逸脱せよ!


by amnesiac7

2006年 06月 19日 ( 3 )

想像してほしい もし日本代表にアンリやファン・ニステルローイ級のフィニッシャーが現れた場合のチームを

われらが日本代表の中盤は、ひいき目抜きに、世界の強豪を相手に回しても、1試合に1・2度は
かならず決定機をつくることができるハイレヴェルな中盤だ
もし、これにスーパーなFWがひとりでも現れたら・・・とんでもないことになってしまうのではあるまいか?
という夢想は、結果、ダレしもがしてしまうわけだが、ほんとうにそんなFWが現れた場合、
はたしてその選手がわれわれと日本代表にもたらす影響は・・・?

ただ強いだけの日本代表 ヘタすりゃW杯優勝すら、ファンは本気で信じるようになり・・・
勝っているうちはまだ良い 
だが、そんなFWが去ったあと、はたしてその存在が残す反動は、計りしえないのではあるまいか
選手の一挙手一投足に息をのむボクたち ときにうなだれ、ときによろこびを爆発させる
しかし、そのよろこびの爆発・魂の浄化には、ある程度の抑圧があって、はじめて大歓喜へと導かれるわけで、もし当たり前のようにゴールを重ねるフィニッシャーがいたら、その歓喜も・・・とボクは思ったりもするわけです
だってさ、日本代表の中盤って、ひいき目だと世界最高でしょ?w
これにすばらしいフィニッシャーがいた日には、うんざりするくらいのにわかファンが激増し、それに反比例して、それまでファンだった連中は、ぐったりしてしまうわけですよ
実際、ぼくが20年近く続けてきた阪神ファンを、星野阪神が優勝する直前にやめてしまったのも、
そんなところにあったりするわけです
大阪中のそれまで長嶋わっしょいみたいだった連中までが、「阪神!阪神!」と連呼した悪夢の数年前
あれはほとんどトラウマです 
「人間って、ここまで時流によって性格を変えるのか?」と、今後の日本そのものにも不安を覚えた始末です
もし、日本代表に最高級のFWが誕生したら・・・

もちろん、こんなのは夢想だ
もし、ほんとうにそんなFWが現れたら、熱狂して応援するに決まっている
しかし、いまの代表のパフォーマンスだってやっぱボクは大スキだ
ごくまれに生まれるFW陣のゴールには、いつも大歓喜だったりするわけです
ただね、やっぱね、下の写真の場面くらいは決めていただかないと困りますよ、現FW陣!
半勃○どころか、イ○ポになってしまうアルよ~w (ぐだぐだ与太話おわりw)

b0006096_20564517.jpg
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-19 20:55 | 06ワールドカップ
うわさでは、セレソンは1~2人ばかり休ませるつもりらしいけど、1~2人といわず、
思い切ってスタメン総替えでも良いんじゃないでしょうか、監督さん?w
(なんなら監督もじゃぽんのアレと交換なんて・・・そりゃさすがにムリか^^;)

というわけで、もうなにがなんだかわからない状態なので、夢想シミュレーションでもするかな(!?)
とりあえず、ジダとルッシオはおやすみ
カカも休ませて、リカルジーニョなんてテストしてみてはいかがでせうか?(カカはぜったい欠場で!w)
お子さんも生まれて、ゴール量産が期待されるアドリアーノは、決勝Tに備えて休養
キレが戻らないロナウドは、リハビリもかねて出場の方向で!
なんやかやでオラがセレソンに希望するスタメンは以下のとおり_

    フレッヂ   ロナウド
ペウナンブカーノ  リカルジーニョ
 ゼ・ロベルト  ジウベルト・シウヴァ
ロベルト・カルロス     シシーニョ
    クリス    ルイゾン
     ロジェリオ・セーニ

_リカルジーニョがはたしてこのポジションで合ってるのかわからんが、うん、これでも強いや!
ジャポンもスタメン代えにゃぁ・・・


         巻
   中村       小笠原
        ナカタ
   稲本       福西
アレックス         加地
     モニワ  中澤
         川口 

_こんなんどうすかね? 
どうせサイドアタックは両サイドバック以外からはないわけだし、それならジャポンが世界に冠たる中盤の部分にタレントを結集させ、巻に1TOPで落とし・落ち着かせ役に徹してもらうという方向で!
まぁ、夢想ですよ、もちろん!ジーコがこんなやるわけないし、パレイラもここまでメンツ落としてはくれまい
そもそもジャポンが実力で勝っても、のこり2国からは「ジーコ・コネの八百長だ!」といわれるのがオチだ
3戦目までに決められなかった時点で、もうやけくそガムシャラに行くっきゃないのです!
チュンスケは、やっぱツメの影響がデカいので、FKはガッサとアレクスでおねがいします(*- -)(*_ _)ペロリ

・・・ヽ( ´¬`)ノうぎゃw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-19 19:14 | 06ワールドカップ
プルショが宮本に倒されて得たPK キッカーは、なんと右サイドハーフのスルナ
彼の蹴り方なら上へのシュートは浮かす可能性が高く、初戦もブラジルに負けているため、
置きにくるシュート、右に低い弾道がくる可能性は極めて高かった
「たのむから右グラウンダーに飛んでくれ、川口!」と祈る
結果、川口は見事に期待に応えてくれた しかも、スルナのキックは正確に右隅すら狙えずに内側
このファールで宮本は次戦出場停止 
これならブラジル戦もいける!(モニワールドでロナウジーニョ完封だぃ!)

後半アタマから福西に代わり、稲本が入る
ジーコの性格からいって、思い切った采配というよりも、前半にプルショのヒザが入ったわき腹を
福西が痛めたのでは、という悪寒が走る
しかし、代わりに入った稲本は攻守にわたって活躍 次戦も期待できそうだ

51分、加地の絶妙なセンタリングが柳沢に渡り、ゴール前でどフリーに!
どうやっても枠内に行くところは、こともあろうか柳沢は逆サイドに外した・・・
これにはさすがに相手チームも唖然としたことだろう・・・

ボールが、まるで前でおさまらない
高原、柳沢、柳沢に代わって入った玉田 まるで機能せず
玉田は、足のコネクションのネジを強く締めすぎているようで、ボールに対してやわらかいタッチが
まるでできず、ただでさえ滑るドイツのスタジアムのピッチに悪戦苦闘、というかひとり旅

後半も何度もあったクロアチアのコーナー
すべて抑えれたのは奇跡としかいいようがないが、最初で気持ちを落としたスルナをずっとキッカーに
してくれていたのも、結果としてツイていた

チュンスケは、やっぱり親指のツメの影響出てたみたいだね
左右と高低 左右のコントロールは、ツメが×でもなんとかなるみたいだが、やはり高低の蹴り分けには
支障があるようだね こすり上げて落とす、が選択しづらい以上、キッカーはガッサでいくべきだったのでは?

ガッサは、90分間、攻撃の場面でずっと消えてたね
期待されたミドルもナカータにゆずり、いわゆる「ダメな日の小笠原」だった
でも、次は期待してますよ セレソンにひと泡だ!

さてさて、きょうの試合を引き分けたため、われらが日本代表は次のセレソン戦に
勝利が絶対条件となったわけだけど、はたしてどうしたものでしょうか
セレソンには勝つとしても、このあとのブラジル×オーストラリア代表戦の結果によっては、
非常にむずかしい展開に・・・
セレソンが豪州に勝った場合、最終戦の豪州×クロアチは引き分けが必須
豪州、クロアチどちらが勝っても、勝ち点、得失点的にジャポンはきびC
(得失点マイナ分をセレソンから奪い返すのは至難の技 1点勝負なので引き分けを期待するしかなくなる)
こうなってくるとどうせセレソンに勝たなければならないのなら、ヒディンク豪州に3連勝を期待するっきゃないね! じゃぽんを3-1で破ったのだから、やれんことないだろ、ゴラァ!(破綻ギレw)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-19 00:29 | 06ワールドカップ