逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

サカつくEU ウエイン!ウエイン!ウエイン!

2010-11シーズン最終成績
リーグ制覇、FA準優勝
トレゼゲ、ムトゥの加入で絶対的エース、ポドルスキの1TOP体制を2TOPへと移行
ルーカスとダヴィドのふたりで40ゴールという高い設定をノルマとしていたが、終わってみれば、しっかりと43ゴール ポドルスキは26ゴールし、やはり3年連続の得点王を手中にした
ただ、あいかわらずCLは勝ちきれない
決勝トーナメントまでは勝ち進むも、いつも1回戦で力尽きる なんとかセネヴァー

2011-12シーズン ビッグネーム 
アドリアン・ムトゥ+31億円で、サポーター狂喜のウエイン・ルーニーを獲得!
すでに新加入では、即戦力となりえないくらいのチーム構成のなかで、途中出場ながらも、
しっかりとその存在をアピールしてくれるイングランドの大エース
2年連続のレンタルから帰ってきたサヒンもいよいよ主軸を脅かす存在になりだし、磐石間近か
念願のマルディーニ獲得は91億円+アビダルほか2名でもラツィオにオファーを拒否され、膠着状態
浮いたお金で、代わりにジェームズ・ミルナーを来期から加入させることにした(31億円+フォベール)

錬金術
2部昇格からわずか数年で、6万人収容のスタジアムにこの戦力
いったいどこから資金が出てくるのか、疑問に持つプレイヤーもいるだろうが、うちに錬金術はズバリ「ユース選手の売却」である
獲得初年度(16歳)の選手はトップ昇格させても移籍金が1000~2000万円程度(トップ新加入選手も同じ)だが、1年寝かすとしっかりとした実力どおりの金額まで跳ね上がる(なので17歳で昇格)
うちは架空選手は片っ端から売っていくので、年間で数十億円の売却益が発生する
ポイントはもちろん「スカウト」だ
優秀なスカウトはたとえ高額のサラリーでも、3名枠フルで雇用するべし
優秀なほど、やはり優秀な選手を見つけてくるわけだし、1年後の売却益で充分おつりがくる
理想的なやり方は、トップに3枠ほど売却枠を作り、常時3名の昇格(移籍リスト掲載)組を置くこと
だいたい年に5~6人ほど売れれば合格 ただ特別優れた素材は1年のレンタルののちに売っても可
ノウハウさえ掴めば、あとはその潤沢な売却益でクラブ資産の増強、ビッグネームの獲得も可能だ
[PR]
by AMNESIac7 | 2008-08-17 09:14 | サカつく欧州版