逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

日本 1-2 アルゼンチン ヽ( ´¬`)ノ

b0006096_21243755.jpg< 2軍と言われようが やはりアルゼンチンは強かった >

当初、発表されていたクレスポ、アイマール、ヴェロンといった主力が、続々と不参加を表明し、ほとんどネーム・ヴァリューのない選手ばかりが来日したアルゼンチン代表。
それでもやはり強かった。
上半身を使ったボールキープ力と、玉際の強さ
この点に関して、日本が追いつくのは、まだまだ至難の業である。
というのも、手の使い方を教えれるような指導者が、まだまだ日本にあまり育っていないはずだから。

リキェルメの3本のシュートは、どれももう少し押さえが利いていれば、入っているようなタイミングのもので、コンディションがよければ、ハットもありえた^^; (2点目のアシストは「(゚ロ゚;)あがっ」だったw)
サムエルの守備もやはり「上手い」のひとこと。特別スピードがあるわけでもないのに、あのポジショニングとボール奪取に行くタイミングといったら・・・。

< きょうの日本代表の評価、気になった点 >

モチベーションの低さ=ボールへの執着心=アジアカップからの反動
鈴木は1対1では、95%突破がムリということファール・ゲッターとしてのみ機能。くさびとなるには、ボールの扱いが・・・。鈴木と加地のボール交換を見ていると絶望的な気分になる
アレックスの異常なまでの自己満足=なんでも自分で持っていこうとするクセ。真ん中でフリーな選手がいても、ほとんどの場合、自分で中に入るか、サイド突破に
ジーコの選手起用=なぜ中田浩二ではなく、相手のイヤがる福西を代えたのか?4バックに固執して、中沢を代えることの意味の「?」

だけど、もっとも気になったのは、やはりモチベーションの低さから来る、不用意なパスに尽きるかな。
「なんで そんな弱いパスが通るとでも思ってんの?」と訊きたくなるようなのが多すぎた。玉際の闘争心も薄味だった・・・。

でも、仕方ないか。アジアカップの反動。これってやっぱ大きいべ。
次のインド戦までには、また気持ちを一新して、がんばってくれることに期待しましょう!


|∇')ノてか今夜は五輪代表のガーナ戦じゃん!いまから仮眠摂って ばっちり観戦しようぜい!
[PR]
by amnesiac7 | 2004-08-18 21:40 | サッカー