逸脱せよ!


by amnesiac7

2009年 05月 06日 ( 2 )

GWニコルと泳ぐ日

今年のGW、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
商人のボクとしてはGWは、所謂"かきいれ時"で、もちろん休めるはずもなく、例年通り、
休日返上の奮闘期間
とはいえ、今年は昨年のような"大型"とは呼べない連休で、大した売り上げも上がらず_| ̄|○

さて、ボクが今年のGWの話をするとすれば、店での、お客さんたちの話くらいか
どこかで見たことのある顔だな、と思っていたら、某画像BBSで時折貼られている調教人と
性奴さんという組み合わせの来店があったり、それこそ、色々なタイプのお客さんが来た
なかでもテンションが上がったのは、何人かの中学生からカックイイと言われたこと
最近、ちょっと顔を引き締め、ヒゲ面も板についてきて、自分でも「少しはイケるのでは?」と
半信半疑だったが、もうちょっとがむばってみるべし、と心に誓う
とはいえ、同世代からの支持の声は聞けず、あとは圧倒的にオバちゃんたちからばかり^^;
いつもどおり間(あいだ)抜けだが、中学生をもう少し、高校生、大学生あたりからの声に変えて
いければ、と・・・なんちゃって拍子抜け自慢おわり

あ、あと"カミヂ"に似ていると言われるのだけは納得がいかない
あそこまでボクの目はニヤけていまへんですから( ´¬`)
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-05-06 19:51 | 日記
昨日のサンフレッチェ V.S. FC東京戦をちょろっと視聴し、ミキッチのプレーを
ようやくゲーム単位(に近い状態)で観戦

とにかくシンプルに早い
小技が効くというタイプではないようだが、縦へのスプリントがべらぼうだ
そのくせ、決勝点へと繋がった高萩へのアシストは、極めて落ち着いた丁寧なクロス
ここがサイドの選手として、一番肝心なところか

サイドの攻防でいえば、長友もなかなか良い突破を見せていた
にも関わらず、彼のクロスが得点に絡まないのは、ひたすらクロスの精度、
特に「その前」の段階に大きな欠陥があるからだろう
ルックアップによる状況の把握と予測、そして距離感
よく言えば、がむしゃらなプレーを日本のサイドの選手はよくするわけだが、
悪くいえば、イマジネーションに欠けた短絡的な大雑把なそれが非常に目につく

現在、日本のサイドでいえば、やはりアントラーズの内田が一番の素材か
丁寧に上げるクロスは、精度の平均値も高く、ゴールに繋がるそれも少なくはない
だが、ひとつ難点を挙げるなら、その「テンポ」がとても気になる
また昨日のミキッチを例にすると、ミキッチが、タ・タ・タ・タ・タン!のタイミングで上げる
のに対して、内田は、タ・タ・タン・タンであることが多い(印象?)
蹴り出す前の最後の踏み込みが深く、「さぁ、今から上げますよ!」と内の人間が、
容易に予測、対応しやすいリズムのステップなのだ
(=深く踏み込むのはフェイクには良い、がその後こそ、テンポ&精度が重要)
シンプルにいける場面では、テンポこそが得点のカギとなる

にしてもミキッチ
やはりスピードがあるだけで、全く見える世界が違ってくるのだな、と昨晩の試合で痛感
イリヤン(・ストヤノフ)も高い位置から左右に散らし、良い働きをしていた
FC東京とは、スタイル自体も噛み合って、攻守に早い展開で見応えがあった
で、さっきとは話が変わるが、FC東京に足りない駒は、緩急をつけれる選手
高い位置からプレスをかけ、動き、連動を目指すも、どうしても急ぎ(あせり)過ぎて、
自分たちでチャンスを潰しているとしか思えない場面が多々あった
ワン・テンポ、ひと味つけれる選手がひとりいるだけで、大分と変わってくると思うのだが、
それは残念ながら梶山ではない 遠藤、中村憲クラスの、まぁブラジリアンを狙うのが、
一番の補強だと思います、うん
[PR]
by AMNESIac7 | 2009-05-06 09:01 | サッカー