2005年 01月 17日 ( 1 )

昨晩は、まれな運動(4時間の散歩)をしてしまったため、なかなか寝付けず、寝床であれやこれやといらぬ空想・妄想をしてしまった
その幾片かの空想なかで、最悪なシミュレーションがひとつ生まれた

05年たる今年は、06年ドイツW杯アジア地区最終予選が行われる
まず、さいたまでの北朝鮮代表戦を皮切りにスタートするわけだが、日本に住む者ならダレしもが認識しているとおり、北朝鮮と日本の国交は現在、異常な緊迫状態にある
いくらスポーツと政治は別だと言ってみたところで、このまま行けば、アジア杯での中国のスタジアムよろしく、さいたまスタジアムも異様な雰囲気に包まれる可能性は決して低くない状態なのではないだろうか(そうならないことを切に願いたいが)
そんな推論を重ねるうちに、ひとつの最悪な仮想ケースがアタマによぎった・・・

両国の国家斉唱から異様な雰囲気に包まれるスタジアム
試合は、選手たちにも異常な緊迫感が強いられ、双方が決め手を欠く展開となる
北朝鮮の選手は引き分けでも良いため、途中からゆっくりとプレーしだす・・・
強度なストレスにさらされる日本代表のサポーター
そんななか未曾有の災禍の引き金となる物体(ペットボトルなり、発炎筒なり)が、北朝鮮代表を目掛けて、フーリガンから投げ込まれる(相手チームに対して物を投げつける者は、自称・サポーターであっても、けっしてサッカー・ファンと言わない フーリガンこそ適切な表現だろう)
被害を受けた北朝鮮の選手は、大げさに(主観の領域となるが、この国のメディアはそう表現するだろう)うずくまり、のた打ち回るだろう
そうなってしまえば、日本代表がそのあといくら頑張ってスコア上の快勝を収めたとしても、アジアならびに国際サッカー連盟からは厳罰が下されてしまうにちがいない
そう、勝ち点の喪失だ
しかもそれは、単純に勝ち点3が剥奪されるだけでなく、相手チームにその3が加えられ、最悪の場合、以降の試合にもその裁定は及ぶかもしれないのではないのか・・・

最悪のシミュレーションだ 思わずゲロを吐いてしまいそうな
ボクは純粋にサッカーが見たい 国の代表選手同士がその選抜された誇りをかけての真剣勝負
ナショナル・チームとは、その「国・地域」によって選ばれた代表であり、なにも「国家・国政」まで背負って戦う必要はドコにもない そういったものは元来スポーツとは無関係のはずだ
それでもやはり国家は背負うものだ、というひとたちはいる
しかしそのひとたちが望んでいるものの正体とはなんなのだろうか?
ボクらの代表選手たちに、スポーツとは別になにかくびきとなる足枷の装着の義務を望んでいるのだろうか?

この想像は悪夢だった
しかし、こういったことが起こる可能性は、決してないと言い切れないどころか、十分にありえることだ
ボクは純粋にサッカーが見たい そして我らが日本代表がなんら恥じるところなく、快勝を収めることを切に願っている 日本代表の誇りは、ボクたち自身も担っているのだ 
相手がどうこうではなく、自らが完璧なる自制をもってしっかりとした応援のスタイルを貫くべきだ
(もちろん北朝鮮代表選手も北朝鮮という国家のヘマまで背負う必要はドコにもないし、強制できない)
もし、こんなことが起これば、日本は世界中から、中国と同じくフーリガンの居住地域と見なされても言い訳ができなくなる
それこそ一生、死ぬまでうなされる悪夢となってしまうだろう
アジア杯での異常な雰囲気にある種の高揚感をおぼえたひとは少なくないだろうが、高揚感の正体を履き違えず、今度は冷静になって試合を見る目がすこし必要となるのではないだろうか
ボクらは、悪者扱いを受けるには耐えられず、ただ純粋にサッカーを見たいのだから・・・
平穏無事な快勝のみこそ、ボクは切に願う それ以上のオマケは、今回はいっさい求めない
[PR]
by amnesiac7 | 2005-01-17 13:12 | サッカー