逸脱せよ!


by amnesiac7

2006年 12月 03日 ( 1 )

私は信じました・・・

< 貸します詐欺:リストラ生活苦に追い打ち…40代男性自殺 >
こういうのを読むと毎度、警察・公務員の対応の非人間性に怒りを覚える
被害にあった人間をさらに貶めて、いったいなにがたのしいというのだろうか?
それにしても「東京都知事への貸金業登録番号」というのもなんなのだろうか?
架空の表記なのか、それとも毎度の無審査か?

これはとても「一般的」な自殺例だろう
消費者金融に借りてしまったために自殺、というのは、一種の伝統だ
しかし、むかしからあったパターンとはいえ近年、激増しているのは、やはり社会の構造上の
崩壊が始まっていることを意味している
なにもわかっていない、「わかろうとしない」人間は、ただ「(カネを)借りるヤツがわるい」というだろうし、擁護する側も「いつ自分がその身にならないとも」と、論点をズラす
これ以上の社会の崩壊を防ぐために考えなければならないこと、から目をそらし、ただ嵐が、天災が去るのを待つだけの消極的死を選ぶ国民
税金はさらに上がり、生活の補助機構(医療、福祉関連)は削られ、いまもなお削り続ける犯人の支持率は、単独でいまだに過半を超える(これはほんとうに実数なのか?)
国家的鬱病が、国民全体の思考力を低下させているとでもいうのだろうか?
この国では「?」ばかりの毎日だ 
救世主の登場ばかりを夢見る国民は、ほんとうは自分以外の全員の死を求めているのだろうか?
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-12-03 09:01 | ニュース