逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2007年 03月 24日 ( 1 )

巻キタ─wwwヘ√レvv─(゚∀゚)─wwwヘ√レvv―!!!
と大声で叫びたいところだが、あれはスンスケの配球が良すぎたなw

ペルーは主軸(ピサロ、ゲレロなど)が来なかった 途中からモチベーションが切れた
が、これは完勝と言ってよい出来だったと思う
完璧に近かったディフェンス 流動的すぎて、OH、DHなどの概念が意味を成さなかった中盤
「日本にしかできない日本のサッカー」の全貌が垣間見える内容だった

スタメン選手評
川口 / 評価対象となる場面少なし A代表100試合出場おめっ!
中澤 / ひさびさの代表復帰で一抹の不安もあったが、絶大なる安定感をチームにもたらした
闘莉王 / さらさら
加地 / 本来の運動量を発揮できず 未だオシム・サッカーには未順応のご様子
駒野 / プレー精度の波が大きすぎるが、アグレッシヴに動けていた
阿部 / ほとんどを黒子に徹しながらも、場面場面でのフリーランニングも怠らず
鈴木 / 中盤底の大黒柱 アテネ本選メンバー落ちから、よくぞここまで!
中村(俊) / 絶対的中心選手 ただタクトを振るうだけでなく、自ら守備に攻撃に走り回った
遠藤 / J ナンバー1のエレガント・プレイヤーもプレスのキツい代表戦では鳴りを潜める
巻 / 遂にオシム・ジャパンで初得点 ヒザの調子は厳しそうだが、そんなことは言ってられない
高原 / 馬力が出てきて、キープ力が格段に上がってきた ケガさえなければ不動のエースの風格

とにかく俊輔がすばらしくなっていた
セルティックの試合は、ボクはニュースで断片を見るだけだったのだが、ここまで運動量が上がっているのには驚かされた
守備に攻撃に大活躍 「どこのポジションの選手だよ?!」というくらい、どこにでも顔を出していた
プレーの精度、特にサイドチェンジはやはりスーパーで、完全にチームを支配、というか支配的なだけでなく、自ら走りこんだり、なんかもう絶対にいなくてはならない背骨になってたよ

高原も良くなっていた
「自信」だけでは言い切れない、れっきとした実力がついてきている
中澤とのツイン・シュート リプレイでは笑ったけど、あのトラップ、狙ってやったというからゴイスーです

それにしても選手層、なんかスゴイことになってきてないか?
ジーコ・ジャポンが終わったとき、「ジーコはすべての人材を食い散らかし、これからは人材難を迎える」と評していた論者は多かったが、いまでは、現在の方が完全に黄金時代の様相ですよ
たったひとりの監督が「公正に」「しっかりと見て」選手たちを抜擢してきただけで、わずかに1年もしないうちにこの選手層である もし、現在でもジーコが代表監督だったならと想像したら身震いの状況だw
しかし、残りの「海外組」の連中 ほんとうに帰ってくるイス残ってんのか?
アレックスですら、危ういのではと思わせるウハウハ状態ですな、こりゃw


ところでテレ朝のインタビュアーくん、「これからの4年」て、オマエはまだ寝ぼけてるのか?
もう「3年」ですよ いつまでワールドカップイヤーを続けるつもりだw

あと、ゴミ袋、非常に気になった 色違いも飛んでいたし、どっかの阿呆が風を測定してたのかもw
てか、選手か審判!ダレでもいいから拾えってばw
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-03-24 22:08 | サッカー