逸脱せよ!


by amnesiac7

2008年 12月 02日 ( 2 )

どうでもいい、と鬼軍曹

もう、どうでもいい
で噴出すものは、ひとそれぞれ
自暴自棄から、暴力的に出る人間もいれば、自殺する者まで
で、ボクの場合は「鬼軍曹」である

「とにかく、ちゃんとやれ!」
「うるさい黙れ、ちゃんとやれ!」
普段は人間関係を壊さないためにガマンしているもの これが噴出すのが、もうどうでもいい気分のとき
ボクが普段ガマンしているものの正体は、細部まできっちりとする、である
なにをやらしても、ずさんでだらしない人間がいる
特に仕事などでのだらしさなさは死活問題でもあるのだが、それが理解できず、「細々うるさいねん!」と
バカをすこしでも活用してやろう(本当は不必要なのだが)と思えば、締め付けるのはマイナス効果
なので普段は飲み込んでいることばの数々
だからボクのなかで爆発するのは、そういった部分 鬼軍曹のいっちょあがり

たぶん横から見ていると「いやいや、オマエ、いつもうるさいよ」というひともいるだろうが、それでも5分の1近くには抑えているんだぜ、言いたいこと、いつも
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-12-02 21:01 | 雑記・雑感

めくれる

精神分裂を起こすときの感触

怒り狂う ことばではよくきく表現だが、実際に体験することは、まずない
と思っていたが、昨晩は、どうにもほんとうに狂いかけた(32年の人生で初)

どんなことでも笑ってすまそう
小さな人間を相手に、卑小な怒りをおぼえることの馬鹿らしさ
ただただ受け流していればいいと思ってきたのだが、先に魂の制御が狂う

電話があり、メモを書き置こうとしたとき、事件は起こった
脳で浮かんでいる漢字が、ペンを走らせるとちがうものになり、必死に書き直していると、次第にめちゃくちゃな文章を手が勝手に書き始め、ボクはペンを投げ捨てた

どんなことでも笑ってすまそう
と思っても、今日もバカな会話が続き、次第に声のヴォリュームが狂いだし、まるで男のヒステリー
バカ丸出しだから、すべてを笑い話にしてしまおう、と心では思っているのに、次第に何かが狂い出した
後頭部や背中から何かが剥がれていく感覚に襲われ、精神に狂が走る
自分で考えていることと、口から出ることばの乖離
こどもが口にする嘘などとは根源的に違う分裂
ふたつの感情は同時で、しかもひとつ それが交互に入れ替わり、どちらも攻撃的にシフトする

首と頭を繋ぐポイント、核
ここを中心にして、人間は普段生活をしているわけだが、分離が始まると、ここが最後の砦、分裂するふたつの自分を繋ぎとめる唯一の杭(くい)となるということを実感
きょうは左右に向かって乖離を起こしそうになったが、微かにだが、前後というのも体験したことがある
ただ、天地でこの運動が起こると、それは完全に天才と狂人の領域
これだけはボクに発生しないと、なぜかそれも確信(核心)できた

核を支えているものは、自分自身だけではない
どちらかといえば、その周辺
捨てたくない、ちょっとよろこばしいこととか、そういうものなのだろう
ボクの杭(核)は自分でもおどろくほど頑強だった たぶんけっこうたのしいこともいっぱいなんだな

"分裂"は、実際に起こしてみると、あまり正確な表現ではないことを知った
いうなれば、なにかが"めくれていく"感触が適当か
(これは先天的なものや薬物によって引き起こされたものではなく、ストレスからきたものだけだろうが)
(過去の記憶に)事件を起こした後、みょうに落ち着いているヤツらが何人かいたが、これはおそらく天地にめくれきって、"狂"に出た人間の終末の姿なのだなと、ふと

追記:"精神分裂症"から"統合失調症"への学術名変更は、名称自体の精度の向上でもあるのだな
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-12-02 20:21 | 雑記・雑感