気も^^;)
ちなみに今巻(初版限定)では、ちいさなオマケ付
ダレが当るかはわからないみたいだけど、プラスティック製のしおりが入っていますた ボクには、孤高の天才芸人(?)・峰龍太郎がw
全部で10種あるみたいで、ミルヒのやつがほしかったけど、峰もありっちゃありなのでOKw あと『トレンドの女王』はまったくおもしろくないので注意
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-09-23 08:59 | まんが王

のだめカンタービレ

b0006096_20215672.jpgヒマつぶしに①②巻を買ったのが運の尽き
①巻131ページの「むらさきのバラのひと・・・」にゲラ笑いさせられ、
気づけば、お金もないのに⑫巻まで一気買いしてしまったw

まず主人公からして、ほかのマンガとは毛色がちがう
ひたすら不精でダメ太郎 まちがいなくボクのキライなタイプだw
ほかにもアフロひげ(なぜひげ?いまだ解明せずw)のティンパニちゃんに
お調子者の中華息子が出てきたり、極めつけに海外の巨匠もデタラメなw
ひさしぶりにツボにきたマンガ 少女マンガ、やっぱあなどりがたし!
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-09-21 20:28 | まんが王

晴れの日ユキちゃん③巻

b0006096_2003856.jpg4コマ漫画を読んで泣く
といえば、一瞬、「あん?だいじょうぶか、おまえ」とお思いになる方も
多いでしょうが、このマンガはズバリそうなのだから仕方がない
感動するといわれる映画や小説では、まったく泣くことのないあむ太郎
しかし、このマンガだけは例外も例外ですた
きょう、ブックオフで③巻を見つけますた
すでに①巻は持っていたのですが、どうやらこの③巻でおわり
最後らへんでは思わず涙涙・・・
ほんとによいマンガです
※内容にはあえてふれません 興味のある方はぜひ実際にどうぞ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-09-14 20:07 | まんが王

天才 柳沢教授の生活

b0006096_1946145.jpg以前、松本幸四郎主演でドラマ化もされていた柳沢教授
絵と幸四郎とのギャップから、マンガもドラマも敬遠していたこのマンガだが、あらためて見たら、これがああた!w
世の中を四角四面、すべて論理的に分解せずにはおられない柳沢教授が巻き起こすヒューマン・ドラマ
はっきりいっておもしろいです 
(ドラマ版は1回だけ見て、あんまりだった記憶があるも)
無理やりに堅物に生きているのではなく、それがいちばん自然だからきっちりと生きる彼の生活は、なぜか憎めず愛らしい
いいですわよ、奥さん、このマンガ(ダレだよ、奥さんてw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-27 19:51 | まんが王

ピアノの森 ⑥~⑩

b0006096_20271772.jpgぼくがこういうマンガを好きなのは仕方のないことなのです
「それしかない」という切実な人間を見る行為って、ある種のカタルシスが生じるものだからね
過去に推した『昴』だったり、『シャカリキ』だったり、『ライジング!』なんてマンガも、ある種、主人公が「マゾ?」と思うほど自分を追い詰めていき、最後には目標をしっかりとものにしていく
このマンガは、その「マゾ?」の部分が削ぎ落とされているので、すこしサッパリ系ですが、やっぱこういうのって好きです
切実なものが、アートへと向かうとき、そこにはすでに昇華の作用がはじまっている (一瞬の小旅行にどうぞ)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-12 20:37 | まんが王