逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ご都合感覚、如実に

< 年金調査:「近い将来破たん」59%に 40代不信感強い >
全体でこそ59%という数字となったが、40代では実に77%もの人間が「近い将来、年金制度は破綻する」と考えているという結果となった
しかし、ここでもっとおもしろいのは、70代以上の37%という数字である
「自分が死ぬまでは、まぁ、なんとか持ちこたえるだろう」くらいの感覚なのか?
はたまた「どっこい日本の足腰をなめるんじゃない なんとか持ちこたえるさ」と夢想しているのか?
どっちにしても、質問がさす「近い将来」は、40代に対してと、70代に対してとでは、まったくことばの意味合いがちがってしまうようである
けっきょくは自分の視点 人間は、自分の信じたいものを信じるようにできているということか
40代以下にとっては、ほとんど絶望にも近い数字
これくらい国民が前もってあきらめてくれると、行政としては「打ち切り」もやりやすいだろうな
まぁ、いま日本(本来なら奔放な経営をした政府の責任なのだから、「日本政府」のとしたいところだが)が抱える負債総額は、とっくに「国家破綻」状態といってもおかしくないような額
これで「年金はだいじょうぶ」と夢想しろというほうが不可能だ
さらに老人も借金も雪だるま式に増え続け、それを支える若い連中も枯渇してゆく
明白すぎる未来図なのに、のんき坊主な回答をする70代のお年寄りたち
せめてちゃんとした見識をしめしてほしいものだ これは礼儀の問題でしょ、たぶん

消費税から供出するという案 
一見、これしか方法は残されていないみたいだけど、消費税の引き上げはなにも年金のためだけにあるわけでは、もちろんない いったい何%にすれば万事OKとなるのか?
そして、そこまで引き上げた場合の「消費」はどうなってしまうのか?
ここ数年、自殺率世界トップ水準の国が、しかも、ただでさえ貴重種となると予測される若者たちの生活にさらなる閉塞感を与え、真綿で首を絞め続ける
これがもたらすであろう近未来の社会的状況、容易に予想の立つ悪夢である
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-09-18 21:34 | ケイオス-フィリア