逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

新刊マンガ寸評

b0006096_19494763.jpgPLUTO プルートウ(1)
浦沢直樹の話題の最新作、PLUTOが発売された。
手塚治虫鉄腕アトム「地上最大のロボット」を下敷きにした話のようだが、さてさてどうなって行くのか・・・(プルートといえば、オレは安部公房の「プルートのわな」しか思い浮かばないわけだが・・・)。
近年、手塚マンガを下敷きにしたものなら、メトロポリスなんかもあるが、あれも原作とは大きく違うものだった。
もちろんPLUTOも大きく違うものになっていくことだろう(当たり前だ。アトムのたった1話を忠実に再現するだけなら、連載にはならないさ。)
それにしても浦沢よ、最近、この空気スキだねぇ・・・ちゃんと描き上げろよ、マジで(MONSTERのオチには、正直がっかりした^^;)。

b0006096_2045715.jpgギャラリーフェイク(31)
最近、読み終わるたびにガッカリするギャラリーフェイクの最新刊。
今回もやはり「・・・」と満足感が薄い仕上がりとなっています。
始まった当初は、ほんとうに面白いマンガだったんだけどねぇ・・・。
こういうマンガは、お笑いと一緒で、アウトプットするためには、インプットが必要なのです
( ´¬`)正直、ネタ切れ感が漂い、惰性で描いているのがありありです
唯一マシだった話は、「端皿」。
これは「愛しのバットマン」の遺産ですね。あっちの続編として、読みきりで描けばよかったにw
[PR]
by amnesiac7 | 2004-10-01 20:12 | まんが王