逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

そしてテレビのほうは・・・

そしてテレビのほうは、窪塚洋介と監督の深作健太が出演
2時間の番組で出演したのは、たったの10分少々(しかも番組終わりで)
たくさんフィーチャーされることを期待していたのだが、その他の番組出演陣を見て、
逆に10分でよかったとも思った
というのもこの番組、アタマ痛男・勝谷誠彦を筆頭に、芸能ゴシップ・リポーターの中でも
最もクソの部類に入る男、そして意味のわからん大学教授などが出ていて、
不愉快極まりない連中の巣窟だったからだ
勝谷の阿呆は、深作のジュニアの作品というだけで、「この映画を見ていると、お父さんの影響がどうたらこうたら・・・」と言い出し、「まぁ、いま見た分だけの感想ですが」とほんの2、30秒のプロモを見ただけで暴言をぶちかました(彼が映画についてしゃべったのはこれのみ ほんと口を開けたらロクなことを言わないとは、まさにコイツのことだな)
でもしかし、司会を務める地元TV局のアナウンサー2人は、しっかりと事前に映画を見たらしく、
それなりに的の外れていない質問をし、窪塚と深作もしっかりとしたことばで、ちゃんとした応答っぷり
映画の映像ははじめて見たけど、とりあえずボクはビデオのレンタルまで待とうと思います
こういう内容の映画は、映画館じゃなくて、家でしっぽりとひとりで見るのがベターだと思うので

それにしても深作健太とやら、最初パッと見た瞬間、奥田民生と小林カツヨの息子を足して2で・・・
みたいなカンジで思わずふいたぞw 
ぼっちゃん、ぼっちゃんしていて、まだまだおぼこい印象だけど、撮影の実力やいかに!?
とにかくレンタル待ってま~す♪
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-10-18 20:00 | 窪塚洋介