逸脱せよ!


by amnesiac7

2009年 10月 11日 ( 1 )

日本代表 2-0 スコットランド代表
W杯予選敗退も決まり、宙ぶらりんなモチベーションでやってきたすっとこどっこいず
(ダレン・)フレッチャーもファーガソンもいないので、脅威はなにもなかった
なので日本代表としたら、ストレス・フリーな状態での試合 結果は・・・

今日の試合で目を引いたのは、本田、森本くらいか
本田は、ほんとうに見違えた 以前までの"ただ遅い"だけの選手からの脱皮
もちろんスプリント能力が上がったからではない プレイがシンプルになったのだ
ボールを受ければ、とにかく切れ込んでシュートを狙い、ダメなら横に流す
結果、判断にまったく時間を有しなくなったため、スピード感のある選手へと変貌した
森本は、ポジショニングが極めて良くなっていた
すでに形に対する"ポイント"が頭の中で構築されていて、そこに逆算してトップ・スピードでたどり着く
待ち構えるのではないでの、相手DFは摑まえるのが困難になる
これは日本待望のストライカーの誕生を予感させるに十分な質の高い動きだった

個人的本大会登録希望メンバー
GK 川口(or楢崎のどちらか)、川島
DF 内田、闘莉王、中沢、長友、徳永、今野、駒野
MF 遠藤、中村俊、中村憲、橋本、阿部、本田
FW 岡崎、森本

バックラインは、これに岩政を加えるくらい(要育成)
問題は中盤のサイド "クロス"の質の高いサイドがいない
松井はとっくに通用しないし、石川は突破力があるが、クロスが芳しくない
大久保は、もう大舞台で信用する気にはなれないし、むずかしいところだ
FWは1トップでやるのが人材的にベストだろうから、あとは前田を加えるくらいだけど、2枚でいく場合のみ、佐藤か大久保で手を打とう(玉田は却下)

まぁ、中盤のサイドをもう少し探るなら、香川と山田直があと半年くらいで一気に伸びて、代表入りするのがベストのシナリオ 次世代は必ず彼らが中心となるだろうし、ならなければ困るから

期待は、もちろん2014年だ
今回の大会、岡田が如何に豪語しようが、勝っていくだけの根拠がまったくない
それは大きなサイドチェンジや、サイドアタックそのものに問題があるからだ
クロスで危険な選手といえば、内田くらいで(中村はムダな"タメ"で実質は遅過ぎる)、あとはどうしても中央からの崩しに依存するところが多いので、本田や中村憲あたりが爆発しない限りは相当苦しい
中盤に底(阿部or今野or啓太みたいな選手)を置いて、遠藤とW中村をセンター 右に本田圭(クロスは内田にお任せ)、左に山田直or香川の5人で中盤を形成する4-5-1が理想となるだろうね
でも、まぁ、岡田なのでそこまでは期待しないけど
とにかく若手だけはどんどん使ってくれ 2014年のために!!
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-10-11 00:19 | サッカー