逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2006年 12月 12日 ( 1 )

< 住基ネット訴訟、住民側が逆転敗訴・金沢支部 >
先月、大阪高裁で下された判断が、はやくも覆されるような判決
(大阪高裁で「違憲」判決を下した裁判官は、数日後になぞの「自殺」)
民主主義国家における最大にして至高のものは、言うまでもなく「個人の自由・権利」である
それが統制する側の都合(サーヴィスの向上などという看板の意味など、たかが知れている)で、
なんということもなく蹂躙(じゅうりん)可能にするのが、この住基ネットである
穴だらけ、ハッカーたちの恰好の餌食となるシステムであるにも関わらず、強硬に進められる
国民総管理体制 いったいダレのための「サーヴィス」なのだろうか?

1年くらい前、どこぞの市町村のハッキング実験で、わずか2時間でカンタンにセキュリティが破られた、という記事を読んだ記憶があるが、この話、いまや完全になかったことになっているのはなんでなのかね? さらにセキュリティ対策に湯水税金を投入したからOK、とでもいうつもりだろうか?
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-12-12 20:47