逸脱せよ!


by amnesiac7

2005年 12月 31日 ( 1 )

ことしも1年、あっちゅうま、というつもりはさらっさらのサラサーティ
1年を光陰がごときに過ぎ去らせるには、あまりにもいろんな経験をした
今年は、プラスではなく、マイナス要素の経験をたくさんしたわけだが、これもギリギリ20代のうちに
一度経験しておけたことを前向きに捉えておきたいものである
来年は、なんとか「易」によると「変革運」らしい
これは一般的に波乱含みを意味し、忌みられているものらしいが、いま以上の悪さに甘んじるつもりもさらさらなく、変革歓迎、飛躍の年になればよい、と
クソったれな2005年も、ついに本日をもって打ち止めです 最後の最後にまだなにか隠されているかもしれないので、気を引き締めて対応したいと思います
では よいお年を

※歳をとるごとに1年が短く感じられるようになるのは、自分のいままでの総人生時間と対比で捉えてしまいがちだかららしいですよ
3歳の子の1年は、自分の一生の実に3分の1を占める期間であるのに対し、30歳にとっての1年は、自分のいままでの人生の30分の1、「ありふれた1年」ということになるかららしい
感受性を磨耗させてしまうと、どんどん「ムダな1年感覚」が身に染まり、気づいたときにはもう死の床、ということもサラサーティなので、ご用心、ご用心です(*- -)(*_ _)ペコリ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-12-31 08:55 | 日記