逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

振替乗車&笑い飯・西田

また人身事故、だ
みんながメシを食うゴールデンタイムのころ、電車を待っていたらアナウンスが流れる
今回は復旧に時間を要するらしく、足を振り替える、と
暗澹たる気持ちで電車を替える

ナンバ、ビッグキャメラで安物のヘッドフォンを購入
今夜はひさしぶりにレディオヘッドでも聴いて寝よう

ジュンク堂、3Fのマンガ新刊売り場へ
レジに完全に見覚えのある姿あり
昨冬、ホームページで見たことがある服装そのままで、後ろ髪の長い笑い飯の西田「さん」を発見!
思わずテンションが上がる
けっこうな数のマンガを買い、レジのひとに領収書をお願いする西田「さん」
(チラ見したとき、『クローズ』というマンガが見えた ヤンキー漫画と記憶していたが、
こんなのも読むんだね、西田「さん」はw)
しばらく観察していたら、急にあることがアタマにもたげた_「握手」である
いままで数多くの有名人を目撃してきたボクだが、自分から近寄って行って、握手やサインを
ねだった経験は一度もない
けど、笑い飯の西田「さん」となると話は別かもしれない なにせ大好物の芸人さんなのだから
ネットでラヂオもネットTVも必ずチェックしているし、ひょっとしたら興味の強い有名人とは、
はじめての遭遇なのではないか、と これは思い切るっきゃない、と腹をくくる
レジのひとが領収書の発行に手間取っているあいだ、周囲を1・2度確認する西田「さん」
握手をおねがいするのと、ラヂオを聴いていることを伝えようと待ち構えるボク
緊張の度合いが1秒ごとに増すなか、ついに勘定がおわる
あ、マズイ! 西田「さん」が一直線に下りのエレベーターへと向かう
当たり前だが、慌てて呼び止めるボク(この瞬間、緊張はピークにw)

「すみませんが、握手してもらってもいいですか」
「ぁ、いいですよ・・・(握手)」
「・・すみません(恐縮し、すべてが飛んでしまったボクw)」
「いえいえ・・(スッとエレベーターに)」

(。・w・。 ) ププッ・・・「ラヂオ聴いてる」とかは、どうしたよオレw
一瞬のことで完全にテンパって、ひょっとしたら頬が引きつってたりしてたんじゃないか?w
しかも、もちろんオレのほうが大きな背丈なわけだし、大の男が緊張しながら握手している風景は
はた目にどう映っただろうかw
まぁ、でも何にしても握手をおねがいしてみてよかった 良い経験だったと思う
(ほかの芸人さんになら、ここまでは緊張しなかっただろうし、握手を求めもしなかっただろうしね)
あとはケンコバと握手できれば、お笑い芸人はほぼ満腹だろう
思い切って握手をねだってみて本当によかった^^v
(ちなみに西田「さん」の手はあたたかいがガサガサだったよw)

※「さん」は、本来ならというか、いままでなら呼び捨て書きのところだったが、
実物と遭って握手してみて、呼び捨てにするのはマズイな、とモゾモゾしながらの敬称なので「」付w
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-11-12 21:07 | 日記