逸脱せよ!


by amnesiac7

2006年 01月 24日 ( 1 )

禿タカ商法

近日、上場廃止がさかんにウワサされているライブドア
廃止を煽っているのはもちろんマスコミで、それに釣られるように連日ストップ安を更新 
暴落に次ぐ、暴落を繰り返し、いまや時価総額は直前の半分を下回っている
だが、このまま中空に霧散してしまうのか、と思ったら(思うわけがない)、案の定、買収の話が浮上してきた
いまのところ、上場が廃止され、最安値になったころの買収を狙う企業が多いらしいが、
こういうのって、いったい全体いかがなものなんでしょうね
ライブドアは、情報操作や買収益の還流なんかを行なっていたため、いまこうして叩かれているわけだが、
そこに漁夫の利を見出し、個人投資家などの巨額の損失を尻目に、良質の物件を安値で買い叩く
違法なもうけ方はダメでも、法律に則っていれば、悪質なもうけ方もOK、というのでは、
ダレがいったいなにをもって良い悪いを論じれるというのだろうか
ボクの空想では、上場廃止を煽るだけ煽っておいて、廃止撤回の直前で情報を限られたの利権屋どもに、例によって例のごとくリーク  で、その株式売買益を議員たちが自分たちに還流、くらいのお決まりの予想だったが、どうやら世の中はもっと辛辣で、まるごと外資系、アメリカに譲渡し、ごきげんをうかがうという、という近年、断続的に行なわれている朝貢献上がまたもや行なわれようとしているのかもしれない

「株はこのまま2万円台までまちがいなくいく」と、連日煽っていた週刊誌は、すでにホリエ逮捕の予測をとうのむかしから保持していた
株価が上がり、長期金利が上がれば、日本がぶっ倒れるのは自明だっただけに、神の見えざる手ならぬ、
神気取りの汚い政治家たちの手が今回もはたらいての結果だといわれても、ボクはまったく驚かない
ホリエって、法を犯した云々ではなく、連中とやり方が酷似していたために、近親憎悪を買い、
いけにえの羊に選ばれた気がしてならない 
どこまでもなんとなくだけど、おそらくそんなものでまちがいないのではないだろうか 

・ライブドア一転、買収の標的に?資産だけでも魅力的
・ライブ 外資に切り売りで“消滅”も
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-01-24 08:55 | ゴシップ・世俗系