逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2005年 06月 17日 ( 5 )

( ̄H ̄)モグモグ…ほんとはきのう書く予定だった話

15日はオカンの誕生日だったので、とりあえずケーキを買って帰ったのだが、
「シャンソンのCDが欲しい」というので、きのうはミナミへとCDを探しに行った

なかなかリストアップされてたCDがなくて、何軒かのCD屋さんをはしごするなか、
1軒のゲーセンの前になにやらおもしろいマシーンが
赤く、なぜか消防署を連想させるそのマシーンは、なんと握力と背筋力を測るマシーンだった
握力、背筋力、どの組み合わせでも3回測って200円
ちと高い気もしたけど、背筋バカのボクとしてはなかなかに看過できず、けっきょく200円を投入
1回目の計測_175kg
平均的な男性よりかはけっこうあるほうとの判定だったが、高校生のときよりも落ちてるので、
2回目も背筋測定
2回目の計測_235kg
Σ@@; なんと!高校生のときの記録を抜いたがな!w(高2で170kg、高3で216kgをマーク 全国で3位の記録だったので最強の帰宅部を称していたw)
たしかに1回目はすこし足をすべらした感があったので、多少しっかりと立って引いてみたけど、まさか高校のときのバカな記録を抜くとは・・・w いっさい筋トレをせず、散歩くらいしか運動しない男がよもやパワーアップしていようとは思わなかったので、すこし浮かれたw
ので、3回目も背筋力を・・・w
3回目の計測_250kg
(゚ロ゚;)エェッ!?・・・あれ?機械壊れてる??w
たしかに2回目よりかはさらに力入れて引いたから、伸びるのはわかるけど、
250kgという数字を前にするとなんだか「ウソだろ?」と・・・
だって250kgといえば、かなり一流のアスリートでも出にくい記録のはず・・・
しかも、ボクとしてはまだ顔を真っ赤にするほどは本気で引いていなかったので、
もしカワイイ女の子のギャラリーがいれば、もしかしたら300・・・w
一昨年、なぜか腰痛になって整骨院通ったとき、先生に
「○○さんは前と後ろの筋力のバランスが著しくわるい ○○さんはもっと腹筋をつけなければいけない」といわれたことがあったが、そのときは、
「いくら腹筋鍛えてないからって、それなりにはあるだろ」と無視してたんだけど、
この数字を見るとさすがに・・・であったw 今度からすこしは腹筋・・・
(て、これから暑くなるし、やっぱやめw 別に腹が出てるわけじゃないし、めんどいw)
ちなみにこんな話ばっかり書いていると、ボクがなんかすごいマッチョのイヤなヤツ(?w)という
イメージが付いちゃうので補足すると、
ボクは学生時代から速筋(瞬発力)系の筋力しかなくて、遅筋(持久力)系の筋力では、
まるでダメ太郎でしたあるよ
短距離、跳躍、パワーなんかは平均以上だったけど、ことが持久走とかになると
学年でもワーストに近い存在でしたw よって部活なんかもやるわけなかったと^^;
と、話がだいぶ脱線したけど、本題のシャンソンへと・・・

で、リストアップされていたシャンソンのアーティストは_
シルヴィー・バルタン(ぉw)、シャルル・アズナブール(ぇ!w)、グレコ、エディット・ピアフほか
聞いて思わず笑ったw
シルヴィー・バルタンは、おそらくかのハサミ星人の名前の由来だろうし、
アズナブールにいたっては、モロ赤い彗星なわけでww
むかしの原作家たちって、なんてオシャレなんだとおどロイターわけです
しかし、やはりこれらのミュージシャンたちはとても古く、取り扱っているCDは
ドコもシルヴィー・バルタンばかり・・・
ボクはそういうのは好きくないので(どういうこと?w)、意地になってほかのひとを探す
結局、日本橋方面の大型店に行き、エディット・ピアフとやらのベスト盤を買うことにした
椎名林檎や中島みゆき、クレモンティーヌに小野リサなんかがチョイスした曲というだけあって、
どれも聴いたことのありそうなメジャーな選曲
安心して買って帰ったら、案の定、オカンも「これ良いわ」とご満悦
とりあえず大成功のプレゼントとなったわけでした
ところで実際に聴いてみると、たしかに聞き覚えのある曲があって、しかもめちゃ良い!
愛の賛歌』や『枯葉』なんかは有名で良いのは知ってたけど、『パダン・パダン』てのは、
なんともいえない時代的雰囲気を帯びていて、思わず「これいいな」と
シャンソンって、勝手に持っていたイメージとだいぶちがって、かなりオシャレな良いカンジでしたよ
聴いたことのないひとは、ためしにレンタルしてみることを勧めてみたりもします(*- -)(*_ _)ペコリ
加藤登紀子や中島みゆき、椎名林檎なんかもやっぱりこのひとの影響かなり受けてますよ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-06-17 21:46 | 日記
「鉄条網に手間取ったな」とのこと
「チャッキーにも手間取ってんなぁ」とも言ってた
b0006096_1985773.jpg

[PR]
by AMNESIac7 | 2005-06-17 19:14 | 某画伯の絵
『同じ月を見ている』公式ブログ
どうもやはりエキサイトは、窪塚洋介を応援しているようだ
ボクも好きなのでOKコンピューター どんどんよいレポよろしくねー
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-06-17 08:59 | まれに映画なぞ
b0006096_846366.jpgやるやるとは聞いてはいたが、ここまでやる選手だとは思っていなかった
ワールドユース、ベナン代表との試合でガンバの家長が魅せまくった
後半から入った水野を除き、みんなのドリブルが通用しないなかで、ひとりだけ抜きまくってた これで腹痛で途中交代が最初から決まっていたというからなお驚く
(交代で入った苔口もJではなかなかのドリブラーと評価される選手だったが、身体能力の高いアフリカンにはまるで通用しなかった)
ではなぜ家長のドリブルは決まりまくったのか?
それはやはりほかの日本のドリブラーのように単純な加速だけで抜く選手じゃないからだろう 家長は、決して突出したスピードを持つわけじゃなく、細かく、しかしムダな回数触らずに自分のテリトリー内でボールをキープし、なおかつ相手の「間」をズラすのがうまかった
相手の「呼吸」を読んでズラすことができる一流のドリブラーの間合いを持っているようだ
あとはスペースへの飛び出しとパス、スタミナに磨きをかければ、A代表入りもほぼ間違いないだろう
ひさびさに興奮した若手の逸材である このままケガせず伸びてほしいものだ
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-06-17 08:55 | サッカー
やはりメキシコはうまかった いわゆる試合巧者というやつだ

12分、小笠原のスルーパスから加地が完璧なセンタリング、柳沢がなんとか当てて
奇跡的な先制ゴールが生まれた(あの当て方で狙ったというなら超一流選手だよ、ヤナギはw)
立ち上がりオシャレ気味だっただけに、いやがうえにもテンションが上がる
先制したおかげである程度落ち着いて対応できるようになり良いカンジかな、と思ってたら、
39分、シーニャのビューティフル・ゴールで同点_| ̄|○
このレヴェルの相手は一発で決めてくるから、まったくの油断がゆるされないのだが、
やっぱ油断してた・・・
同点でハーフタイムへ
64分、フォンセカのむずかしいヘッドが炸裂し、1点ビハインドに・・・
あとはボールを軽く回され、時間をどんどん使われてTHE END
おわってみると、点差以上に世界との差を感じさせられた試合だった
テクニック云々の差ではなく、試合の運び方という、なにか日本がいままで軽視してきたかもしれない
部分で、大きく成熟度の差を感じた この差を埋めるのはのこり1年ではなかなかにむずかしいだろう

光った選手はやはり加地とボルヘッティ
きのうの加地は、積極的なミドルをさっそく魅せてくれたし、世界でも通用するドリブルを魅せた
1試合ごとに成長するタイプの選手なだけに、このコンフェデでもっと伸びるきっかけを得てほしい
(それにはまた大きなチョンボをする必要があるが・・・だって、この子は怒られて伸びる子だからw)
で、ボルヘッティは日韓W杯のときにも思ったことだが、やはりめちゃ上手かった
ゴールこそ生まれなかったけど、そのやばいポジショニングと決定力は、世界でもトップレヴェルだね
このあと爆発する予感あり ヘディング上手すぎ 足元もハイレヴェルだ(スピードはない)
俊輔は、腰痛がだいぶヒドイらしく、動きに精細を欠いていた 
これは今大会でのジーコ・ジャポンの未来に暗雲を感じた一幕だった 小野がいれば・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-06-17 08:41 | サッカー