逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

強制撤去、あまり知らされていない側の情報

先日、うつぼと大阪城公園で行なわれたブルーテントの強制撤去
今回、両公園のたった28張りのテント排除に動員された市職員、警備員、機動隊、警察官の人員は、
なんと1000名を超したそうだ
テントに住むひと約30名に対して、ひとりあたり30~40人前後の動員があったという計算になる
(もちろん、このうちの半数以上は周辺警備に充てられたわけだが、残りの人員も全テントを一斉に強襲するわけではないので、やはり30~40対1の構図である なかなかに格好のよい話ではないか)
そんな中(数10名対1を強いられた)、ひとりのホームレスが抵抗の際、職員のひとりにケガをさせて逮捕されたというニュースが、大々的に取り扱われ、話題となった
ボクらが知っていた情報は、だいたいこんなところか
だが、これは民主主義の観点から言うと、きわめて不公正な片側報道であった、とあとで知らされる
抵抗者側の被害のほうが、さらに深刻だった、のである
骨折やケガを負わされた者、執行手続きもなしにテントを撤去された者たちが存在したのだ
(市職員をケガさせたという「チェーン」が、本来は抗議者たちを隔離するためのフェンスに巻きつけるために自分たちが用意したチェーンだったということもあまり知られていない注目すべきポンイトだ)

従来、こういった情報は、ほぼまったくといってもいいほど、ボクらの耳には入ってこないものだった
だがしかし、インターネットの普及により、マイノリティ側の意見も、聞く側の姿勢によっては、覆い隠せない時代がようやくやって来つつある
なので、ボクとしては、こういった情報を個人で調べて知るだけでなく、さらに多くのひとにも知ってもらうべく、
小ブログながらも、このブログで記事にするものである
願わくば、多くのひとたちが、バランスのとれた情報を目にできる時代を信じて・・・
[PR]
by AMNESIac7 | 2006-02-03 22:37 | ニュース