逸脱せよ!


by amnesiac7

2006年 12月 06日 ( 1 )

『寄生獣』、『七夕の国』、『ヒストリエ』で有名な岩明均の初期作品

岩明均が、ほかの漫画家と一線を画す点は、やはり「人物」の魅せ方である
彼の描くマンガには、不思議と「行間」の存在を「見る」ことができるのだ
こどもが読んだら、たぶん、ただの退屈な話に映るかもしれないが、どうにもボクは
彼が作り出す「触感」が心地よくて仕方がない
もっとも初期に、いきなりエンターテイメント性もへったくれもない、この作品を世に出したあたりからしても、岩明は非凡である、といって差し支えないだろう
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-12-06 20:55 | まんが王