逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

近所の兄ちゃん、チャンプに帰り咲く

先ごろ行われたWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は、
判定3-0で前王者の徳山がチャンピオンに帰り咲きました

徳山というと、地元の銭湯などでちょいちょい見かける選手なのですが、
いつもはけっこうさびしそうにしている意外とかわいそうなひとだったりする
というのも、なぜかうちの地元はマッチョなひとが多く、徳山を道や銭湯などで見かけても、
ちょっとギロリと見るだけで「やぁ、チャンピオン」なんて気さくに声をかけるひとが極めてすくないからだ
「パワーならオレのほうが上だろ」なんて目で、風呂屋でも睨んでいるひとが多く、なんともはやw
で、そのためかどうかは知らないけど、実際にしゃべりかける少数派(w)には、とても気さくにうれしそうに愛想を振りまいてくれたりするというのだから、なんだか切なさすら感じて・・・(゚ーÅ) ホロリ
(ボクの知り合いの中年の兄ちゃんは「よぉ、チャンピオン」と車から声をかけただけで、すこし近寄って笑顔でおじぎしてくれた、というのだからかなりのものだw)
というわけで、きょうはすこし徳山よりの気持ちで試合を観戦w

1ラウンド目から、ともに「らしい」展開
「らしさ」が出たという点では、ブランクのあった徳山としては上々だったのではないだろうか
とにかく手数でポイントを集める徳山と、一発の破壊力で勝負に出る川嶋
どう考えてもブランクのある徳山が最後に掴まる展開になるだろうな、と思っていたら
畑山は「スタミナ的にはブランクも問題ない」といっていた
ほんとかよ、と思ったけど、実際的に最後らへんは技術で粘りを見せ、見事勝利
やっぱ実際にやっていた人間は見る眼がちがうなぁ、と感心
最終ラウンド直前、両者の手数が表で出てたけど、徳山が170発ばかり川嶋を圧倒していた
(徳山は全体で420くらいだったから、1.8倍くらい手を出してた計算になるのかな?)
パンチの質では完全に川嶋だったけど、頭を下げて上げたときのパンチに歴然とした差を感じた
ただブンブン相手を見ずに力まかせに振る川嶋と、力は入れずに顔面ミートのみを心がけた徳山
これもポイントで意外と大きな差になった要因のひとつでは
(これを当てれないのが川嶋のまだ足りないスキルのひとつではないだろうか)
おもしろくはないけれど、完全にテクニックで勝った徳山、あとは大きいのを1発当てるしか勝機のなかった(それはそれでそれだけのものがあるということだけどね)川嶋
どちらがチャンピオンの持たなければいけない要素のひとつの「安定感」を持っていたかも、この結果に繋がったような気がする
ともかくチャンピオン帰り咲きおめっとさんです 
風呂屋で遭っても声はかけないので、ここで言っておくw

それにしても9ラウンド目あたりから、顕著に滑りだしたリング
ボクシングは、インターヴァルにちゃんとリングを拭いたりはしないのだろうか?
最後のラウンド、ダウンはともかくそのあとひどすぎたよ
試合止めてでもちゃんと拭くべきだった気がしますよ
(あのダウン以降、完全に徳山はパニくってたね あそこで追い切れる体力が川嶋に残ってなかったのもざんねんというか、徳山がツイていたのかな)

(。・0・。)あと徳山選手の嫁さんへ
キラキラストールは意外と安い小物なので、タイトルマッチのようなかしこまったイヴェントでしていると、豪華なカンジのものだけど、逆にとても安っぽく見えますよ
そのへんのTPOは王者の嫁ならちゃんとしてほしいな、とひとこと言っておく
[PR]
by AMNESIac7 | 2005-07-18 22:39 | その他のスポーツ