逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

06W杯 注目代表チーム&注目選手

ドイツ代表
・英雄クリンスマンが率いる開催国代表 ディフェンスに難ありだがグループ突破は確実
☆トルステン・フリンクス / もちろんバラックも注目だが、その相棒はもっと注目 チームの心臓は彼

イングランド代表
・タレントは過去最高だが、それを十全に活かせるシステムの構築は結局・・・ルーニーの復帰は果たして?
☆スティーヴン・ジェラード / 彼がズドンを3発以上魅せれば、BEST4も夢ではない

パラグアイ代表
・イングランド、スウェーデンと同組になり、しんどい戦いになりそうだが、試合巧者なだけに・・・
☆ロケ・サンタクルス / そろそろその真価を大舞台で魅せてほしいとねがうスター選手

スウェーデン代表
・あなどれない、のことばでは済まされないタレントが揃い、上位進出もすでに義務か?
☆ヘンリク・ラーション / 34歳にして、いまだ嗅覚に衰えをみせない脅威のスナイパー

アルゼンチン代表
前回大会に引き続き、今回の死のグループに入ったセレスティ・ブランコ ペケ息子たちが爆発すれば
☆パブロ・アイマール / ポジション的にスタメンは微妙だが期待、というかファンw

コートジボワール代表
初出場だがタレントではアフリカ最強とも 前回のセネガル代表級の活躍も充分ありうる
☆ディディエ・ドログバ / 去就が騒がれるチェルシーのエース 得点力+演技力(?)でゴール量産も

セルビア・モンテネグロ代表
「初出場」にして今回が「最後」のセル・モン代表 守備が安定しており、大崩れはないだろう
☆マテヤ・ケズマン / チェルシーでこそ光れなかったがその得点感覚に疑いの余地はない スゴいの頼む

オランダ代表
有力黒人選手が多数落選し、にわかに物議をかもし出しているがタレントは屈指、というか最高
☆ロビン・ファン・ペルシー / ロッベンもそうだが、今回のオランイェのWGはほんとヤバイ カイトもいるし

メキシコ代表
近年、安定してFIFAランクの上位にいる強豪国 「戦い方」に長けた試合巧者
☆ハレド・ボルヘッティ / 空中戦の技術は世界最高クラス 今大会最強のターゲットマンのひとり

イラン代表
攻撃力だけなら、ほかの出場国にもけっして劣らないアジアの雄 ブンデス組の爆発で2位通過を!
☆アリ・カリミ / バイエルンでもスタメンに座る司令塔 得点感覚にも優れる中心選手

ポルトガル代表
地元開催のEUROでは見事準優勝をおさめ、波に乗る強豪 タレントも揃い、グループ突破は義務か
☆クリスティアーノ・ロナウド / 大会屈指の人気を誇るイケメン・サイドアタッカー 実力もハンパない

イタリア代表
ユーヴェ事件でゴタゴタ続きにアズーリ 強豪だが、大会に集中できるか自体が微妙な状況・・・
☆ジェンナーロ・ガットゥーゾ / 今大会最強の闘犬 男前なのにそれを感じさせないキャラクターw

ガーナ代表
チェルシーのエッシェンやセリアAで鳴らしたアッピアが中盤に座るあなどれない初出場
☆マイケル・エッシェン / 昨夏、チェルシーで最高値を付けた中盤 代表でもその価値を示せるか?

アメリカ代表
前回大会でその実力が本物になりつつあることを証明したが、ベテランの多さがすこし気になる
☆ランドン・ドノヴァン / MLSでやっているのがもったいなすぎるタレント 今回の活躍で欧州復帰を!

チェコ代表
いまだベテランへの依存度が高く、前回のレ・ブルーのようなことにならなければ良いが・・・
☆マレク・ヤンクロフスキ / 強烈なミドルを持つ左サイドバック 注目度は高くないが期待している

ブラジル代表
今大会最高にして、歴代最強のカナリア軍団 高齢化した両SBの裏を狙うのが唯一の勝ち目か?
☆アドリアーノ / 気性にムラがあるが素材は歴史的にも最高水準 脅威のズドンには思わず笑うw

クロアチア代表
中盤の両サイドは大会屈指の実力 だがチーム全体を通して守備の意識が低く、つけ込むスキは充分ある
☆ダリヨ・スルナ / バビッチと同じくFKも蹴れる強力ドリブラー アレックスとのマッチアップはいまから・・・^^;

オーストラリア代表
名将ヒディンクの元、自分たちの特性の使い方を理解しはじめたオージー F2位通過の最有力候補・・・

日本代表
説明不要のわれらがセレソン 中盤はどんな強豪国を敵に回しても、必ずチャンスメイクできるが・・・
☆中村俊輔 / すべては彼次第か いかに彼に前を向かせてボールを持たせることができるかが突破のカギ

フランス代表
予選の苦戦から結局、ジズーらベテランを復帰させるしかなかったレ・ブルー 突破も確実とは言えない
☆ティエリ・アンリ / カウンター型では世界最高のFWだが、こねくりジズーがスタメンだと良さも半減か・・・

スイス代表
注目度は低いがフランス、アイルランドと同組になった予選でも負けなし ただフォンランテンの離脱は・・・
☆アレクサンドル・フレイ / 「絶対的エース」らしい・・・ 「ポストワークに長けている」らしい・・・w

韓国代表
前回大会の審判買収疑惑から世界の心証はきわめて悪いが、BEST4が実力だったことを証明できるか?
☆パク・チソン / かのメガクラブ、マンUでもレギュラー定着した大黒柱 無尽蔵の運動量でチームを牽引する

スペイン代表
問題じいさんが指揮官だが、特有のムラが減り、実力は安定した 組み合わせにも恵まれ上位進出確定
☆シャビ・アロンソ / 度肝を抜く高精度のロングフィードを所有 個人的に最も注目しているセンターハーフ

ウクライナ代表
クラブが先に世界進出した国の代表だが、はたして・・・ 実力は中途半端で、すべてはシェヴァ次第
☆アンドリィ・シェフチェンコ / 04年のバロンドール受賞FW 29歳で初出場となるW杯 気合十分
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-06-06 21:16 | サッカー