逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アルスラーン戦記レクチャー

真夜中を越え、仕事の合間をぬい、はやくも6巻中腹までの快進撃 この麻薬性はいったいなんなのだろう?
第1部7冊、第2部おなじく7冊に外伝を加えるという構想の一大叙事詩
完結すれば、まちがいなく銀河英雄伝説と並ぶ、田中芳樹の代表的傑作となることだろう
長編ゆえに敬遠するひとも多いだろうが、ここではすこし、物語の概要を紹介

主要国家

・パルス_モデルはおそらくペルシア アンドラゴラス王が率いるシルクロードの中心国家
・ルシタニア_ブリタニアか? イアルダボートのみが神と崇める十字軍なみの超排他的集団
・シンドゥラ_エジプトがモデルか 象兵を使う
・トゥラーン_パルスと長期に渡って抗争 たぶんモンゴルがモデル

主要人物
・アルスラーン_この物語の主人公 まだ少年で今後の成長が期待される アルス(地球)ラー(太陽神)から?
・ダリューン_独壇場状態の趙雲 万騎長(マルズバーン)最強の男
・ナルサス_武勇もいける積極的なヤン・ウェンリー アルスラーンのよき軍師
・ファランギース_美貌の女神官 正確無比な弓の使い手 みんながうっとりらしい
・ギーヴ_放浪の楽士にして盗賊、詩人でもある ポプランとアッテンボローのブレンド版
・銀仮面の男_ネタばらしになるのでここでは・・・いろいろとややこしい血統の持ち主
・アンドラゴラス_アルスラーンの父にして、パルスの王 アルスラーンになぜか酷薄
・謎の魔道士_蛇王ザッハーク復活を企て、裏で暗躍 まるで地球教

人物評がどこまでも銀河英雄伝説基盤だが、銀英伝ファンならまちがいなく読んだほうがよい作品
そうでなくとも読むがよし 読め 読むんだ オラもいまから読むんだ |∇')ノんじゃ♪

※そういや、この物語、指輪物語にも似ているけど、ファイナルファンタジー・タクティクスにも似ているね
てか、タクティクスのほうは完全にこの作品からの影響がデカいんじゃないかな
なんか急にまたFFタクティクスやりたくなってきたやw (もちろんその場合はアルスラーンの名でww)
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-03-03 23:58 | 読書感想文独書