逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

CL決勝 バルセロナ 2-1 アーセナル

民放でしか見れず、しかもサッカー過疎地(放送ほとんどなし)の大阪で、ヨーロッパのサッカー・シーンを
フルで拝めるのは、ほんとうにひさしぶり 仮眠を摂って、いざ視聴!

ゲームは立ち上がりからめまぐるしいスピードで展開される これぞ、まさにスペクタクル!
てか、なんだ、このレヴェルの高さはいったい?!w
ラファエル・マルケスの精度の高い超ロングフィード 俊輔よりスゴくないか!?
アンリが2本続けて、惜しいシュートを放つ! きょうのアンリはキレキレだ!

前半18分、DF裏へのスルーパスに反応したエトーが、爆速でゴール前へ!
飛び出してきたレーマンがかわされそうになって、思わず引っ掛ける(エトーのシミュレーション?)
ボールは、わずかにエリアの外だったが、このファールでレーマンは痛恨のレッドカード
ひとり少なくなったアーセナルは、はやくもピレスをあきらめ、GKのアルムニアを投入
ピレスは、自分の責任ではないのに無念の交代 やる瀬ない
(FKはロナウジーニョがゴール左上に外す)

前半37分、ペナルティエリア右でリュンベリがプジョルからファールをゲットし、FKに
アンリの絶妙なピンポイントFKから、長身のキェンベルが決めて、10人のアーセナルがまさかの先制!

10人になったアーセナルに対して、11人のバルサは逆にプレッシャーなのか、なかなかフィニッシュまで
試合を組み立てられない
ロナウジーニョも疲労のピークか、精彩を欠き、くすんだまま

後半16分、ライカールトはたまらず2枚目のカード、今期限りで退団するスウェーデンの至宝・ラーション投入
26分にはベレッチも投入し、超攻撃態勢 この采配がズバリと当たる!

後半31分、35分、ともにラーションの絶妙アシストからエトーとベレッチが決め、バルサが逆転!
今年36歳になるベテランが、大一番で最盛期の選手のような動きを魅せ、輝いた
彼の動きを見るかぎり、まだまだやれるだろうし、ロジェ・ミラの年齢になっても・・・とんでもない選手だ
これでアーセナルは、完全に力尽きる・・・

05-06シーズン UEFAチャンピオンズ・リーグは、スペインのバルセロナの優勝を幕を閉じた
途中、何度も衛星回線に不備が出て、ほとんどラヂオ状態になっていた時間帯もあったが、総じてすばらしい試合内容だったので、まぁ、ゆるしておこうか
レーマンの退場がなければ、またまったくちがう試合展開になっていただろうけど、リヴェンジはドイツW杯で!
アンリはやはり世界最高のFWだ!ドイツでも・・・て、ジズーとの相性はさいてーだったか^^;
アルムニアは、フィードの精度を上げれば、一流のGKの仲間入りだね

ヽ( ´¬`)ノあかん・・・寝不足 きょうの仕事が思いやら・・・れ・・・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-05-18 08:55 | サッカー