逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2006年 01月 30日 ( 1 )

昨日の毎日新聞の記事に、小さなものではあったが、なかなかに看過しえない麻生外相の発言が載っていた

「英霊の方は天皇陛下のために万歳と言った。だったら天皇陛下が参拝なさるのが一番だ」
「日本の首相が、国内でここに行ってはならないと外国から言われるのは通らない。中国が言えば言うだけ行かざるを得ないたばこを吸うなと言うと吸いたくなるのと同じだ
28日、名古屋市内の講演で靖国神社参拝に関連しての発言だが、これには今上天皇に対する、けっして少なからぬ不敬の念がにじみ出ている
まず上段の発言は、一度、具申などが行なわれ、ある程度は話の通った段階で行なうのが、最低限だ
なのに突然、なんの理(ことわり)もなく、下から上への(小さな問題ではない)私案を大衆に公言するのは、天皇に「従う者」の態度ではなく、ただ自分の言説や行動を補強する意図としてのみで担いでいる単なる「利用者」のそれのように映る しかし、まだこの程度なら過激派の発言で済まされるレヴェルだが、下段の発言で、その判断も完全に転覆する
靖国神社を参拝している行動心理のひとつに「たばこを吸うなと言うと吸いたくなるのと同じだ」という例証を上げている点である これはさまざまな意味での多重遭難と言えるのではないだろうか
靖国参拝は、ニコチンにような中毒性から止められず、他人から止めろと指摘されると余計に腹が立ち、またスパスパ吸いたくなるのだ、と、まるでこどものような行動理念から政治的問題を無視しようとしているように映るからだ そしていちばんの問題点は、前言で横着にもまるで遠い場所から天皇に参拝を薦めるような発言をしておきながら、その参拝自体が、喫煙心理のレヴェルの話にまで落とされている点である
小さな小さな記事だったが、これは愛「国」者でないボク(愛「コミュニティ」者)からも不快を感じさせるものだった(今上を信じず、制度の効力のみを利用しようとする姿勢)
自称・愛国者であろう麻生氏は、これでほんとうの愛国者たちからも忌まれる存在になるのではないだろうか
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-30 08:57 | ニュース