逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ウイイレ9 華麗なるポルトガル代表

       パウレタ
 ボア・モルチ    C・ロナウド
シモン・サブロサ     フィーゴ
           デコ
      マニシェ
   調子次第   アンドラーデ
       カルバーリョ
        リカルド

ポルトガルのタレント力をフルに生かすため、システムは3-4-3に変更
(1CF、2WG、2SH、2CH、3CB)
ウインガーとサイドハーフの連中は、みな左右どちらもこなせ、ポジションも流動的にやれる
クアレスマを筆頭にサブも充実
問題はSBしかできない連中の処遇であるが、能力的にはWBもできるはずなので、勝手に足すw
このシステムの特徴は、WGが常にどフリーで反撃できるところ
バックラインでボール奪取したら、すぐにサイドにはたいて、一気に前線へスルーパス
ロナウドやボア・モルチが一気に相手サイド深くまで侵入できるので、あとは中央のパウレタと
中盤の上がり次第でゴール奪取 すばやいカウンターの出来上がりである
そして、このシステムのふたつ目の特徴として、攻撃以降の相手ボールのパスカット率の高さ
相手陣内深くまで侵入する攻撃は、相手のロングフィードによるクリアが常套であるが、
これをマニシェとバックラインの3人が拾う、拾うw
システムのバランスが良いのか、相手の試合シュート数を1・2本に押さえることも少なくない
と、まあ言ってみたところで、まだ3バックの天敵・3トップとはあまり試していないので、
今夜あたり悪魔のオランダ代表を相手に微調整を加える予定です
しかし、このシステム採用、オススメです! 気持ちのいいくらい分厚い攻撃ができます
(あ、ルイ・コスタの代表復帰もひとつのオプションに良いかも)
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-10-17 08:39 | ウイイレ