逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2006年 06月 17日 ( 2 )

ぐるーぷ死と呼ばれたグループも第3戦を待たずして、決勝T進出チームが決まってしまった

ファン・ペルシーが、ごーる前で得たFKを本人が叩き込んでオランダ代表が先制
ロビンくんは、蹴る前から「決める子の顔」してたね
決めるやつが放つオーラというか、過不足ない集中が全身にみなぎっていた

2点目は、やはりロッベンから
サイドを切り崩して中へ 今大会はじめて楽な姿勢受けたファン・ニステルローイが、
これまた当たり前のように決めて追加点
ボールがくれば、ちゃんと決める やっぱ彼は世界に誇れる大エースですよ

38分、バカリ・コネが中央をドリブル突破 バチコン!とゴール左を射抜いて一矢

前半だけ見て寝たけど、スコアはこのまま2-1だとか
コートジボワール代表は、さすが「アフリカNO.1」と呼ばれるだけあり、バランスの良いチームだった
ただ、見ていて気づいたのは、ワールドカップも年々、地域性が薄まってきているというところ
ボスマン裁定以降、各国リーグの外国人枠規制緩和により、たくさんの国々の選手が、ハイレヴェルな
欧州リーグで活躍し、結果、どこも洗練された欧州スタイルのチームになりつつある
もちろん、生まれ育った国でのバックボーンもあるわけだが、とくにアフリカ勢なんかは、生まれ育ちも
旧宗主国とかだったりもするので、ミニ・フランス代表やミニ・オランダ代表が・・・

まぁ、ハイレヴェルな試合が見れれば、ボクは満足だけど、あとはガムシャラさが全体に上がってくれば
言うことなしですね、今大会も
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-17 08:48 | 06ワールドカップ
さんま、いくら温厚なボクでも横にいたらぶん殴ってたな、100% 失礼にもほどがある
芸人としても最低レヴェルなのに、人間としても底辺だ
なんでもかんでも自分に置き換えて、ワールドカップを貶める行為 劣悪極まりない

序盤、気持ちアルゼンチンよりに映ったイタリア人主審
アルゼンチンはイタリア系移民が多いし、イタリアと旧ユーゴの歴史は・・・
個人的には、そんなことないのだろうが、見る側としてはどうしてもそういう先入観も頭によぎってしまうので、できればその辺も配慮した人選でやってほしかった
ただし、試合中盤からはきわめてニュートラルな笛を吹いていたとも評価しているが

アジャラ、ベテランの味出しすぎ・・・
ミロシェ、ケジュマンに見えないところで何度もいやがらせしていたようだが、3-0の場面でケジュマンに裏からいったのは、ほんといただけなかった プレイと関係ないところで、あんな接触あるかよ バカたれ

ぺけ・ぼーいず連携スゴすぎ
今回のアルゼンチン代表の攻撃は、ほんと見ていてたのしい とんでもなく連携していて、
アタッカーみんなが分かりあっているカンジだね 特にリキェルメの真価をようやく見た気がする

キレたセル・モン・・・
マテヤ、キレちゃったね・・・やっぱ精神的な成熟はまだまだのようだ
今回は中盤にベテランが多く、運動量でどうしても不利だった スタンコも本来はもっと前でプレイさせたいところだけど、タレント的にもきびしいか
このままいくとコートジボワール代表にも・・・気合見せろ!

おいおい、メッシよ・・・
おまぃ、ケガ明けじゃなかったっけか? なんだよ、いきなりあのプレイは!
いくらセル・モンの集中が切れていたとはいえ、おまぃのキレキレ具合・・・チュ(゚・^*)スキですw
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-17 00:08 | 06ワールドカップ