逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2006年 07月 05日 ( 2 )

またはじまた

天王寺三昧がはじまた・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-07-05 23:43 | デジカメ小僧
好ゲーム!好ゲーム!そして劇的なフィニッシュ!!!
先ほど終了したドイツ・ワールドカップの準決勝_ドイツ代表V.S.イタリア代表は、
延長後半終了間際のグロッソ、デル・ピエロの立て続けのゴールで見事アズーリが勝利しました!
起きて見た甲斐充分!非常に締まった内容の濃密な120分間でした!
最後のジラからのラストパスをデルピくんが決めたシーンなんて、ほんと鳥肌ものでしたYO!!

前半からエンジン全開でスタートしたこの試合
お互い、堅い守備からのするどい攻撃を魅せ、息もつかせぬ展開で魅せまくる
とくにカンナヴァロを中心とするアズーリのディフェンスはやはりスゴかった
体格うんぬんから「理想はブラジル代表」といっていた日本サッカー協会幹部たちだが、
この試合を見て、目標をやはりイタリア代表に変えたほうが良いと確信
体格的にも日本人とそれほどかわらず、突出したスピードがあるわけでもないのに、
とんでもなくすばやいジャックナイフのようなカウンターを魅せるアズーリ あれはほんとに理想的だ
(坪井は素材があるんだから判断を3倍に上げてカンアヴァロを目指せ!)

延長に入って、ほんのすこしだけ経験の差があらわれはじめた
延長開始序盤からジラルディーノ、ザンブロッタのフレームをたたく惜しいシュート
ドイツ代表のディフェンスが集中できていないというよりも、彼らがそれを上回っていただけだが、
ここにきての底力、やっぱスゲェと関心
ドイツ代表は、ポドルスキがフリーのヘッドと強烈なシュートをブッフォンに止められたのが痛かった
(あのシュートの場面、「お前なら止めれる」とみんなに思わせれるブッフォンて、マジで世界最高のGKだね!)

そして終了間際、歓喜は天才ピルロのノールック・パスから生まれた
逆サイド、ポスト際に決めたグロッソの集中力もすばらしいけど、あれはやはりそれを引き出したピルロのもの
これで攻めるしかなくなったドイツに、さらにジラルディーノがカウンターで抜け出し、相手DFと1対1に
落ち着いてデルピの上がりを待ち、ラストパス
しかも、このパスはかのデル・ピエロ・ゾーンへのパスとなり、クライマックス!!!
思わず手を叩いて、大笑いしました(ブッフォンがポドル・シュートを止めたときも笑ったけど)w

グッド・ゲーム W杯の歴史にも残る好ゲームでした
これでほぼアズーリは優勝を手中に収めたんじゃないかな?
アンリが怖いけど、決勝はおそらく青いの対決になるでしょう いまから期待だ 絶対生で見るぞ!!

幽霊国家のミサイルとその報道
正直、この試合観戦でボクの気持ちを萎えさせるシーンがひとつだけあった
それはもちろん試合そのものではなく、放送していたテレビ局の放送のあり方についてだ
午前3時半とその2分後に北朝鮮から日本海にミサイルが二発打ち込まれたとのことだが、
それは前半のあいだにもニュース速報で流したこと
にもかかわらず、他局が緊急ニュースを出しているのにあせったのか、ニセ国営放送はバカみたいに
画面の上部と左を完全に削って、「流れる」方式のテロップを流し始めた
あの時間帯、部屋の電気を消して見ていたボクの目におそろしく負担をかけてくれました
1回流せば、文盲でも理解障害でもない視聴者は、ちゃんと内容を把握できるんだから、
ああいった不愉快なニュースの流し方は二度としてほしくないものだ
不謹慎ととられるかもしれないが、無事に2時間も経過しているような内容のものを延々と流し続ける必要が
ほんとうにあったのだろうか?
自称・国営放送の義務として、国家の危急に機敏に反応したつもりかもしれないが、それなら
「北朝鮮からのミサイルの緊急報道は教育テレビで放送しております」くらいのテロップを流して
そっちでしっかりやればいいやろがぇ!、と
「サッカー・ファンの4年に1度のお祭りを台無しにした北朝鮮」というアピールもしたいのだろうが、
あまり露骨にやりすぎると情報の発信者自体にも批判の目が向くことをもうすこし理解してほしいものだ
幽霊国家の「わたしここにいます」の悲鳴に、いちいち過敏に反応してどないすんねん
発射の瞬間から日本海への着弾まで正確に測れているということは撃ち落としも可能なんざんしょ?
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-07-05 07:14 | 06ワールドカップ