逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー

2005年 03月 23日 ( 2 )

ライジング!

やはり氷室冴子の才能にはおどろくほかないのだろうか
マンガ『ライジング!(画・藤田和子 / 原作・氷室冴子)』を読んでいて、つくづくそう思った
このひとはどこまでも人物描写のうまいひとだ
読むひとをグイグイとその世界に引き込んでしまうマジックをたしかに持っている
それは『ライジング!』に限らず、ほかの作品にも言えることなのだが、マンガ原作のものとしては、この作品は出色といってまちがいないだろう ほんとに読ませる
はっきりいってこの作品、画は完全に少女漫画のソレだが、読むうちに「この画でなきゃ!」と錯覚してしまうほど惹きこまれてしまうの力がある(男なら確実に手に取るのをためらうような画ですw)
はやく続きが読みたくて仕方がないが、いったいドコで売っているのだろうか・・・^^;
(今回、たまたまワイドコミック版で3~6巻をゲット どうやら全7巻らしいのだが・・・)

ところで・・・
この作品の詳細を知るためにGoogle検索をしてみたのだが・・・
『氷室冴子』というキーワードで検索した結果、なんとこの断想がイチバン上に!!Σ@@;
b0006096_20144835.jpg
ありえねぇ・・・ありえねぇ・・・マジありえねぇよw ファンのみなさん、もっと氷室記事を・・・^^;
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-23 20:32 | 氷室冴子
きのうはヤバかった・・・
一日中、耳の後ろから後頭部にかけて、鈍い偏頭痛
「フロに入れば治るだろう」と銭湯へ

湯船につかり、なんやかやして和らいできたかな、と
さぁ、帰るかと脱衣所に戻ったら、急激な目まいが・・・
やべぇ、ふんばらねば、とがんばってもなにやらクラクラ・・・
イスに座ってごまかしても一向に気分は回復しない
これは寝なければマズイと感じたが、あいにく脱衣所には大のおとなが寝転がれるような
スペースは存在しない
ムリやりにでも・・・目の前がついに顔面をドツかれたように真っ暗になって・・・
気合で這うように浴場に戻り、地下のスペースで寝転がった(とっさの機転だった)

視界が正常に戻る 4~5分ほどでようやく回復
これはだいじょうぶなうちに帰ろう、といそいで脱衣所へ
体重計に乗ると、ほんの小1時間で2kg以上減っていた・・・

家に到着し、コンタクトを外すため鏡の前
びっくりするくらいげっそりしていた
最近、むくみ(太り?)気味だったから、ちょうどよかったけど、それにしてもこの急激な痩せは・・・

(´・ω・`)朝、目を覚ます
なにやらまだやんわりと気分がわるい・・・
いったいなんなんだろう、これ?
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-03-23 08:43 | 日記