逸脱せよ!


by amnesiac7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

氷室冴子、なんちゃって全著作一覧

「なんちゃって」です。だだ漏れの可能性のあるので、なんか知ってるひとはコメントくださいw
< 小説 >
白い少女たち(78) デヴュー作。表紙がエロイ?w
さよならアルルカン(79) 表題作で小説ジュニアの新人賞佳作を受賞。ここまでは全体的に重め。
クララ白書・クララ白書ぱーとⅡ(80) 学園コメディ。クララは中等部編 
アグネス白書・アグネス白書ぱーとⅡ(81・82) アグネスは高等部編。おもろいw
恋する女たち(81) ことあるごとに自分の葬式をあげる友だち・・・ワロタw
雑居時代 上・下(82) 共同生活もの。走りはここからだったのか。
シンデレラ迷宮(83) 今でいう引きこもりの利根ちゃんの成長記。人気シリーズ。
シンデレラミステリー(84) 続編。実はシンデレラ・シリーズは3部作の予定も「おやすみのシンデレラ」は、世にいう宮崎勤事件のショックのため未発。実は第3部は「幼女殺人」がテーマだった。
少女小説家は死なない(83) 序盤のしんどさも後半には笑いに。
ざ・ちぇんじ 前・後(83) とりかえばや物語の新釈。マンガのみ読んだ。小説はのちほど。
なんて素敵にジャパネスク シリーズ(84~) 超人気シリーズ。マンガ版すべてと続きは小説版で読みました。瑠璃姫のはっちゃけ活躍記(現在、マンガ版・人妻編がコバルトで連載中だとか) 
蕨ヶ丘物語(84) これで一気に氷室ワールドにハマったw 2章のライト・ミステリー編は必読。
なぎさボーイ(84) 以下3部作。
多恵子ガール(85) こどものころに読んでいれば・・・。
北里マドンナ(88) ボクはこれから読みました。なかなかよい。
ヤマトタケル(86) 購入も未読。
冬のディーン 夏のナタリー①~③(88・89・92) 優等生のワタルちゃん。文章力がある。
碧の迷宮 上(89) 読書中。実はシンデレラ・シリーズの第3部を、設定などを変え、起こしたもの。後編は出ていない模様^^;
マイ・ディア―親愛なる物語(90) 未読。
ターン-3番目に好き(91) おそらく氷室小説ではワースト・・・ただイライラする話。
いもうと物語(91) 著者の原風景が見える作品。良い世界。
銀の海 金の大地①~⑪(92~95) 第一期氷室冴子の転換期にあたる大河ドラマ。あえて第一期と書くのは、氷室冴子の復活を切に祈るため(`・人・´)
落窪物語(93) 未読。
海がきこえる(93) 氷室冴子、入門書。ジブリでアニメ化されてます。
海がきこえるⅡ アイがあるから(95) 実は続編があったw ドラマ版はカスだったが^^;

< エッセイ >
冴子の東京物語(87) 初エッセイ。著者の作家生活などが垣間見える。
プレイバックへようこそ(89) 著者の青春時代の回想を、当時の読者諸氏といっしょに・・・。
委員物語-プレイバックへようこそ2-(90) 続編。
いっぱしの女(92) 唯一のちくま書房刊。
冴子の母娘草(93) 氷室エッセイは、小説ほどの高さは望めないけど、これはオススメ。
ホンの幸せ(95) 読書日記にちかい。著者の感性を知るのによいかも。

< 戯曲(?) >
レディ・アンを探して(89) 未読。

< 特別本 >
冴子スペシャル ガールフレンズ(90) マスト・アイテム
僕が好きなひとへ―海がきこえるより(93) 未購入。

< マンガ原作 >
なんて素敵にジャパネスク、螺旋階段をのぼって、ライジング!、クララ白書などほか多数があるとか。

太字は必須アイテムですw ( )内は出版年
[PR]
by amnesiac7 | 2004-09-20 21:14 | 氷室冴子