逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2007年 03月 22日 ( 2 )

日本代表の高橋大輔が2位と健闘したわけだが・・・

ヤグディン、プルシェンコ(※ショートの動画)時代以降、ひさしぶりに見た世界フィギュア
率直な感想をいうと「なんじゃ、こりゃ?」である
技術云々よりも、曲とのアンサンブル、芸術性がまるでなっていない選手がほとんどだった
曲に合わせて、止めるところはきっちりと止める、大きく魅せるところは、優雅にワイドに、そして「止め・ハネ」をきっちり これが芸術を争う競技なら基本のはず
だが、その残照を魅せたのは、わずかにランビエールと高橋(これには驚いた!)のみ
そういや、高橋のコーチのおっちゃん、見覚えのある顔だったな
ひょっとしてロシアの連中を仕込んでいた、例の凄腕のおっちゃんなのかな?
(ついでに技術的は今よりもぜんぜんだが、キャンデロロも見とくが良い!)

世界的にどの競技からも、どんどんと芸術性が遠ざかっていっている気配だ
曲との調和 完全なるシンクロが、観衆をエクスタシーに導くカギなのだが、どうにも点数主義、テクニカル重視の指導が目立ってきているようだ
これは選手個人の資質よりも、指導者に人材を欠いてきていることを意味している
由々しき問題といえるだろう

シンクロのロシア代表に関しては、未だすばらしいのひとことだ
技術、同調性の高さは、元々の専売特許だったが、芸術性に関しては、過去をも凌ぐ出来である
曲とのアンサンブルもすばらしく、この時代に来て、なお進化し続けるチームの存在は、心強いものがある ただ、異次元すぎて、ほかの国が後に従うかどうかは、また別の話だが・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-03-22 21:14 | その他のスポーツ
< 若手ズラリ…家長ら7人を追加招集 >
おらのオススメの家ぴょんが、ついにA代表入りだね
けど、オジジの選考基準の今までの傾向からみると、「経験=A代表の手紙」を持たせたい有望な若手、くらいの「期待値召集」が正解か
若い選手は伸びるときは急激なので、どんどん若手を登用して、リーグの活性化を担う

矢野は、アルビレックスのファン・バステン たしかにやわらかくアクロバティックなプレーが可能な大型選手だ、が、闘争心の塊のような熱さが身につくかどうかが、矢野だけでなく、日本の全FWの課題である ごりごりタイプのFWの出現はなかなかにむずかしいものを感じる

水野は、現在、たしか片手を負傷しているはずだが、今年の活躍は目を見張るものがあるね
阿部、坂本という大黒柱を失ったジェフにあって、「オレがやらなきゃ!」と闘魂が透けて見えるようになった タッチライン付近で勝負できる選手なので、右SH~WGに近いエリアでやれたら、面白い存在になるかも いままでの日本代表には左右にウイングを配する3トップ形式は、人材の面からもなかなかなかったシステムだ、が、最近のJ リーグは、世界の潮流を受け、3トップを採用するクラブが激増している 人材もこれからはたくさん現れるだろうし、代表が率先して、いろんなバリュエーションにトライするのは良いことだろう
個人的には、Aのみならずオリンピック組でも家長と水野の左右のWGがどんどん見たいな

松橋、現在の活躍からいくと呼ばれて当然か
ただし、タコ松やグランパスの中村のような召集(?)とみるべきだろう

なんと巻誠一郎が、今回も召集された
個人的には、巻びいきのボクでも、思わず「オジジ、批判にさらされるぞ・・・」と思ったものだが、
もともとオジジは批判なんか気にしない、確固とした精神の持ち主だったから、ただの無用の心配か
巻は、昨年のW杯以降、疲労やケガなどで、ずっとコンディションが上がらない状態が続いている
そのわりには出場が続いている(ジェフの台所事情からいくと仕方ない)ため、本来の「巻の実力」が、いまのこの評価と思っているひとがファンのあいだでも非常に多いようだ
もちろん、いつまでもコンディションの上がらない選手を「なぜA代表に?」というのも、至極まともな意見だが、これは田中とはまたちがう巻の巻自身すら測れていない精神構造をオジジが読み取っての判断だろう
なんにしろ、巻という素材は、ほかとは代えがたいものがある
現在のように高原が常に健在ならば、彼だけに頼るのも良いだろうが、それがむずかしいことは、みんなが理解していること
だが今回、「追加召集」扱いになったのは、事実上のイエローカードである
(ペルー代表との試合の)次の試合までにコンディションが上がる気配を見せなければ、当分、不遇を囲い、ヘタするとそのままフェードアウトという道もサッカー界ではよくある話
精神面の消耗がいちばんデカいの(過剰に露出したがるメディアの功罪)だろうが、ここは気合を入れて、本人で乗り切るしかない問題である
[PR]
by AMNESIac7 | 2007-03-22 09:49 | サッカー