逸脱せよ!


by amnesiac7

2006年 12月 18日 ( 2 )

ひさびさに「キた」ね、これ
ぶっとくて、脂っこい絵で105円 ブクオフで見つけて、とりあえずゲッツ
(あとで『軍鶏』の絵を描いている男とおなじであることに気づく)

舞台はバブルも絶頂だったあの時代
にもかかわらず、主人公たちは超のつくド貧乏生活
職を選ばなければ、すぐに見つかるような(現在とは大違いの)時代であっても、
その資本主義的システムに抵抗するかのごとき、のらくらな生活をおくる
越えてはいけない一線、越えるべき障壁
葛藤のドラマ カルマ、ディレンマ、デンデケデン

といっても、コアは勁(つよ)いが、基本的にはコメディチックな展開なのでグイグイと惹き込まれる
どうやら、このサイズ(デラックス版)で5冊ほどあるらしい
ぜったいに続巻は買う予定ですが、まちがいなく続きは105円では買えまへんな、100%w

①巻だけの評価 ☆☆☆☆★90点(この空気たまらんw)

原作者の狩撫麻礼(カリブのマーレイさん?)は、ほかにも『天使派リョウ』なんてマンガの原作もやってるんだとか 『天使派リョウ』、以前、ぶくおふで見かけたことあるな(`☆ω☆´)ギラリw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-12-18 21:55 | まんが王
FCバルセロナ 0-1 インテルナシオナル

MVP_イアルレイ
実際は、おデコがMVPに選出されたわけだが、イアルレイでしょう、きのうの試合は!
(ロナウジーニョにならなかっただけマシだが)
決勝点を獲ったルイスじゃない方のアドリアーノよりも、なによりもイアルレイ
ザンブロッタが(負傷交代、全治1ヶ月で)下がってからは、彼の独壇場だった
(決勝点、アドリアーノのマークについていたのはベレッチ ザンブロッタだったら・・・)

それにしても、いくら終盤だったとはいえ、失点して以降のロナウジーニョの
あのヤル気のなさはなんだったんだ?
見てるこっちまでヤル気をなくすくらいの脱力っぷり 「糸が切れた」とは、まさにあのこと
慢性的に続く強行日程で、集中が持続できないのはわかるけど、メイン・イヴェントであれは・・・
最近は、なかなかキレなくなってきたじゃないか、と評価していたのに土壇場で出てしまった
(それでも終了間際のループのラストパス、あれをあのヤル気のなさで出せたのはスゴいけどw)
クラブ・アメリカ戦が、やはり祟ったのかな?
強行日程で、しかもカンタンじゃない相手に大勝 調子に乗ってスタミナ・集中力の大消費
がっちりと守る相手にきっちりと負けてしまいましたね(後半中盤以降、完全にガス欠)
まぁ、インテルナシオナルはん、おめっとさんということです(o^-')b グッ!
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-12-18 21:16 | サッカー