逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2005年 08月 22日 ( 2 )

ネットで音楽を聴く

Yahoo!ミュージック - サウンドステーション

いまヤホーで音楽の無料配信サーヴィスが実施されています
(これはヤホーIDがなくてもOKなのかな?)
山崎まさよしや鈴木亜美、クレイジーケンバンドなんかの曲が聴けたり、ジャズにロックに
けっこうチャンネル数ありまっせ
なんかレンタルまでは行かないようなミュージシャンのアルバムなんかを聴くにはもってこいかも
まぁ、BGMがわりに気が向いたらどうぞ
(途中で何度かCMが入るようですが、曲はフルサイズで聴けます)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-22 20:05 | ひまつぶし・はなくたし

その差、歴然・・・

マンガ『昴』の影響もあり、昨夜はNHKで放送されていた『ドン・キホーテ』を見てみたり・・・
ボリショイのスターと新国立劇場のバレエ団による競演だったのだが、その差たるや歴然すぎて、
唖然とした・・

マンガ『昴』によれば、バレエにおいて日本人と西欧人のあいだには、大きな大きな隔たりがあるという
ボクとしては、それほどのこともあるまい、と高をくくっていたのだが、きのうの視聴は、
そんな淡い観測を見事に打ち砕いてしまった

西欧人がひとつの動作をとる これはごく自然に彼らにはのみこまれるものなのだろうだが、
日本人は、その動作の「意味」を知るところからはじめなければならない
しかも、その「意味」は日本人にとって、なかなかに理解しがたい西欧の文化的情緒だったりするから、
これまた本解に至るには大きな道のりがある

ボリショイのスターのダンスのあとに続く日本人ダンサーの演技、強烈な睡魔と不快感をおぼえる
何がどうちがうのか?_すべてがちがう
ボリショイのダンサーが軽やかに舞ったあと、すべてを「考えながら」まちがえないように緊張しながら
踊る日本人ダンサーたち
全身すべてが完璧に計算された演技と、小手先にのみ集中し、あとはダラリとした演技
ボリショイのあとの新国立、ドーパミンのあとの乳酸

集中力、プライド、ストーリーの根本的な理解、すべてがプロとアマ、現在のリーガ・エスパニョーラと
創設当時のJリーグ、だった
この差、まだまだ埋め難し とりあえず観客の質も大きな向上が必要だろう
日本人ソリストの演技のあと、「ブラヴォーッ!ブラァヴォォッ!」と酔っぱらいのような大声で
声援を送っていたおっさんがいた

熊川哲也がこの舞台を観たら、いったいどんな感想を持っただろうか
(40分視たところで限界がきた)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-08-22 08:51 | オススメなのか?