逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2004年 08月 19日 ( 2 )

五輪日本代表チームのアテネでの戦いは終わった・・・
しかし、次はドイツへと道は続いて行く
これは終わりではなく、新たなるスタートへのひとつの区切りである

_ということで、今回のアテネ五輪を振り返り、ボクの勝手な私見で、選手の評価と将来の展望を語ってみようかと。

< アテネ五輪日本代表選手 >

×曽ケ端 準 / OA枠での参加。しかし曽ケ端にとっては、前回大会で楢崎にポジションを奪われていたため、初めての大舞台となった。OAとしての「経験」をチームにフィードバックできず、コーチングにも難を見せ、緊張からか、ミスも連発・・・。ふんだりけったりの大会となった^^;

×黒河 貴矢 / 出場なし^^; 将来性も・・・?

那須 大亮 / 初戦の致命的なミスで、曽ケ端と同様、戦犯扱い^^; しかし、実力的には決して悪い選手ではない。今回は緊張からの不運としか言いようがない。こういう風に初め緊張する選手の方が、あとあと伸びてくるにちがいない。ガンバレ!

茂庭 照幸 / 及第点は行っていたと思う。

田中マルクス闘莉王 / カレも緊張か、それともチームからそう要求されたのか、持ち味をあまり出せずに終わってしまった。だましだましになっている故障を早く完治させ、更なる飛躍に期待したい!

菊地 直哉 / 最終戦の出場で、そのポテンシャルの高さをまざまざと見せつけた!フィジカル、見えないところでのプレーのスキルアップで、A代表を目指してほしい逸材!ホレた!w

阿部 勇樹 / FKの精度だけなら即A代表! だが、中盤での展開力はまだまだ・・・。カレのスキルアップを考えるなら、いますぐにでも海外に行くべきだ。ジェフでは、あまり上積みは望めないかと^^;

今野 泰幸 / アジア地区予選からメキメキ頭角を現してきた新星!進境著しい男!カレの将来には期待せずにはいられない!まだ伸びる!

森崎 浩司 / ボランチ、左SHだけでなく、トップ下も出来るユーティリティ・プレイヤー。キック精度も向上中で、なかなか良い選手。(たしか広島ではウィングもやってたよな)

駒野 友一 / 最後に間に合った男。左右のDH・SHをこなす。広島は台所事情からか、ユーティリティが多い。めざせガットゥーゾ!w

徳永 悠平 / FC東京では、A代表の加地をさしおいてレギュラーの右SH・SB。実力はある。大学に通っている場合じゃないw

石川 直宏 / 最終節のみの出場だが、鮮烈な輝きを放った。超攻撃的SHゆえ、監督としてはなかなか切れる場面が・・・。クロスの精度も確実に上がってきている。将来性もある。(ただ、ナショナル・チームでは賭けになるプレイヤーだ^^;)

小野 伸二 / いわずと知れた世界のONO!今回はOA枠での参加となったが、いかんせん練習期間が短すぎた・・・_| ̄|○

松井 大輔 / ファンタジスタもまだアジア・レヴェル。良い線いってるし、好きな選手だけど、A代表には遠い・・・。カレの今後の爆発には「狂気」が必要である。

高松 大樹 / なんちゃってポスト・プレイヤー。しかし、運は持っていた。むかしの平瀬を思い出した。最終戦だけは、ちゃんと真ん中にいたけど、このひとストライカーじゃんw サイドに流れすぎ。将来性は・・・平瀬は越えるかもね^^;

平山 相太 / スケールは大きい。しかしオフェンス・ファールが多すぎる。大学なんかに行ってる場合じゃない。次、海外からオファーがあったら、カジりついても行くべきである。06年には間に合わないだろうけど_| ̄|○

大久保 嘉人 / 生まれ変わった!ほんとに成長した!ドリブル、嗅覚、集中力、どれをとってもA代表に近いレヴェルだ。06年に期待!

田中 達也 / もっともっと見たかった選手!絶好調の大久保と比べても、全く遜色のない選手。なぜ、カレと大久保の高速2トップでチャレンジしなかったのか、山もっちゃんに言いたい!A代表いける!!


山本昌邦 / 指導者としては一流。指揮官としては、まだ経験が足りなかった。人情派ゆえの曽ケ端の召集は失敗に終わった。今後の去就に注目。優れた人材であることは間違いない。


イタリア戦を見れなかったので、曖昧な評価も多いけど、今回のボクの感想はこんなカンジです。
ヽ( ´¬`)ノぁぁ イタリア戦見たかったw でも五輪はまだまだ続くよ。ところで決勝トーナメント、民放であるの?(心配だ^^;)
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-19 21:23 | サッカー
b0006096_759289.jpg< 逸材!菊池直哉 >
やはり中盤でやる菊池直哉はスゴかった。
高校生時代、練習先のアーセナルからオファーが着たのもうなずける。
とにかく展開力がすさまじい。
大久保へのアシストも、最初、「小野から?!」と一瞬、見間違うほどだった。
山本さんが、今までディフェンダー起用していたのも、本気でドイツ行きを考えて、スキルアップさせるための起用だったのかも。
あとはフィジカルと「見えないところ」でのプレー(ダーティーさ含む)を磨いて、A代表入りを目指してほしいものです!素質は充分!良い選手です!

< 試合評 >
グリープリーグ敗退が決まり、失うモノのなくなった日本代表。
経験を積ませるという意味でも、ここまでスタメンのなかった石川、菊池を起用。
コレがハマった。
石川の鋭いドリブルとクロス、菊池の視野の広い、高い精度の配球。
気になったのは、小野の消えていた時間の長さと、やはり曽ケ端だった。
(_ということで五輪代表寸評については、今夜にでもやろうかと)

ガーナ代表については、やはりココまでの成績がうなずける高いポテンシャルを持ったチームだった。
アッピア、ギャン兄弟、ティエロ・・・。
しかし、先制されると、たとえどんな強豪でも苦しいということを、まざまざと見せつけられる試合展開となった。
これは日本代表にも言えることで、今回、どんなに批難を受けようが、実際はソレほどドコも差がなかったということを意味しているようにも思える。


五輪日本代表の闘いは終わった・・・。
この中から上に上がれる選手は何人出てくるだろうか?
これで終わりじゃない。
これからも彼らの成長に注目である。
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-19 08:32 | サッカー