逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2006年 09月 14日 ( 3 )

99.9%は仮説

99.9%は仮説 思い込みで判断しないための考え方

別に科学について、科学的アプローチで突っ込んでいく本というわけではない
(いや、そうでもあるわけだが)
物事の考え方 とりあえず既成概念についてでも、まずは疑ってみよう、という思考の本だ
われわれがいま「常識」と信じているものは、時代、場所によって、まるで判断がちがってくる
それらすべてが「まちがっている」のではなく、その空間においてはすべて「ただしい」判断ということ
「常識」というものを「常識」として扱うことが「非常識」な行為でもあることを指摘する書
基本的には、ぼくのスタンダード・スタイル(「アン・アーキズム=権力の不在」の精神 既成概念、道徳への根本的不信)そのままなので、ぼくが読んでいまさらどうこう、というものではないが、そうでないひとにはぜひ一度読んでいただきたいオススメの書である

「なんでアイツとは話がかみ合わないんだ?」という疑問にも、納得できる答えがありますから、ハイ

☆竹内薫オフィシャルサイト☆
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-14 21:46 | 読書感想文独書
「個性派」でないもの 「正統派」てのはいったいなんなんだろうね?
際立つ個性もなく、特異なオリジナリティがあるわけでもなく、前時代の伝統を踏襲する「正統派」
こういうヤツらの価値ってのは、いったいどういうものなのか
それはおそらく、「職人」としての価値以外、なんもないんじゃないだろうか
創造には、常に類まれな個性が必要なのに、創造性を持たない者が、クリエイティヴな職に就く現在

味の区別のつかないブタにやるエサ ブタの消費物としての正統派?
消費者に味のわからない連中が増えすぎたせいで、供給物の質が激しく低下し続けている
(正統派とすらいえないような、「雰囲気だけ」を踏襲した連中の方がいまでは大半なわけだが)

脳をまるで刺激しない、個性、味のないエサ
ぼくらを扇情、惑溺させるようなエサはどこに隠されてしまったのか?
オリジナリティの時代的磨滅、および枯渇
マズい、ただ空腹を満たすためだけに存在する偽の食事が、今夜もテーブルにならぶ
食傷の果てにはなにが生まれるのだろうか? 能動への衝動
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-14 21:32 | 雑記・雑感
< 小学生の校内暴力、過去最悪に・「対教師」が急増 >
97年から調査しはじめて、年々悪化の一途なのだとか しかも「対教師」の比率が飛躍している
でも、これって実際のところDOなんよ?

たしかに実際にも伸びているのだろうが、こういうのは「報告件数」に左右されるもので、かつてはいちいち報告されなかったような「軽微」なものでも「過敏」に報告されているような気がしてならない 
特に「対教師」に関してはね(それともびっくりするくらいバカな教師が増えているのか?)

こどもの人口が減って、発生件数が増える
こんなもの件数ではなく、比率で計算しないといけない問題じゃないのか?
それを単純に発生件数での比を出すこと自体が、文部科学省のアホなとこ
根本的におかしな調査結果だ
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-14 09:02 | ニュース